みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

汗の臭いが気になる!いや~な汗の臭いを抑えるコツ

f:id:m-danjyo:20170525131357j:plain

汗をかくことが多い季節になると、気になりますよね~。汗のニオイ!

なんかもう、拭いても拭いてもクサイような気がして、気になって仕方ない。

 

「早くこんな悩みから解放されたい!」と思っているあなたは、この記事にたどり着いて良かったです(笑)

これから、いや~な汗の臭いを抑えるコツをご紹介します。

 

汗の臭いってホントは臭くない?

汗は臭いものだと思っていませんか? 本当は汗って、臭くないんです。

「じゃぁ、この臭いは何なの?」と思いますよね。では、汗が臭くなる理由をご紹介します。

 

ふつうの汗は臭くない

汗が出る汗腺は、2種類あるんです。特定の場所にある「アポクリン腺」と、全身にくまなく存在する「エクリン腺」です。

この2つの汗腺のうち、「エクリン腺」から出る汗は、もともと臭くないんですよ。なぜなら、99%が水分だから。そして汗のほとんどは、エクリン腺から出る汗。

「じゃぁ、なんで汗臭くなるの?」と疑問に思いますよね。

 

本来はエクリン腺から出る汗は臭くないんですが、ある状況になると臭くなります。

それは「ストレス」と「雑菌」が原因です。

 

ストレスを感じるとアンモニアが増える

f:id:m-danjyo:20170525131445j:plain

汗の成分には、水分のほかに「アンモニア」「尿素」「塩分」が含まれています。たった1%だけなら臭くないんですが、ストレスを感じると「アンモニア」の量が増えると言われているんです。

これが鼻にツンとくる汗臭さの原因だったんですね。

 

ストレスを感じると自律神経が乱れます。すると汗による解毒作用がうまく機能しなくなり、血液中にアンモニアをためこんでしまうんです。

汗は血液中から排出されますので、血液中に含まれるアンモニアが、汗と一緒に出てきて汗臭くなるんですね。

 

皮膚にある雑菌と混ざり合うから

皮膚には常在菌と呼ばれる雑菌が、つねに存在しています。この雑菌と汗が混ざり合うことで、汗が臭くなるんです。

でも、汗をかいてから1時間以内なら、汗臭くならないと言われているんだそう。

 

汗が長時間、皮膚の上で放置されることで、雑菌が繁殖して臭くなるんです。つまり、1時間以内に汗を拭けば、汗臭くならないということなんですね。

 

ミネラルが排出されるとベトベト汗になる

エクリン腺から出るふつうの汗は、本来サラサラとしています。これは血液中にミネラルが吸収されて、水分と少量のミネラルによって汗が作られるからです。つまりミネラルが正常に吸収されていると、ほとんどは汗と一緒に排出されません。

 

でも自律神経や新陳代謝が乱れるなど、何らかの理由によってミネラルの吸収がうまくいかないと、汗と一緒に大量のミネラルが排出されてしまいます。

 

このミネラルが出てきてしまうと、汗がベトベトになってしまうんです。ミネラルを多く含んだ汗は、雑菌の大好物。そのため雑菌の繁殖が活発になり、汗が臭くなってしまうんですね。

 

アポクリン腺から出る汗は臭い

f:id:m-danjyo:20170525131634j:plain

先ほどちょっとだけ説明した「アポクリン腺」は、体の限られた場所にしかない汗腺です。わきの下、陰部、胸、耳などです。このアポクリン腺から出る汗は、もともと臭いのが特徴です。

でも運動した時や、暑い時などに出る汗は、ほとんどがエクリン腺から出る汗。では、どんな時にアポクリン腺から汗が出るのでしょう?

 

それは「フェロモンを放出」するときです。

つまり、性的に興奮したときにアポクリン腺から汗が出てくるんです。そしてこの汗の作用は、「匂いを放出する」ということ。だから初めから臭いがつよいという特徴があるんです。

 

汗臭くならないための対処法

そうは言っても、汗はかくものですよね。では、汗臭くならないための対処法は、どうすれば良いのでしょうか?

 

汗をすぐに拭く

汗臭くならないための対処法は、汗をすぐに拭くことです。汗が放置されると、雑菌と混ざり合って繁殖するので、小まめに汗を拭くことが一番の対処法でしょう。でも、この時に気をつけることが2つあります。

 

①濡れタオルやウェットシートで拭く

乾いたタオルやティッシュで拭くと、汗を取り過ぎてしまうんだとか。そのため、肌が乾燥してしまうんだそうです。肌が乾燥すると、余計に汗を排出しようとしてしまうんです。濡れタオルやウェットシートなどで汗を拭くと良いでしょう。

 

②ゴシゴシ拭かない

皮膚の表面にある雑菌を取り除こうとして、あまりゴシゴシ拭くのは良くありません。皮膚の表面にある「常在菌」には、必要な菌もあるからです。またゴシゴシ拭くと肌の乾燥をまねき、汗や皮脂が増える原因になります。

 

デオドラント剤を使用する

汗臭くならないための対処法は、デオドラント剤を使用することです。菌が繫殖しすぎるの阻止するためには、殺菌効果の高いデオドラント剤を使用すると良いでしょう。

 

選ぶポイントは、「汗を抑える」のではなく、「汗を臭くならないようにする」デオドラント剤を使用すること。物理的に汗を抑えるのは無理ですから、雑菌の繁殖を抑えることが正解です。

 

体臭を抑えるコツ

では普段の生活で、体臭を抑えるコツをご紹介しましょう。

 

日頃から汗をたくさんかく

体臭を抑えるコツは、日頃から汗腺の機能をきたえておくことが大切です。そのためには、汗をたくさんかくことなんですね。

「汗をたくさんかいたら、汗臭くなるんじゃない?」と思いますよね。

 

でも大丈夫!

新陳代謝も良くなって、体の中の老廃物なども排出されやすくなります。そして汗腺をきたえることで、ミネラルが正常に吸収されるようになります。すると汗と一緒に排出されにくくなり、ベトベト汗が出てこなくなるんです。

全身からベトベトした汗が出てくる人は、汗腺がおとろえている可能性が高いですよ。

 

汗腺をきたえて汗をたくさんかくなら、2つの方法がおすすめです。

 

  • お風呂に浸かる(半身浴やぬるめのお風呂)
  • 運動をする(激しい運動ではなく、じんわり汗をかく運動)

f:id:m-danjyo:20170525131814j:plain

この2つの方法は、ストレス解消にも効果がありますので、自律神経を整えるためにも良いですよ。自律神経を整えれば、アンモニアが汗に含まれなくなるので、臭い汗が出てこなくなります。

 

水分補給を小まめにする

体臭を抑えるコツは、水分補給を小まめにすることです。そもそも汗は水分ですから、体内に水分がないことには汗をかきませんよね。目安としては、「喉が渇く前に飲む」のが基本です。

水分不足だと血液がドロドロになり、病気を引き起こすことも考えられます。健康のためにも、体臭予防のためにも、小まめに水分補給をしましょうね。

 

エアコンで冷やし過ぎない

とくに夏の暑い時期は、エアコンの利いた涼しい環境でずっと過ごしていませんか?じつはこれも汗腺の機能を狂わせる原因になります。とは言っても、熱中症になっては元も子もありませんので、「冷やし過ぎない」ことがポイントです。

 

とくに職場が冷えすぎている人は、体が冷えすぎないように注意しましょう。靴下を履いたり、腹巻をしたり、薄手のマフラーやスカーフを首に巻くのもおすすめです。

 

汗の臭いは食べ物でも予防できる

f:id:m-danjyo:20170525131913j:plain

汗の臭いを抑える方法をご紹介しました。

もう1つ、汗の臭いを抑える方法があります。それは「食べ物」です。

栄養バランスの良い食生活をするのは、もちろん基本です。

 

その中でもとくに摂りたい栄養がこちら。

  • 抗酸化作用で体臭を抑えるビタミンA・E(緑黄色野菜・アーモンド・海藻類など)
  • 血液をサラサラにする硫化アリル・DHA・クエン酸など(生玉ねぎ・青魚・黒酢など)

つまり、健康な体を保てれば、汗が臭くなるのも防げるということなんですね。

 

日頃からたくさん汗をかいたり、食べ物に気をつけることで、汗の臭いを抑えていきましょう。あっ、ストレスもためないようにして、自律神経を整えることも大切ですよ。