みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

きれいにムダ毛を剃ってツルツル素肌へ!肌を傷つけないで剃る方法

f:id:m-danjyo:20170525123100j:plain

女性のムダ毛処理って、本当に大変ですよね。

小まめにお手入れしなきゃいけないのに、あまり頻繁にやり過ぎると濃くなったような気がする。

 

そんな多くの女性の悩みを解消するために、きれいにムダ毛を剃る方法をご紹介します。

正しく剃れば、深剃りもOKなんです。

 

肌を傷つけない剃り方で、ツルツル素肌を手に入れましょう。

 

ムダ毛を剃ると濃くなるのはなぜ?

ムダ毛を剃ると濃くなるって言いますよね? それって、なぜなんでしょう。

聞いたことがある人もいると思いますが、ムダ毛の切断面の面積が大きくなるからなんですね。

剃っていない時は、こんなふうに毛先が「円錐」です。

f:id:m-danjyo:20170525123149j:plain

でも、剃ったら毛先が、こんなふうに「円柱」になるんですね。

f:id:m-danjyo:20170525123300j:plain

切断面の形状がちがうため、見た目的に濃く太くなったように見えるんです。

そしてもう1つの理由が、「肌を傷つけているから」です。

 

間違った剃り方をしていると、肌が傷ついて炎症を起こします。肌が傷つくと、肌を守るために太い毛が生えてくるんですね。もともとムダ毛というのは、肌を守るために生えていますから使命をまっとうしているということです。

 

では、どんな剃り方がダメなんでしょうか?

 

逆剃り

逆剃りとは、毛並みに逆らって剃ることですね。この剃り方だと深剃りできるんですが、そのぶん肌への負担も大きくなるんです。それじゃダメですよね。正しい剃り方なら、肌への負担を最小限にできます。

 

カミソリを強く押しあてる

これは力を入れ過ぎているということです。力任せに剃ったら、出血するほどのケガにもなりかねません。

 

から剃り

から剃りとは、肌に何もつけないでカミソリをあてることです。滑りがわるい上に、肌への負担が大きいのは想像がつきますよね。

 

ではどんな剃り方なら、ムダ毛をきれいに剃れるのでしょうか?

 

肌を傷つけないで、正しくムダ毛を剃る方法

肌を傷つけないで、しかもきれいにムダ毛を剃りたいですよね。正しくムダ毛を剃る方法をご紹介します。

 

①肌と毛を数分間あたためる

ムダ毛を正しく剃る方法は、まず肌と毛をあたためることです。あたためる方法はコチラ。

 

 お風呂であたためる

 蒸しタオルをあてておく

 

皮膚をある程度やわらかくすると同時に、ムダ毛もやわらかくすることで、処理がしやすくなるんですね。

ただし、あまりあたため過ぎると、皮膚を傷つける原因になります。ちょうど良いのは、数分間くらいがベストです。

 

②シェービングクリームをつけて優しく剃る

f:id:m-danjyo:20170525124007j:plain

きれいにムダ毛を剃る方法は、かならずシェービングフォームやクリーム、ワセリンなどを塗ってから剃ることです。から剃りは厳禁ですよ。

 

また、ボディーソープや石鹸などで剃るのもダメなんです。けっこう、やっている人は多いのではないでしょうか。

じつは肌への負担が大きく、肌がボロボロになってしまうんだとか。だからシェービング用のクリームなどを使いましょうね。

 

そして毛の流れに沿って、やさしく撫でるように剃ります。

 

ここで、重要ポイントがあります!

反対の手で、皮膚を引っ張ることです。足首に向かって剃っているなら、指を足首あたりに置いて、足首に向かって引っ張ります。そうすることで、ムダ毛の奥のほうまで見えやすくなり、深剃りができるんですね。

 

より深く剃るなら、逆剃りもしてみましょう。

先ほどと同じ要領で皮膚を引っ張ります。膝の方向に向かって皮膚を指で引っ張りながら、やさしく剃るようにしましょう。

 

③温かいタオルやお湯でクリームを取る

剃り終わったら、温かいタオルでやさしくクリームなどを拭き取りましょう。

ぬるま湯で洗い流してもOKです。ただしゴシゴシこすらないように気をつけてくださいね。剃り終わった後の肌は、とってもデリケートな状態です。

 

④冷たいタオルでクールダウン

剃り終わってクリームを落としたら、冷たいタオルでクールダウンしましょう。

ムダ毛を剃った後は、肌が傷ついて熱を持っています。炎症をおさえるためにも、冷たいタオルで冷やすことが大切です。

また、毛穴を引き締める効果もあるので、毛穴が目立たなくなります。

 

⑤処理後は、しっかりと保湿ケアする

ムダ毛を剃った後は、皮膚が傷ついています。気をつけて剃っても、多少は傷つけてしまうんですね。そのためムダ毛を剃った後は、しっかりと保湿ケアすることが大切なんです。

 

でも、化粧水などに「アルコール」が含まれているものがありますよね。それは避けたほうが良いそうです。もしローションなどをつけてヒリヒリするようなら、無理してつけないようにしましょう。肌を傷めて炎症を悪化させてしまいます。

 

きれいにムダ毛を剃るための注意点

きれいにムダ毛を剃るなら、注意すべきことがあります。

これだけは、絶対にやらないようにしてくださいね。

 

日焼け後に剃る・生理前後は避ける

ムダ毛を剃るのは、時期をえらぶ必要があります。日焼け後や生理前後は、肌が刺激に敏感になっています。ムダ毛を剃るのは、なるべく避けるようにしましょう。

 

カミソリは刃の数が多いほうが負担が少ない

カミソリには、1枚刃をはじめとして、3枚刃や5枚刃がありますよね。刃の数が多いほうが、力が分散されて肌への負担が少ないと言われています。そのため3枚刃か5枚刃がおすすめ。

 

カミソリをお風呂場に置かない

f:id:m-danjyo:20170525123757j:plain

お風呂場でムダ毛を剃る人が多いので、カミソリをお風呂場に置いている人も多いのではないでしょうか。じつは、これも厳禁です。

 

お風呂場は湿気が多く、そのため雑菌も多いんです。まず湿気によってカミソリの刃が傷みます。そして剃り落した毛や皮膚が付着していると、雑菌が繁殖してしまいます。

 

そのカミソリをまた使うと、わずかな傷口から雑菌が侵入すると考えられるんです。使い終わったカミソリは、すぐにきれいに洗って、乾燥させて保管しましょう。

 

1ヶ月でカミソリの刃を新しくする

ムダ毛を剃ると肌を傷つける原因は、カミソリが古くなっていると考えられます。古いカミソリの刃は切れ味がわるく、肌を傷つけてしまうんですね。1ヶ月くらいで新しい刃に換えるようにしましょう。

 

肌を傷つけずにツルツル素肌へ!

f:id:m-danjyo:20170525123840j:plain

きれいにムダ毛を剃る方法をご紹介しました。

 

手順がたくさんあって面倒だと思うかもしれませんが、意外とちょっとしたことなので、それほど面倒ではありませんよ。

それにきれいなツルツル素肌になれるなら、ちょっとくらいの手間は何てことはありません。

 

また、剃るとどうしても毛穴が目立ってイヤという人は、対処法があります。

剃り終わった後にしっかりと保湿して、パウダー以外のファンデーションを少しだけ塗ることです。すると、見違えるようにきれいな素肌になりますよ。

 

これでもう、夏服はバッチリですね。