みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

本当は乾燥してるかも?肌のテカリ防止できれいなメイクをキープ

f:id:m-danjyo:20170524234101j:plain

顔のテカリを何とかしたい!

そんな悩みを持っている女性は多いはず。

ワタシもその一人です。

 

肌が油っぽいのに、なんか乾燥している気もする。

それは「インナードライ」と呼ばれるお肌の状態。外側は皮脂が多いのに、肌の内側は乾燥しているんです。

「乾燥肌」と「脂性肌」の両方の性質をもつ、いわゆる「混合肌」の状態です。

顔がテカってしまう人は、ほとんどがこの肌状態の人なんです。

 

ではあなたは、肌のテカリをおさえるために、どんな対策をしていますか?

もしかしたら、それってNGな習慣かも。

肌のテカリをおさえるNG習慣からご紹介します。

 

肌のテカリをおさえるNG習慣とは?

肌のテカリを防止するためにやっているのに、じつはNGな習慣があるんです。

あなたは、やっていませんか?

 

あぶらとり紙で皮脂をとっている

使っていませんか?「あぶらとり紙」

むかしは「これ、超いい!」と思って使っていましたが、じつはこれが皮脂の分泌を増やす原因だったんです。

あぶらとり紙の悪いところは、「皮脂を取りすぎてしまうこと」

皮脂を取りすぎるということは、肌が乾燥するということなんです。

 

肌は乾燥すると水分を補おうとする。でも使える水分がないと、うるおいを補うために「皮脂」を分泌してしまうんです。それも過剰に。

これがまさに「外側は油っぽいのに、内側は乾燥している状態」。つまり「インナードライ」の状態なんです。

もし、あぶらとり紙を使っている人は、今すぐやめましょうね。

 

皮脂が多いから保湿ケアをひかえめにしている

肌がテカテカになる人は、肌がうるおっていると勘違いしてしまうことも多いんです。

「皮脂が多いから、保湿はそんなにしなくても大丈夫!」と思ってしまうんですね。じつはこれが大間違いだったんです。

f:id:m-danjyo:20170524234220j:plain

先ほども言ったように、皮脂が多いということは「肌が乾燥している」ということ。

つまり「保湿をしっかりする必要がある」ということなんですね。それなのに保湿ケアをおろそかにすると、皮脂の分泌を余計に増やしてしまうんです。

インナードライの人は、保湿ケアがとっても重要なんですよ。

 

皮脂を落とすためにゴシゴシ洗顔をしている

皮脂が多い人は、油っぽい肌をきれいにするために、ゴシゴシと洗顔してしまっている可能性があります。気持ちはとってもわかるのですが、これが肌の乾燥を招く原因になります。

洗顔をしっかりとするのは大切なんですが、ゴシゴシ洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまいます。皮脂は、ある程度必要なんですね。

もし皮脂が足りなくなると、さらに皮脂を分泌して「ベトベト肌の状態になる」という悪循環に。

 

では、肌を乾燥させないで、皮脂を落とす洗顔方法は、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

肌のテカリを防止する洗顔とスキンケア

肌のテカリを防止するには、洗顔とスキンケアが重要です。やり方を間違えると逆効果になりますので、注意が必要ですよ。

 

洗顔はやさしく皮脂汚れを落とす

肌のテカリを防止するには、やさしく洗顔をすることです。くれぐれもゴシゴシ洗うのはやめてくださいね。ゴシゴシ洗ってしまうと、皮脂を落としすぎるだけでなく、肌を傷つけてしまいます。それが、さまざまな肌トラブルの原因になるんです。ニキビもできやすくなってしまいますよ。

では、正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

f:id:m-danjyo:20170524234347j:plain

  1. 洗顔フォームはしっかりと泡立てて、肌を直接摩擦しないように気をつけましょう。(水ではなく炭酸水を使うと、泡立ちやすくなります)
  2. 手のひらではなく、指の腹で細かく洗うのがコツ。(全体的にざっくり洗ってしまうと、洗い残しができます)
  3. とくに皮脂の多い場所は、しっかり&やさしく洗いましょう。(Tゾーンや小鼻のまわりは、力を入れずにしっかりと)
  4. ぬるま湯で、しっかりと洗い流します。(この時もあまりこすらないように)

 

メイクをしていない日は洗顔フォームなしでもOK

休日など、メイクをしなかった日は、洗顔フォームを使わなくてもOKです。汗をたくさんかいたとか、皮脂がどうしても気になる場合は使ってもOKですよ。

メイク落としって、けっこう肌に刺激が強いんです。そして乾燥しやすくなる。

 

だからメイク落としを使ったあとは、肌に残らないように洗顔するほうが良いんです。でもメイク落としを使っていないなら、たまには洗顔フォームを使わない日があっても大丈夫。皮脂を適度に残しておくことも必要なんです。

 

ローションパックと美容液で保湿

洗顔が終わったら、保湿ケアをしっかりとしましょう。

皮脂が多いと、ベタベタするから「乳液を使いたくない」という人も多いのではないでしょうか?結論から言うと、どちらでもOKです。

ただし乳液を使うよりは、化粧水を肌にしっかりと浸透させることが大切です。ローションパックがおすすめです。

 

ローションパックのやり方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

肌がキレイな人の8つの習慣!1日たった5分で輝きのある美肌へ 

 

化粧水のほかに、美容液もおすすめです。美容液は、肌に栄養を与える基礎化粧品なので、肌を元気にしてくれます。ビタミンC配合の美容液なら、肌のテカリを防ぐ効果もありますよ。

 

肌のテカリを防止するメイク術

肌のテカリを防止するスキンケアができたので、つぎは化粧くずれを防ぐメイク方法についてご紹介します。

 

下地を塗る前にティッシュで油分をおさえる

先ほどご紹介したスキンケアの後は、ティッシュで油分や水分をおさえましょう。

5~10分くらいは、そのまま放置して、肌に浸透させるのがおすすめ。

しっかりと肌に浸透させることで、乾燥を防ぎ、ひいては皮脂によるテカリを防ぎます。油分が残っている状態でメイクをすると、肌がドロドロになっちゃいますよ。

 

下地は薄めに塗る

下地は皮脂を吸着させるはたらきがあるため、肌がテカリやすい人は下地を塗ったほうが良いでしょう。

でも、ごく薄めに塗ることが大切です。厚塗りしすぎると、肌がベトベトになってしまいます。そして5分ほどおいてから、ティッシュで押さえて余計な油分をとっておきましょう。

 

ファンデーションはリキッドよりパウダー

肌がテカる人は、リキッドファンデーションよりもパウダーがおすすめです。リキッドファンデーションを使ったらダメということではありませんが、肌がテカテカになるのをおさえるには、できればパウダーファンデーションがおすすめです。

リキッドファンデーションを薄めに塗った後に、フェイスパウダーなどで皮脂をおさえるのも良いですよ。

 

肌の内側からも、テカリを防止する方法がある

皮脂の分泌が多い人は、乾燥しているのが原因でしたね。しっかりと化粧水などで保湿をすることが大切です。

 

また肌の外側からだけでなく、肌の内側からも保湿する必要があるでしょう。

肌の内側から保湿する方法は、2つあります。

  1. 栄養バランスの良い食事をすること
  2. 睡眠をしっかりとること

この2つを守ることで、ホルモンバランスを整えて、皮脂の過剰な分泌をおさえてくれるんですね。ストレスをためこんでしまうことも、皮脂の分泌を増やす原因になります。

規則正しい生活をして、栄養と睡眠をしっかりとれば、お肌も体も健康になれますね。

 

肌本来の美しさを引き出す

f:id:m-danjyo:20170524234433j:plain

肌のテカリを防止する方法をご紹介しました。

 

乾燥を防ぐためには、油分よりも水分を補給することが大切です。だからローションパックがおすすめなんですね。肌の奥までしっかりと浸透されるローションを選びましょう。

そしてメイクのポイントは、下地を絶対に使うこと。

厚塗りはしないで、なるべく薄めのメイクをして、余計な油分を足さないことです。

 

さらに体の内側から保湿するためには、栄養バランスの良い食事と睡眠が大事。

肌の外からも中からもしっかりと保湿をすることで、肌本来の美しさを引き出すことができますよ。