みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

熱中症対策で冷たい飲み物ばかり飲む危険性!熱中症の原因と予防法

f:id:m-danjyo:20170524233342j:plain

暑くなってくるこの季節。

外でのレジャーの予定も増えてきますよね。

そこで心配になるのが「熱中症」です。

 

でもあなたの熱中症対策は、じつは間違っているかもしれませんよ。

また、「オフィスにいるから大丈夫!」と思っている人は、意外な理由から熱中症になる危険性があります。

 

そんな熱中症の原因と正しい対策について、ご紹介していきます。

 

熱中症とは?

熱中症には、軽度から重度まで段階があります。軽度や中度では意識があることも多く、うっかり見逃してしまうことも多いのです。そのため重度になってから救急車で搬送されるケースが多いんですね。

それぞれの段階での熱中症の症状を見ていきましょう。

 

軽度の場合には「熱失神」や「熱けいれん」のほか、汗が異常に出るという症状があります。

中度になると「頭痛」や「吐き気」などの症状があり、意識はありますが危険な状態と言えるでしょう。

重度になると体が異常に熱く、皮膚が赤く乾いているのが特徴です。意識がないことも多く、自分で水分補給ができません。この場合には、すみやかに救急車を呼ぶようにしましょう。

 

熱中症の原因とは?

では、熱中症になる原因とは何でしょうか?

それは皆さんご存知のとおり「水分不足による脱水症状」です。では、なぜ脱水症状になってしまうのでしょうか?

わたしたちの体は、つねに体温を一定に保とうとしています。そのため体温が上昇すると、体温調節のために汗をかきます。汗をかくことで体内の熱を逃がし、体温を下げているんですね。

 

長時間にわたって暑い環境にいると、大量の汗をかくため、それに見合った水分補給が必要となります。また暑い環境に長時間いると、自律神経が乱れることで、体温調節がうまくいかなくなることも原因の1つです。

 

では水分補給をしていたはずなのに、熱中症になってしまう場合は、何が原因なのでしょうか?

 

水分補給をしていたのに熱中症になる原因

熱中症対策のために、水分補給をしていたのに熱中症になってしまう人もいるんですね。それって何が原因なんでしょうか?

 

冷たい飲み物の飲みすぎ

f:id:m-danjyo:20170524233451j:plain

熱中症対策には、体を冷やすことが大切だと言われています。そのため冷たい飲み物を飲む人も多いと思います。とくに屋外にいる人は、温かい飲み物なんて飲んだら、余計に汗が出てしまいますよね。

だから冷たい飲み物を飲むのは正解なんです。ただし、「飲みすぎは厳禁」なんです。

冷たい飲み物のメリットとデメリット

冷たい飲み物とは5~15℃。冷蔵庫から出した飲み物やコンビニで買ったペットボトルなどですね。

冷たい飲み物のメリットは、「体に吸収されやすい」ということなんです。そのため熱中症対策には最適だと言われています。運動をしている時の水分補給にも適していますね。

ただし胃腸に負担がかかるため、飲みすぎるのは良くないんです。また高齢者や体調が悪い人にも、負担が大きすぎるため良くありません。

 

大量に水分補給しすぎ

f:id:m-danjyo:20170524233551j:plain

熱中症対策には水分補給が大事といっても、大量に飲めば良いというわけではありません。胃で一度に吸収できる水分量は、200~250mlだと言われています。コップ一杯程度ですね。それ以上に水分を摂りすぎると、胃腸に負担がかかってしまいます。

 

消化不良を起こしたり、水毒と呼ばれる症状を引き起こします。水毒になると正常な代謝ができなくなり、汗も尿も出なくなることがあります。すると暑くても汗を出せずに、熱中症になる危険があるということなんです。

 

温かい飲み物を飲んでいた

冷たい飲み物を飲むと胃腸に負担がかかると思っている人は、温かい飲み物で水分補給をしようとしますよね。

でも温かい飲み物は、胃腸に負担はかかりませんが、水分が体に吸収されるのが遅いんです。つまり水分補給には適していないということ。そのため充分な水分補給ができずに、熱中症になってしまう危険があるということです。

 

涼しいオフィスにいるのに熱中症になる原因とは?

涼しいオフィスにいる人は、熱中症とは無縁だと思っていませんか?

じつはオフィスにいる人も、熱中症になる危険が大いにあるんです。

 

冷え性の人は熱中症になりやすい

f:id:m-danjyo:20170524233644j:plain

エアコンの利いている涼しいオフィスにいると、とくに女性は冷え性になる人も多いですよね。上半身はちょうど良い温度なのに、足元だけ冷えている人も多いのではないでしょうか?

冷え性の人は、一見熱中症とは無縁に感じますが、じつは熱中症になりやすい体質だったんです。

冷え性の人は血の巡りがわるく、自律神経も乱れやすいと言えます。自律神経は体温調節のために大切なはたらきをしますので、正常に体温調節ができなくなってしまうんです。

すると暑い環境に行ったときに、汗が出にくいため体温調節がうまくいきません。そのため体をうまく体を冷やすことができずに、熱中症になってしまう危険があるんです。

 

内臓が冷えている

暑い屋外から帰ってきて、涼しい室内に入ってから冷たい飲み物を飲んでいませんか?

熱くなった体を冷やそうとしているのでしょうが、この行為は「内臓冷え」を引き起こします。内臓が冷えると、「だるさ」「頭痛」「めまい」「食欲低下」などの症状があらわれ、熱中症になりやすくなると言われています。しかもエアコンで外からも冷えていますよね。

つまり、体の中からも外からも冷やされることで、冷え性になっている可能性が高いのです。

 

では、熱中症を予防するための「正しい水分補給」は、どうすれば良いのでしょうか?

 

熱中症対策のための正しい水分補給

熱中症対策としての正しい水分補給の仕方をご紹介しましょう。

 

5~15℃の飲み物を200~250ml飲む

f:id:m-danjyo:20170524233744j:plain

熱中症対策なら、5~15℃の飲み物を1回につき200~250ml飲みましょう。

飲んだ時に冷たいと感じる程度で、冷蔵庫から出した飲み物くらいの冷たさです。

氷を入れてしまうと、冷たすぎますので注意しましょう。

 

高齢者や体調が悪い人は、体に負担がかかりすぎるため、20℃くらいのぬるま湯がベストです。またエアコンの部屋にいるなど、体が冷えている状態なら、ぬるま湯か温かい飲み物が良いでしょう。一回の量は、少なめでもOKですが、喉が渇く前に飲むことが大切です。

 

20~30分ごとに水分補給

水分補給は20~30分ごとにするのが良いでしょう。

とくに運動をしている時や、屋外でレジャーを楽しんでいる時などは、意識的に水分補給を心がけてくださいね。

エアコンの部屋にいるなら、一口ずつ小まめに飲む程度でOKです。ただし、喉が渇く前に飲みましょう。

 

お茶など利尿作用のある飲み物はNG!

水分補給の目的は、言うまでもなく体に水分を吸収させることですよね。でもお茶などの利尿作用のある飲み物は、体に吸収されずに尿として排出されてしまいます。

そのため水分補給には適していません。飲んでも良いのですが、体に吸収されやすい飲み物も飲むようにしましょう。

 

どんな飲み物が熱中症予防になるの?

では、どんな飲み物が熱中症の予防になるのでしょうか?

 

熱中症予防ならスポーツドリンク

一般的には「スポーツドリンク」が良いと言われていますよね。熱中症予防の目的で飲むのなら、スポーツドリンクは適しています。汗と一緒に失われるミネラルも補給できるので、だるさを改善してくれます。

ただしスポーツドリンクは、糖分も多いため摂りすぎには注意が必要です。

運動中ならそのままでも良いのですが、できれば薄めて飲んだほうが良いでしょう。そのほうが、ある程度は量を飲んでも安心です。

 

ダイエット中の水分補給には硬水と軟水の飲み分けを

ダイエット中は、食事量をひかえて水分をたくさん摂る人が多いですよね。その場合に飲む水ですが、痩せる効果があるということで「硬水」を飲んでいるのではないでしょうか? ただし、硬水だけ飲んでいては熱中症になる危険があります。

硬水のメリット

硬水がダイエットに良いと言われる理由は、便秘解消の効果があるからです。硬水はミネラルが豊富で、体に吸収されにくいという特徴があります。そのため、便に水分を含ませやすいということなんです。つまり、体に吸収されにくい水なので、水分補給には適していません。

軟水のメリット

硬水にはミネラルが多く含まれているのですが、軟水にはあまり含まれていません。そのため純水に近くなるほど、体に吸収しやすいと言われています。水分補給が目的ならば、軟水のほうが適しているんですね。

 

熱中症になってしまった時の対処法

体に吸収しやすい飲み物についてご紹介しました。

 ・スポーツドリンク

 ・軟水

の2つでしたね。

これらは熱中症の予防には、とっても適した飲み物です。でも熱中症になってしまったら、もっと迅速な水分補給が必要になります。

では、熱中症になってしまった時の水分補給なら、どんな飲み物が良いのでしょうか?

 

スポーツドリンクは体に吸収しやすく、ミネラルも含まれています。そんなスポーツドリンクよりも吸収しやすく、最強の熱中症対策になる飲み物が「経口補水液」なんです。

屋外で過ごすときは、持っていたほうが良いでしょう。ドラッグストアで500mlのペットボトルが売っていますし、パウダータイプもあるようです。いざという時のために、パウダータイプなら持ち運びにも便利ですね。

 

熱中症対策には栄養バランスの良い食事も大切

f:id:m-danjyo:20170524233843j:plain

熱中症対策について、くわしくご紹介しました。水分補給が何よりも大切なんですが、他にも熱中症対策があります。

それは「栄養バランスの良い食事」をすることです。

 

クエン酸やビタミンB1を積極的に摂ることで、疲労回復や血行促進効果が得られます。

「梅干し」や「酢の物」、「豚肉」や「うなぎ」などがオススメです。それらを中心に野菜もバランス良く食べて、ビタミンやミネラルも摂取しましょうね。

 

暑い夏を快適に乗り切るためにも、熱中症対策は大切ですよ。

夏をおもいっきり楽しみましょう!