みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

男性が好きな女性に送る脈ありサイン!もしかして両想いかも

f:id:m-danjyo:20170524223527j:plain

「あの人の態度は、わたしのことが好きってことなの?」

と困惑していませんか?

女ゴコロは複雑とか言われますが、女性からすれば男ゴコロも複雑に見えますよね。

 

でも、よ~く考えてみると、案外わかりやすかったりします。

そんな男性の脈ありサインを見ていきましょう。気になる男性の態度に当てはまったら、それって両想いかもしれませんよ 。

 

あなたと話している時だけ早口になる

男性の脈ありサインは、あなたと話している時だけ早口になることです。

好きな女性と話している時は、「楽しませたい」「つまらない男だと思われたくない」「笑顔が見たい」などの理由から、「話さなくちゃ」という心理がはたらくんですね。

そのため気持ちが焦っているので、早口になってしまうということなんです。いつも早口の人は別として、あなたと話している時だけ早口になる男性は、脈ありの可能性が高いでしょう。

 

いかにもデートな場所に誘われる

f:id:m-danjyo:20170524223617j:plain

男性の脈ありサインは、いかにもデートっぽい場所に誘われることです。

誘い方は、ぜんぜんそんな雰囲気じゃなかったのに、当日行ってみたら「デートにぴったりの場所だった」という場合もあるかもしれませんね。

誘うときは「まだ好きだと知られたくない」とか「いかにもデートの誘いだと思われて、断られないように」していたのでしょう。だから誘い方は、デートっぽい雰囲気ではなかったんです。

 

またお互いにその場所を知っていて、いかにもデートな場所に誘われる時は、言葉には出していない男性心理がかくれています。それは…

「こんな場所に誘うんだから、君のことが好きだとわかるよね?」という心理です。まだはっきりと告白できる段階ではないけど、好意に気づいてほしいという男性心理なんですね。

 

偶然ばったり会った時に本気でビックリする

男性の脈ありサインは、偶然ばったり会った時に、本気でビックリすることです。

偶然ばったり会った時に、すぐ満面の笑みになるなら「友達」だと思っているでしょう。また、顔や態度はそれほどビックリしていないのに、言葉は驚いたフリをしているなら「とくに興味はない」可能性があります。

 

そして、笑顔もないくらい本気でビックリしているなら、脈ありサインだと言えるでしょう。大げさではないとしても、驚きは全身で表現しているはずです。興味がない場合は、体に緊張感がないのに、顔と言葉で「何となくビックリ見せている」ことが多いです。

でも好きな女性と偶然会ったら、全身に緊張が走るんですね。そして嬉しい気持ちでいっぱいなんだけど、いきなり過ぎてどうして良いかわからない状態と言えるでしょう。

テンパっている男性って、ちょっと可愛いですよね。

 

過去の恋愛について聞いてくる

男性の脈ありサインは、あなたの過去の恋愛について聞いてくることです。

もし好きでもない女性なら、過去の恋愛には興味がありません。話すことがないから、ネタとして話すことはあるかもしれませんけどね。でもその場合は、自分の恋愛話はしないことが多いでしょう。

また遊びの関係を狙っている男性なら、あなたの過去の恋愛には一切興味がありません。ただし、あなたの相談を聞くフリをして近づいてくることはあるでしょう。恋愛話は心を開かせますから、あなたの心のスキマにうまく入り込んで、「あわよくば」と狙っているんですね。

 

でも好きな女性に対しては、過去の恋愛が気になって仕方ないから聞いてくるんです。どんな男性と付き合っていたのか、どんな関係だったのか、どんな恋愛をのぞむ女性なのか、などなど。

男性の頭の中は、あなたに聞きたいことだらけなんですね。あなたのことが知りたくて仕方ないという状態です。

 

メールの返信が早い・電話にすぐ出る

男性の脈ありサインは、メールの返信が早かったり、電話をかけたらすぐに出ることです。出られなくても、比較的すぐに折り返しの電話がかかってくることでしょう。

これは定番でわかりやすい脈ありサインですが、相手の男性がどういうタイプかということも考慮してみてください。メールがマメな男性なら基準にならないでしょう。

 

f:id:m-danjyo:20170524223714j:plain

 

男性の多くはメールが苦手ですから、マメに返信するのが面倒なんです。でも好きな女性にだけは、頑張って返信しているんですね。

また電話がかかってきた時も、あなたからの用件が何なのか気になって仕方ないから、すぐに折り返しの電話をしてくるんです。男性は物事に対してすぐに結論を求めたがるので、あなたからの用件が何なのかわかるまで、落ちつかないんです。

 

でも好きではない女性の場合は、とくに気になりません。その女性が考えていることも、話すことにも興味がないので、電話の折り返しをするなら「後でいいや」と考えることが多いでしょう。

 

メールじゃなく電話してくる

男性はメールが苦手な人が多いです。だから好きな女性にはとくに、メールじゃなく電話をしてくる場合が多いんです。なぜなら、メールだと言葉の行き違いとかで、変な誤解をまねくと困るからです。

予定の確認やカンタンな内容なら、メールをしてくることもあるでしょう。でも、ちょっと込み入った話の場合には、電話をしてくることが多いでしょう。

 

また好きな女性に電話をしてくる理由は、もう1つあります。それは、「あなたの声が聞きたいから」なんですね。男性の脈ありサインは、とってもわかりやすい場合が多いんです。

 

ボディタッチを必要以上に避けようする

「好きな女性に触れたい」と思うのは、すべての男性に共通する心理でしょう。ただし、変な誤解はされたくないと思っているんです。たとえば軽い男だと思われたくないとか、遊び目的だと思われたくないとか、そんなところでしょうか。

 

だからこそ好きな女性に対しては、「触れたい」とつよく思うあまり、「触れちゃいけない」とも思ってしまうんです。そのため女性に慣れていない男性は、極端にボディタッチを避けようとしてしまうこともあるでしょう。

そんなに避けられると、「わたしって嫌われてるのかな?」と勘違いしてしまうはずです。でもじつは、それが男性の脈ありサインだったりします。

 

いやらしくないボディタッチをする

とはいえ多くの男性は、やっぱり好きな女性にどうにかして触れようとします。ただ、好意を気づかれるのは良いとしても、変な誤解はされたくありません。では男性の脈ありサインは、どのようなボディタッチなのでしょうか?

それは、はっきりガッチリ触れることです。「なっ!」とか言いながら、肩をガシっとつかんだりします。まるで男友達に触れるように。これも女性からすると「わたしを女として見ていないのかな?」と思ってしまいますよね。

でもそれが、精一杯のアピールだったりします。

 

もしくは、さり気なく触れるというパターンもあるでしょう。ただこれは、からだ目的の場合との見極めがむずかしいです。小悪魔女子のボディタッチと同じで、好意と見せかけて「あわよくば」と考えているオオカミ男子が多いんです。

そのため、ボディタッチだけで脈ありサインを見分けるのは、かなりむずかしいかもしれませんね。

 

二人きりの時に空気が読めない

これは比較的、女性にあまり慣れていない男性の脈ありサインです。好きな女性と二人きりの時は、空気が読めないことが多いんです。どこか噛み合っていないというか、温度差があるというか、微妙な空気になることが不思議と多いです。

たとえばあなたがテンション上げて笑っているのに、「んー、そうなんだ。それはきっと○○なんじゃないかな」とか真面目な顔で言ってきたりするんですよね。

 

その理由はカンタンです。それは、あなたのことしか考えていないからです。余計なことを考える余裕がなく、あなたと二人きりでいる事実にテンパっているんです。

あなたの話をしっかりと聞いて、それに対して「何かカッコイイことを言わなくちゃ」と、頭をフル稼働させているんでしょう。だから本当はいちばん大切である「あなたへの態度」がおろそかになり、「あなたの話の内容」にだけフォーカスしている状態です。

そんな不器用な男性を、どうか温かく見守ってあげましょうね。

 

気になる男性の脈ありサインは見逃さないで

f:id:m-danjyo:20170524223804j:plain

男性が好きな女性に送る脈ありサインについて、ご紹介しました。

気になる男性の脈ありサインは、見逃さないようにしましょうね。もしかしたら精一杯の努力で送っている脈ありサインかもしれないからです。それを見逃してしまうと、男性はあなたのことを諦めてしまう可能性が高いでしょう。

 

両想いになれるチャンスを逃さないためにも、気になる男性の行動はしっかりチェックしてみてくださいね。もちろん、ここに書いた以外にもたくさん脈ありサインはありますし、人によっても微妙にちがいます。

 

大切なのは、あなたが何を感じたか。そして相手はどんな気持ちで、その行動をとったのか考えてみることです。そういうプロセスは、恋人になっても夫婦になっても重要なことなので、今のうちに男性心理に慣れておいたほうが良いですよ。

男性と女性は、ちがう星の住人と言われることが良くあります。それくらい「わかり合えない関係」ということですね。男女がわかり合うには、努力が必要なんですね。