読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

プロテインで痩せる!種類別のダイエット効果と正しい飲み方

f:id:m-danjyo:20170504175011j:plain

プロテインは、どれも効果が同じだと思っていませんか?

じつはプロテインにも種類があるんです。しかも種類によって、効果もそれぞれちがうんですよ。ダイエットを効果的に行うには、あなたに合ったプロテインを選ぶことから始めてみましょう。

 

そのためには、まずプロテインの種類と、それぞれのダイエット効果を知ることが大切ですね。

そしてプロテインダイエットの基本的なやり方と、効果的な飲み方について詳しくご紹介します。

 

プロテインの種類とダイエット効果

プロテインは、どれを飲んでも同じだと思っていませんか?プロテインはおもに3つの種類があり、それぞれに特徴があります。その特徴がわからないと、効果的なダイエットができません。では順番に説明していきます。

 

ホエイプロテイン

もっとも代表的なプロテインが、「ホエイプロテイン」です。プロスポーツ選手や格闘家なども、ほとんどの人はホエイプロテインを飲んでいます。

ホエイプロテインとは動物性のタンパク質で、体への吸収が非常に良いと言われています。そのため素早く筋肉を修復し、筋肉が減るのを防いでくれます。つまり、代謝が低下するのを防ぐはたらきがあるんですね。

 

ただし、摂りすぎると太るというデメリットもあります。運動とセットでダイエットをする人には向いていますが、運動なしでプロテインダイエットをしたい人には向いていないかもしれませんね。

 

カゼインプロテイン

f:id:m-danjyo:20170504175037j:plain

カゼインプロテインもホエイプロテインと同様に、動物性のタンパク質です。ちがう所は、ホエイプロテインが水溶性で、カゼインプロテインが不溶性ということです。つまりカゼインプロテインのほうが体に吸収しにくく、ゆっくりと吸収されていくということです。

それは何を意味するかというと、「満腹感が持続する」ということなんですね。そのため、置き換えダイエットでの空腹感をまぎらわす効果が期待できます。

 

カゼインプロテインのデメリットとしては、吸収が遅いので、運動後の筋肉の修復には向いていません。その代わり寝る前に飲むと、長時間体内にプロテインがあることで、筋肉の分解を防ぐことができるんですね。

寝ている間は栄養補給ができないので、筋肉量が減って代謝が低下しやすいんです。ホエイプロテインは吸収が早いため、寝る前の栄養補給にはカゼインプロテインのほうが適しています。

 

ソイプロテイン

ソイプロテインとは、大豆からとった植物性のタンパク質です。大豆イソフラボンが豊富に含まれていますので、とくに女性にはうれしい効果が期待できるでしょう。

またソイプロテインはカゼインプロテインと同じように、体への吸収が遅いことが特徴です。そのため運動直後の筋肉の修復には向いていません。その代わり「満腹感が持続する」というメリットがあります。

 

f:id:m-danjyo:20170504175125j:plain

 

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンは、皮膚をつよくする効果があるので、肌のハリを保つはたらきもあります。大豆イソフラボンといえば、女性ホルモンと似たはたらきをすることで知られていますね。そのため女性ホルモンのバランスをと整えて、女性のための健康維持にも効果的です。

また骨を強くする効果をはじめ、血行促進の効果もあります。男性女性ともに、さまざまな健康効果が期待できるということですね。

 

ただしデメリットもあります。メーカーによりますが、水に溶けにくく、飲みずらいことが特徴です。ちょっとのお湯で溶かしてから、水を足して飲むと良いでしょう。また味が苦手という人もいるかもしれませんね。

 

ソイプロテインは比較的安いのが嬉しいですが、味や飲みやすさ、値段などを他のプロテインと比べて、続けやすいものを選ぶのがおすすめです。

 

プロテインダイエットのやり方と飲み方

プロテインダイエットのやり方は、大きく分けて2つあります。これが基本的なやり方ですし、いちばんダイエット効果が期待できるでしょう。

プロテインダイエットのやり方によって、効果的な飲み方があります。それぞれのやり方での正しい飲み方をご紹介します。

 

効果的に飲むために、「プロテインを飲んでも痩せない理由」も参考にしてみてください。

プロテインを飲んでも痩せない理由はこれだった!

 

置き換えダイエットでカロリーカット

「運動したくない」という人は、置き換えダイエットがおすすめです。

1日のうち1~2食をプロテインに置き換えるというダイエット方法です。プロテインは食事よりも低カロリーなので、摂取カロリーを少なくして痩せることが目的です。

しかも食事制限ではどうしても不足しがちなタンパク質を補うことで、筋肉量をキープして代謝の低下を防ぎます。

 

しかもプロテインは栄養バランスが良く、脂質がほとんど含まれていないのがメリットです。食事の時に適度な脂質を食べることで、栄養バランスの良い食事制限ダイエットが実現できるんですね。

これは食事制限の概念をくつがえすほどの、素晴らしい効果なんです。栄養バランスの整った食事ができて、筋肉量も減らないということは、リバウンドする確率が少ないということなんです。

 

置き換えダイエットでのプロテインの飲み方

f:id:m-danjyo:20170504175443j:plain

置き換えダイエットでプロテインを飲むなら、朝か夜がおすすめです。

プロテインはタンパク質ですが、タンパク質は小まめに補給する必要があります。長時間タンパク質を補給していないと、筋肉が分解されて代謝が低下してしまうんですね。

 

といっても、眠っている間は摂取できません。だから朝起きたときは、タンパク質不足のため筋肉が分解しはじめているんです。このタイミングでプロテインを摂取することで、代謝の低下を防ぐことができます。

 

また夜は、消化できる食べ物の量が限られているため、プロテインに置き換えることでダイエット効果がアップします。さらに眠っている間に筋肉がつくられたり、修復されたりしますので、このタイミングでプロテインを摂取することで代謝量をキープすることができます。

 

プラス運動で効率的に代謝アップ

f:id:m-danjyo:20170428193635j:plain

プロテインでダイエットをするなら、もっとも効果的なのは「運動をプラス」することです。運動をするためにプロテインがあると言っても過言ではありません。プロテインを飲むと筋肉がつきやすくなり、代謝もどんどんアップするということですね。

 

また筋肉が分解するのを防いでくれるので、筋肉量が減ることもなく、代謝が低下する心配もありません。もちろん過酷なトレーニングをしているプロの人は、筋肉の修復が追いつかない場合もあります。

でも、一般的なダイエットのための運動ならば、その心配はほとんどないでしょう。

 

運動ダイエットでのプロテインの飲み方

運動を取り入れたダイエットでは、プロテインを飲むタイミングがちがいます。どちらが良いかは一概には言えませんが、運動を取り入れる場合には運動の前後でプロテインを飲むのがおすすめです。

 

運動前に飲んでおくと、運動によるエネルギー不足になる心配がありません。エネルギー不足になると、どうなるか? 体内のタンパク質をエネルギーにしてしまうので、筋肉量が減って、代謝も低下するということです。つまり痩せにくい状態になるんですね。

 

運動後は、筋肉疲労や筋肉の損傷もあります。そのタイミングでプロテインを補っておかないと、筋肉量が減ってしまうんですね。すると当然、代謝は低下します。

だから、運動でダイエットするなら、運動の前後でプロテインを飲むことをおすすめします。

 

プロテインを正しく飲めば痩せる!

f:id:m-danjyo:20170504174539j:plain

プロテインの種類と、それぞれのダイエット効果についてご紹介しました。そして、プロテインダイエットの基本的なやり方と、効果的な飲み方もご紹介しましたね。

これさえわかっていれば、プロテインダイエットはもう成功したようなものです。

 

プロテインは、人間の体に不足してはいけない栄養素を、効率的に摂ることができる優れた飲み物です。グリーンスムージーや酵素ドリンクのファスティングダイエットでは、タンパク質が不足しがちなので、筋肉量が減る可能性があります。その代わり、デトックス効果に優れていますね。

 

でもプロテインダイエットは、代謝にいちばん必要な筋肉量を減らすことなく、痩せやすい体質になることができます。あなたがどんな効果を望むかによりますが、ワタシはプロテインダイエットはかなりおすすめです。

正しく飲んで、健康的に痩せちゃいましょう!