みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

カプサイシンで脂肪燃焼はウソだった!?本当のダイエット効果とは?

f:id:m-danjyo:20170524171331j:plain

カプサイシンで脂肪燃焼効果が得られるのは、今や誰でも知っている事実。

そこで、新事実が発覚したんです。それは…

 

「カプサイシンを食べても脂肪燃焼しない!」ということ。

 

まさかの衝撃的な事実に、開いた口がふさがらない人は多いはずです。

それはいったい、どういうことなのか説明していきますね。

 

カプサイシンで痩せない理由

カプサイシンで脂肪燃焼しないのは、じつは新事実ではありません。

ちょっとした誤解からはじまった、イメージによるものだったんです。

 

カプサイシンを食べただけでは痩せない

カプサイシンとは、唐辛子などの辛い食べ物に含まれる成分ですよね。

辛いものを食べると発汗作用がありますし、その発汗作用によって脂肪が燃焼されると言われていました。

しかし、カプサイシンを食べただけでは、脂肪燃焼効果が得られないということですね。つまり食べただけじゃ痩せないんです。よくありがちな誤解ですね。

 

発汗作用があれば脂肪燃焼するわけではない

なぜか私たちは、「発汗作用=脂肪燃焼」と思い込んでいないでしょうか?

たしかに発汗すれば脂肪が燃焼していくイメージです。でも運動していないのに、脂肪が燃焼するのはおかしな話。よーく考えればわかるんですよね。

なのに、なぜか「カプサイシンは食べただけで痩せる」というイメージが独り歩きしてしまったんですね。

同じ発汗でも、食べ物による発汗と運動による発汗では、作用がちがうんです。筋肉を動かしたことによる発汗でないと、脂肪は燃焼されません。代謝はアップしますけどね。

 

塗っても着てもカプサイシンは痩せない

カプサイシンには、塗ったら痩せるクリームや、着ていれば痩せる下着などがあるようです。でも、残念ながらこれらのダイエット効果はないそうですよ。

ただし効果が何もないわけではありません。どんな効果かと言いますと、それは「体を温める作用」です。

体が温まれば多少は代謝もアップしますし、免疫力もアップしますよね。ある意味、痩せるよりも嬉しい効果のような気がします。

 

カプサイシンダイエットの本当のやり方

では、カプサイシンでダイエットするなら、本当はどんなやり方が良いのでしょうか?

 

摂取後2時間くらいは発汗作用が高まっている

f:id:m-danjyo:20170524171435j:plain

カプサイシンを摂取して、2時間くらいは発汗作用が高まると言われています。その間に発汗を促すことをすれば、いつも以上に汗をかくことでしょう。でも発汗すれば脂肪燃焼するわけではありません。

 

ただし、カプサイシンを摂取後は、脂肪が燃焼しやすい状態になっているのは確かです。運動をしたり、お風呂に入るといつもより発汗しやすいでしょう。

そしてカプサイシンを摂取した後に運動をすれば、効率的に脂肪を燃焼できるというわけです。この辺りの効果が、どうやら誤解されたまま独り歩きしてしまったようですね。

 

体温が上がらない時やむくみがある時に食べる

冷え性の人やむくみがある人は、体温が上がらないで悩んでいるのではないでしょうか?つまり血行が悪いから、体温が低いということです。

血行がわるいのが全ての原因ですから、まずは血行を促進しないといけませんね。

そもそも体温が低い人は、痩せにくく太りやすいと言われています。

 

そのような体質の改善には、カプサイシンを食べて血行をうながすことで、冷えを改善できると考えられます。発汗作用がありますので、体内の水分や毒素を排出することで、むくみも解消することができます。

やっぱり、こうして考えるとスゴイですよね、カプサイシンって。

 

カプサイシンは運動とセットでないと効果なし

f:id:m-danjyo:20170524171832j:plain

カプサイシンは、運動とセットでないとダイエット効果がありません。

食べただけでは痩せられないんです。

カプサイシンを食べることで、運動による脂肪燃焼効果が高まります。

 

つまりカプサイシンを食べた後に運動をすると、痩せやすくなるということなんですね。食べて運動。これを守れば、かなり効率の良いダイエット効果を得られるということです。

 

カプサイシンの効果を知ろう

カプサイシンは、ダイエットだけでなく、さまざまな健康効果があります。

 

むくみ解消と新陳代謝アップ

先ほどもちょっと説明したように、カプサイシンには発汗作用によるむくみ解消効果が期待できます。発汗作用が、そもそも新陳代謝が高まっている状態ですよね。

食べただけで脂肪は燃焼しませんが、食べただけで代謝はアップするんです。ちょっとですけどね。イメージとしては、お風呂に入っているのと同じような感じです。

 

デトックス作用による美肌効果

カプサイシンの効果は、デトックス作用による美肌効果があることです。これは単純に汗が出るから、毛穴のお掃除ができるということ。それプラス体内の毒素や老廃物も排出されるので、体の中がキレイになって美肌になれるという効果です。

でもカプサイシンは刺激物ですから、その刺激によって肌荒れを起こす可能性もあります。

 

痛みを緩和するので湿布などに使われる

カプサイシンの効果は、痛みを緩和する「鎮痛作用」があることです。とくに炎症を起こしているような痛みの緩和ができるので、湿布に使われることが多いようです。

痛みを緩和すると言っても、他の刺激によってごまかしているだけとも考えられます。湿布には他の成分も入っていますから、消炎作用もありますよ。安心してください。

 

カプサイシンに脂肪燃焼効果がないわけじゃない

f:id:m-danjyo:20170524172031j:plain

カプサイシンのダイエット効果についてご紹介しました。

でも、カプサイシンに脂肪燃焼効果がないわけじゃないんです。

食べただけでは痩せないというだけの話。

 

そして食べ過ぎても変わらないので、大量摂取して体調を崩すことのないように注意してくださいね。胃腸が荒れてしまいます。

 

結論としては、カプサイシンで効率的に痩せられるのは、正しい情報なんです。ただし運動しないと意味がないということですからね。そこは誤解のないように。