みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

スマホ老眼って?20代でもなる若年性老眼の原因と予防法

f:id:m-danjyo:20170524154200j:plain

最近、20代でも老眼になると言われているのを知ってますか?

それを「若年性老眼」と言いますが、「スマホ老眼」とも呼ばれているようです。

スマホの使いすぎが原因の1つになっていますが、じつはスマホだけじゃなかったんです。

 

そんなスマホ老眼の原因と予防法についてご紹介します。

手遅れになる前に、対策が必要ですね。

 

スマホ老眼(若年性老眼)の症状をチェック!

症状だけ見ると、眼精疲労と区別がつかないことも多いでしょう。なかなか改善されないようなら、眼科で相談してみると良いかもしれません。

 

まぶたがピクピクする

スマホ老眼(若年性老眼)の特徴は、まぶたがピクピクする症状があります。よく疲れた時に目がピクピクしますよね。あれはスマホ老眼(若年性老眼)の症状でもあるようです。

 

近くの物にピントが合わない

若年性とはいえ老眼ですから、老眼と同じような症状もあります。それは、遠くは良く見えるのに、近くの物を見る時にピントが合わないことです。

近くの物が見えづらくなって、少し離すと見やすいなら、若年性老眼の可能性が高いでしょう。

 

肩こり・頭痛・目の奥が痛い

スマホ老眼(若年性老眼)の特徴は、肩こり・頭痛・目の奥が痛いなどの症状があります。これも眼精疲労と同じ症状のため、区別がつかないかもしれません。

とくに目の奥が痛いのは、注意が必要な症状ですよ。今すぐ目を休めましょう。

 

夕方になると目がショボショボする

目を酷使していると、夕方くらいから目がショボショボするのは普通だと思っているかもしれません。でも、これがスマホ老眼(若年性老眼)の特徴でもあるんです。

体はそれほど疲れていなくても、目が無理ということもありそうですね。

 

スマホ老眼(若年性老眼)の原因

では、なぜ若いのに老眼になってしまうのでしょうか。スマホ老眼(若年性老眼)の原因をご紹介しましょう。

 

スマホ・PC・タブレットの長時間使用

f:id:m-danjyo:20170524154412j:plain

スマホ老眼という名前からもわかるように、若年性老眼の原因はスマホやPCの長時間使用によるものです。移動中や休憩中はスマホを見て、仕事中はPCの前にいる。そして自宅ではテレビやスマホを見るような生活をしていると、ほぼ一日中画面を見ていることになります。

これがスマホ老眼(若年性老眼)のもっとも大きな原因となります。

 

ブルーライトの刺激

スマホやPC、タブレットなどからは、ブルーライトと呼ばれる光線が出ています。このブルーライトを目に浴びると、視神経に刺激を与えてしまうんです。

明るくて見やすい画面ほど、この光線の刺激が強くなるんですね。それを長時間浴び続けることで、目の筋肉や細胞がダメージを受けることになります。それがスマホ老眼(若年性老眼)の原因になります。

 

集中するほどドライアイになる

スマホやPC、タブレットなどを使用していると、集中して情報を収集している時ってありますよね。そのように集中している時こそ、ドライアイになっているんです。集中すると、まばたきが通常の1/3になると言われているんですよ。

それじゃ目が渇くのもわかります。とくにコンタクトレンズをしている人は、乾燥しやすいかもしれませんね。

 

うつむき姿勢が眼球を圧迫する

f:id:m-danjyo:20170524154514j:plain

スマホを見る時、あなたはうつむき姿勢になっていませんか?じつはこれも、スマホ老眼(若年性老眼)の原因になるんです。うつむく姿勢をすると、眼球を圧迫していることになるんですね。つまり眼圧がかかっている状態。

この状態だと視神経に負担がかかり、視界がぼやけたりすることがあるんですね。それが若年性老眼の原因になります。

 

ストレスにより網膜がダメージを受ける

ストレスがたまると体内に活性酸素が発生します。この活性酸素が増えすぎると、さまざまな病気の原因にもなります。そして細胞を傷つけることもあるんですね。そのため、とてもデリケートな網膜がダメージを受けて、若年性老眼を発症すると言われています。

実際に若年性老眼の人は、ストレスをためている人が多いとのことです。

 

スマホ老眼(若年性老眼)の予防法

では、スマホ老眼(若年性老眼)を予防することはできるのでしょうか?

 

ピントを合わせるトレーニングをする

ピントを合わせるのは、「毛様体筋」と呼ばれる水晶体を支える筋肉のはたらきによるものです。この筋トレをすることで、遠くの物と近くの物のピントの調節機能をきたえることができます。これをきたえることで、若年性老眼が改善される可能性があると言われています。

 

目の前の指を見つめる

指を見つめながら、少しずつ離していく

指を見つめながら、少しずつ近づける

 

これを数回くり返します。

これに慣れてきたら、さらに遠近の幅を大きくして見ましょう。

f:id:m-danjyo:20170524154610j:plain

目の前の指を見つめる

窓の外の山を見つめる

目の前の指を見つめる

 

これも数回くり返しましょう。

1日5分くらいのトレーニングでOKですよ。

 

スマホやPCなどの画面から30センチ離れる

スマホやPCを仕事で使う必要がある人は、見ないわけにはいきませんよね。その場合には、画面から30センチ以上離れるだけでも効果が期待できます。画面が近いと、それだけ視神経への刺激も大きいんですよね。それを少しでも避けるようにしましょう。

 

まばたきを増やして、休憩を小まめに挟む

ドライアイを予防するには、まばたきの回数を増やすことが大切です。涙や目薬などで適度にうるおすのも良いでしょう。時々10秒間くらい、目を閉じるのも良いのではないでしょうか。

また1時間くらい作業をしたら、少し休憩を挟んで目を休めましょう。トイレに席を立つだけでも良いですし、コーヒーを1杯飲みに行くのも良いでしょう。とにかく画面から目を離す時間をつくることです。

 

睡眠と禁煙で免疫力を高める

スマホ老眼(若年性老眼)の予防や改善には、免疫力を高めることが大切です。ストレスも原因の1つだとご紹介しましたが、ストレスに対抗してくれるのも免疫力なんです。免疫力が低下していると、若年性老眼になりやすいと考えられるんです。

そのため睡眠時間をしっかりと確保して、22~2時の時間は眠っているようにしましょう。成長ホルモンの分泌が盛んになる時間帯ですから、目の修復にも役立ちます。

 

またタバコは有害物質なので、免疫力を大量に無駄づかいしてしまいます。それを防ぐためにも、禁煙をしたほうが良いでしょう。

ストレスや疲労回復のためにも、免疫力を高めておくことが大切ですよ。

 

食生活を改善する

f:id:m-danjyo:20170524154724j:plain

スマホ老眼(若年性老眼)の予防や改善のためには、食生活も大切なんです。とくに「ルティン」が含まれる食べ物は、「天然のサングラス」と呼ばれるくらい目を保護してくれるそうですよ。

ルティンが多く含まれる食べ物は、ほうれん草やかぼちゃ、ブロッコリーやとうもろこしなどです。

 

老眼は治らないけどスマホ老眼は治る

f:id:m-danjyo:20170524154816j:plain

20代でもなる人が増えている「若年性老眼」についてご紹介しました。

ふつうの老眼は、水晶体が老化しているため、治らないと言われています。

でも若年性老眼は、水晶体を支える毛様体筋が緊張している状態なので、ほぐしたり鍛えたりすれば治ります。

 

日頃から目の使い方に気をつけたり、栄養や休息についてもしっかりと考える必要がありますね。スマホだけが原因ではありませんが、スマホ老眼にならないように予防していきましょうね。