みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌の糖化の原因と改善方法|糖化を防ぐ食べ物でアンチエイジング

f:id:m-danjyo:20170524143634j:plain

糖化は肌が焦げる老化現象!?糖化を防ぐ食べ物と改善方法

肌が「サビる」というのは、聞いたことがある人も多いと思いますが、肌が焦げるってどういう状態かわかりますか?

肌が焦げることを「糖化」と言いますが、これは老化現象の1つなのです。

 

つまり、肌がサビる「酸化」と、肌が焦げる「糖化」は、アンチエイジングの敵なんですね。

 

これは美容だけの話ではなく、健康面でも老化が進行するため、病気になりやすくなってしまうのです。

 

そこで今回は、肌が糖化する原因と改善方法をご紹介します。糖化を防ぐ食べ物や生活の中でできる対策をご紹介していきますね。

 

肌が老化する「糖化」ってどんな状態?

糖化すると、肌はどんな状態になるのでしょうか? 老化するのは確かですが、「酸化」と「糖化」の違いがよくわからない人もいると思いますので、それぞれ簡単にご説明しましょう。

 

肌がサビる「酸化」はシミ・シワを増やす

肌が酸化することを「サビる」と言いますが、これは、鉄が空気に触れて、赤くボロボロになるような「錆び」と同じ状態です。

 

「人間の体って、錆びるの?」と思うかもしれませんが、私たちは毎日、体に酸素を取り込んで生きています。その酸素が「活性酸素」という物質に変化し、それが増えすぎると体はどんどん酸性に傾き、シワやシミのような肌老化が現れてくるのです。

 

活性酸素は、適量なら病気予防など役に立つ物質なのですが、増えすぎると病気の原因になったり、肌を老化させてしまうのです。この酸化を防ぐには、抗酸化作用の高い食べ物を食べるのが効果的です。いわゆるアンチエイジング効果の高い食べ物のことですね。

 

肌が焦げる「糖化」はくすみ・シワ・たるみを増やす

肌が糖化することを「焦げる」と言いますが、これは糖質の摂りすぎが、おもな原因です。糖質を摂りすぎると、体内の「タンパク質」と結びつき、体が焦げ付いてしまうのです。

 

この現象は、ちょうど焼き肉を焼きすぎて、真っ黒になってしまったような状態です。肌が糖化すると、くすみ・黄ばみ・たるみ・シワなどの肌老化が現れます。

 

肌が糖化すると、ハリと弾力が失われ、乾燥してゴワゴワした状態になります。すると肌だけでなく、髪にも影響が出てきて、うるおいを失い、髪がパサついてしまうのです。

 

肌が糖化するとカラダは老化する

肌が糖化すると、肌だけでなく、体そのものが老化していきます。体が老化するというのは、生活習慣病になったり、命に関わる心疾患などが起きるリスクも出てきます。大げさに聞こえるかもしれませんが、肌や体が糖化するということは、死が近づくとも言い変えられるのです。

 

では、なぜそのような糖化が進行してしまうのでしょうか? その原因を見ていきましょう。

 

肌が糖化する原因とは?

肌が糖化する原因は、一体どんなことが考えられるのでしょうか? じつは、生活習慣の中に、考えられる原因がたくさんあるのです。

 

糖分(砂糖)と糖質(炭水化物)の摂りすぎ

f:id:m-danjyo:20170524143812j:plain

肌が糖化する原因は、糖質の摂りすぎによるものです。糖質とは、砂糖などの糖分はもちろん、炭水化物も糖質です。糖質制限ダイエットが流行していますから、ご存知の人も多いですよね。

 

ただ間違えないでほしいのは、糖質の摂りすぎが良くないだけであって、食べてはいけないわけではありません。まったく糖質を摂らないのは良くありませんので、適度に摂取しましょうね。

 

野菜不足の食生活

現代人に多い「野菜不足」の食生活は、肌の糖化を招く原因になります。なぜなら、食事のときに上昇する「血糖値」が関係しているからです。

糖質を食べると、血糖値が急激に上昇しますが、これを防いでくれる「野菜」を食べることで、肌や体の糖化を防ぐことができるのです。

 

血糖値が上昇すると、エネルギーとして消費されなかった糖質が、脂質として体に蓄えられてしまいます。いわゆる脂肪になってしまうのです。

この状態になると、体が糖化しやすくなるので、なるべく血糖値を上昇させない食生活を心がけることが大切です。

 

つまり、肥満を予防して、健康な体を保つことで、お肌も良い状態にすることができるというわけです。

 

運動不足

f:id:m-danjyo:20170524143902j:plain

肌が糖化する原因は、運動不足によるものです。日頃からデスクワークの人は、なかなか体を動かす機会がないかもしれませんね。

運動不足になると、食事から摂取した糖質をエネルギーとして消費しきれずに、「タンパク質」や「脂肪」と結びつきやすくなります。結びついたタンパク質や脂肪が、焦げて糖化していくのです。

 

このときに生成された物質を「AGEs」と呼びます。

AGEsが体内にたまっていくと、肌老化だけでなく、糖尿病や動脈硬化などの深刻な病気を引き起こす危険性もあります。このような糖化を防ぐには、適度な運動を習慣にすることが大切です。

 

睡眠不足

睡眠は、人間の体のさまざまな修復に役立ちます。病気やケガを治す効果もありますが、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」も、睡眠中に行われています。

肌のゴールデンタイムと呼ばれる22~2時の間に眠っていると、成長ホルモンが分泌され、肌をきれいに生まれ変わらせてくれるのです。

 

そんな大切な睡眠が不足すると、肌は糖化しやすくなり、老け顔になってしまいます。すると、糖化だけでなく酸化もすすみ、相乗効果でどんどん老化が進んでしまいますよ。ちょっとコワイですよね。

 

肌の糖化を予防・改善する方法

では、肌の糖化を予防・改善するには、どうすれば良いのでしょうか? 食べ物での改善方法や、日頃の生活習慣での予防法などをご紹介しましょう。

 

血糖値が上昇しない食べ物や飲み物を摂る

肌が糖化する原因は、血糖値が上昇することに関係していましたよね。食事で糖質を摂ると、血糖値が急激に上昇することで、肌の糖化が進行します。

血糖値の上昇を防ぐには、「低GI食品」と呼ばれる食べ物を摂るようにすると良いでしょう。糖尿病の予防・改善にも役立ち、ダイエット効果もあるのでオススメですよ。

 

f:id:m-danjyo:20170524144004j:plain

 

低GI食品は、「蕎麦」や「玄米」、「アボカド」や「グレープフルーツ」などの食べ物が効果的です。飲み物では、「抗糖化作用」のある「甜茶」や「どくだみ茶」、「カモミールティー」などがおすすめです。

 

ちなみに、酸化を防ぐ「抗酸化作用」のある飲み物は、ポリフェノールが含まれる「赤ワイン」や「ココア」、「緑茶」などです。

どちらもアンチエイジングにオススメですよ。

 

1日3食しっかり食べる

肌の糖化を防ぐためには、1日3食しっかり食べることも必要です。「食べると血糖値が上昇するんじゃないの?」と思うかもしれませんが、血糖値の急激な上昇を防ぐには、空腹になりすぎないことも大事。

 

空腹になり過ぎてから食事をすると、急激に血糖値が上昇して、肌も体も糖化しやすいのです。そのため、なるべく食事を抜かず、腹八分目の食事をすることが大切ですよ。もちろん栄養バランスの良い食事をするように心がけましょう。

 

野菜を先に食べて、糖化を防ぐ

先ほど説明した、抗糖化作用のある食べ物・飲み物を摂れば、肌の糖化は防げますね。でも、さらに言えば、血糖値が上がりにくい食べ方をすることも重要なんです。

 

  1. まず最初に、「野菜」「海藻類」などを食べます。食物繊維を先に食べると、血糖値の上昇を抑えることができます。
  2. つぎに、肉や魚などの「タンパク質」を摂取します。コースで言えばメイン料理ですね。
  3. そして最後に、「炭水化物(糖質)」を食べます。ご飯やパンのことです。

 

このような食べ方を「懐石食べ」や「サラダファースト」などと呼びます。基本的には、日本食がこのような食べ方なので、世界的にもヘルシーだと言われているのですね。でも西洋料理のフルコースでも、似たような食べ方をします。

 

簡単にいうと、ゆっくり良く噛んで、野菜から先に食べると、肌の糖化を防ぐことができます。

 

適度な運動をする

f:id:m-danjyo:20170524144103j:plain

肌の糖化を防ぐには、適度な運動をすると良いでしょう。適度な運動とは、「ウォーキング」や「ジョギング」などの有酸素運動がオススメ。有酸素運動をすることで、体内の糖質を減らすことができ、肌の糖化を防げるのです。

 

一気に長時間の運動をするよりも、どちらかと言えば、小まめに運動するほうが効果的なようです。エレベーターではなく階段を昇ってみたり、一駅歩いてみたり。そんなちょっとした運動でもOKです。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠は、美肌やアンチエイジングに必要不可欠な要素ですよね。睡眠不足なのに肌がキレイな人は、ほぼいないと言えるでしょう。なぜなら、キレイな肌は寝ている間につくられるからです。

 

そのため、睡眠不足に気をつけて、しっかりと安眠することが大切です。

6時間以下の短い睡眠では、肌の糖化が進んでしまうと言われています。しっかりと睡眠をとることで、肌の新陳代謝をうながし、肌の糖化を防げるということなんですね。

 

酸化も糖化もからだの中から改善できる

f:id:m-danjyo:20170524144158j:plain

肌が糖化する原因も、酸化する原因も、食べ物によって起こります。

そのため、食べ物を変えることで、からだの中から老化を防ぐことができるのです。

体の外側からのスキンケアも大切ですが、本当に老化を防ぐには、体の中からのケアが効果的なのです。

 

生活習慣を改善し、健康で美しくなる生活を心がければ、自然と糖化を防ぐことができます。食べ物だけでなく、食べ方も重要なポイントでしたね。

とはいえ、あまり深く考えずに、まずは「野菜から食べる」と決めるだけでも効果的ですよ。糖化と酸化による老化は、日頃の過ごし方次第で、防ぐことができます。

 

糖化を改善し、お肌も体もアンチエイジング!

肌が糖化する原因と改善方法をご紹介しました。肌が焦げる「糖化」も、肌がサビる「酸化」も、食べ物によって、体の中から改善することができます。また、適度な運動や睡眠など、生活習慣の改善をすることも大切な要素です。

糖化を改善して、お肌も体もアンチエイジングで若返りましょう。