読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちの道

あなたの今日がちょっぴり幸せになるように

スポンサーリンク

肌の糖化は老化のはじまり!「サビる」と「焦げる」はアンチエイジングの敵

f:id:m-danjyo:20170516130053j:plain

肌がサビるというのは聞いたことがあると思いますが、肌が焦げるって聞いたことありますか?肌が焦げることを「糖化」と言います。

肌が糖化すると、からだはどんどん老化が進んでしまうんです。

 

つまり肌がサビる「酸化」と、肌が焦げる「糖化」は、アンチエイジングの敵なんです。

美容だけの話ではありませんよ。健康面でも老化が進行します。つまり病気になりやすくなるということ。

では糖化する原因は何なのか。また糖化を防ぐ対策はあるのか、ご紹介していきましょう。

 

肌が糖化するってどんな状態?

肌が糖化するとは、どんな状態なのでしょうか。肌が老化するのには、「酸化」と「糖化」があります。それぞれカンタンに説明します。

 

肌がサビるのは酸化

肌が酸化することを「サビる」と言います。鉄が空気に触れて、赤くボロボロになるあの錆びた状態のことです。体内に酸素を取り入れた時に、活性酸素という物質が増えると、体はどんどん酸性に傾いていきます。これが酸化です。

肌が酸化すると、おもに「シワ」や「シミ」などの肌老化があらわれます。

 

肌が焦げるのは糖化

肌が糖化することを「焦げる」と言います。糖質を摂りすぎると、タンパク質と結びつき焦げ付いてしまうのです。ちょうど焼き肉を焼きすぎて、真っ黒になってしまったような状態です。これが糖化です。

肌が糖化すると、おもに「くすみ」「黄ばみ」「たるみ」「シワ」などの肌老化があらわれます。

 

肌のハリと弾力が失われ、乾燥してゴワゴワした状態になってしまうんです。肌だけでなく、髪にも影響があらわれ、髪が髪がパサついたり、うるおいを失ってしまいます。

 

肌が糖化するとカラダは老化する

肌が糖化するというのは、カラダが老化するということです。カラダが老化するというのは、病気になったり、生命の危機に瀕することも含まれます。大げさに聞こえるかもしれませんが、肌およびカラダが糖化するということは、死が近づくとも言い変えられるんですね。

 

では、なぜそのような糖化が進行してしまうのでしょうか。その原因をご紹介しましょう。

 

肌が糖化する原因とは?

肌が糖化する原因は生活習慣にありますが、とってもわかりやすいんです。

 

糖分(砂糖)と糖質(炭水化物)の摂りすぎ

f:id:m-danjyo:20170516130331j:plain

肌の糖化の原因は、糖質の摂りすぎによるものです。糖質とは、砂糖などの糖分もそうですが、炭水化物も糖質ですよね。糖質制限ダイエットが流行していますから、ご存知の人も多いはずです。

ただ間違えないでほしいのは、摂りすぎが良くないだけであって、食べてはいけないわけではありません。まったく糖質を摂らないのも良くありませんので、適度に摂取するようにしましょうね。

 

野菜不足の食生活

現代人に多い「野菜不足」の食生活は、肌の糖化を招く原因になります。でも野菜って高いですよね。健康に気を遣おうと思っても、高くて買えません。厚生労働省も「野菜を食べよう」なんて言っていますが、貧乏人には手の届かない金額です。

こうなったらベランダ菜園など、自分で栽培するのも良いかもしれませんね。またスーパーに毎日足を運び、その日の安い野菜をローテーションで食べるのも良いかもしれません。頑張って野菜を食べましょうね。

 

運動不足

f:id:m-danjyo:20170516130648j:plain

肌が糖化する原因は、運動不足によるものです。運動不足になると、摂取した糖質がエネルギーとして消費しきれずに、タンパク質や脂肪と結びつきやすくなります。結びついたタンパク質や脂肪が、糖化していくのです。このように生成された物質を「AGEs」と呼びます。

これが体内にたまっていくことで、肌老化だけでなく、糖尿病や動脈硬化などの深刻な病気を引き起こす危険性もあります。その予防のためにも、運動が大切ということですね。

 

睡眠不足

睡眠は、人間のカラダのさまざまな修復に役立ちます。肌の新陳代謝である「ターンオーバー」も、睡眠中に行われていますよね。肌のゴールデンタイムと呼ばれる22~2時の間には、成長ホルモンが分泌されて、肌をきれいに生まれ変わらせてくれます。

そんな大切な睡眠がさまたげられたら、肌は糖化だけでなく、酸化もすすみます。酸化と糖化は、相乗効果でどんどん悪化していくことが特徴なんです。コワイですよね。

 

肌の糖化を予防・改善する方法

では、肌の糖化を予防もしくは改善する方法はあるのでしょうか?

 

血糖値が上昇しない食べ物や飲み物を摂る

肌が糖化する原因は、血糖値が上昇することにも関係しています。余分な糖を摂取してしまうことで、糖化が進んでしまうんですね。そのため低GI食品と呼ばれる食べ物を摂るようにすると良いでしょう。糖尿病の予防・改善にも役立ちます。ダイエット効果もありますよね。

 

f:id:m-danjyo:20170516130942j:plain

 

低GI食とは、食べても血糖値が上がりにくい食べ物。それは「蕎麦」や「玄米」「アボカド」や「グレープフルーツ」などです。

飲み物では、糖化を防ぐ「抗糖化作用」のある飲み物として「甜茶」や「どくだみ茶」「カモミールティー」などがおすすめです。

 

1日3食しっかり食べる

肌の糖化を防ぐためには、1日3食しっかり食べることです。この理由は、血糖値の急激な上昇を防ぐため。空腹になりすぎてから食べ物を食べると、急激に血糖値が上昇して、体に吸収されやすくなります。そのため食事を抜かないことが大切なんです。

とはいえ、当然食べすぎも禁物。しっかり食べると言っても、腹八分目にして血糖値が上がりすぎないように注意しましょう。

 

糖化を防ぐ食べ方をする

先ほど説明した、抗糖化作用のある食べ物や飲み物を摂れば、肌の糖化は防げますね。でもさらに言えば、血糖値が上がりにくい食べ方をすることも重要なんです。

 

まず最初に「野菜」や「海藻類」などを食べます。食物繊維も最初に食べましょう。

つぎに肉や魚などのタンパク質を摂取します。コースで言えばメイン料理ですね。

そして最後に炭水化物を食べます。ご飯やパンです。

 

このような食べ方を「懐石食べ」と呼ぶそうです。だから日本食はヘルシーだと言われるんでしょうね。でも西洋料理のフルコースでも、似たような食べ方をしますよね。

ゆっくり良く噛んで、順番に気をつければ糖化は防げます。

 

適度な運動をする

f:id:m-danjyo:20170516131229j:plain

肌の糖化を防ぐには、適度な運動をすると良いようです。適度な運動とは、ウォーキングやジョギングなどが良いでしょう。有酸素運動をすることで、糖化を防ぐことができると言われています。

一気に運動するよりも、どちらかと言えば小まめに運動するほうが良いようです。ちょっと階段を上ってみたり、一駅歩いてみたり。そんなちょっとした運動でもOKです。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠は肌をキレイに保つためには、必要不可欠な要素です。睡眠不足なのに肌がキレイな人はほとんどいません。なぜならキレイな肌は、寝ている間につくられるからです。

そのためには睡眠をしっかりとる必要があります。

6時間以下の短い睡眠時間では、糖化がすすんでしまうそうです。睡眠をとることで肌の新陳代謝をうながすことができますから、肌の糖化を防げるということなんですね。

 

酸化も糖化もからだの中から改善できる

f:id:m-danjyo:20170516131748j:plain

肌が糖化する原因と対策をご紹介しました。

肌がサビる酸化も、肌が焦げる糖化も、からだの中から改善することができます。といよりも、からだの中から改善するほうが効果的なんです。外側からの対策は、たかが知れています。

 

生活習慣などを根本から改善し、健康で美容にも良い生活を心がけましょう。

食べ物だけでなく、食べ方も重要なポイントでしたね。あまり深く考えずに、おかずの中で野菜から食べると決めるだけでもOKですよ。

糖化と酸化による老化は、防ぐことができます。