みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

育毛剤の選び方のポイント!本気の薄毛対策に有効な成分とは?

f:id:m-danjyo:20170523221218j:plain

そろそろ薄毛になってきたかも……。

育毛剤を使ってみたけど、効果があまり実感できない……。

そんなことを思っていませんか?

もしくは、「まだ使ったことがないけど、どれを使えば良いのかわからない」という人もいることでしょう。

 

たしかにドラッグストアに行けば、たくさんの育毛剤が並んでいます。でもそれが、本当に育毛に効果のある商品なのかを見極めるのはむずかしいですよね。

 

そもそも本当に育毛剤と呼べるのか、怪しい商品もあるんです。そんな育毛剤でお金と時間をムダにしないためにも、育毛剤の選び方のポイントをご紹介しましょう。

 

育毛剤の選び方のポイント

育毛剤はたくさんあり過ぎて、どれを使えば良いのかわからない!という人も多いと思います。そこで本当に効果が期待できる育毛剤の選び方をご紹介しましょう。

 

大切なのは、どんな成分が入っているのか。

そしてその成分は、どんな効果が期待できるのか。

この2つを考えながら、効果の期待できる育毛剤をご紹介していきます。

 

薄毛・抜け毛の原因になるホルモンを抑える成分

薄毛・抜け毛の原因は、DHTという男性ホルモンの影響によるものです。

つまりこのDHTというホルモンを抑制する成分が配合されている育毛剤を選ぶことが大切なんですね。

 

・DHTって何?

薄毛・抜け毛の原因になるDHTとは、毛根付近にある「毛母細胞」を攻撃して、髪の毛を弱らせる「脱毛因子」のことです。髪の毛の細胞分裂を邪魔したり、髪の毛の成長のさまたげになる皮脂の分泌を増やしたりします。

 

血行を促進する成分

薄毛や抜け毛を予防・改善するためには、血行を促進する成分が含まれていることが大切です。頭皮の血行を促進することが、髪の毛に栄養を行き届かせ、健康で強い髪の毛を育てることにつながるからです。

 

・センブリエキス

血行を促進する効果のある育毛剤の成分は、「センブリエキス」が代表的です。このセンブリエキスも、DHTを抑制する作用があると言われています。

 

AGA対策には5aリダクターゼを抑制する成分

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンであるテストステロンが、5aリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変化します。ジヒドロテストステロンとは、DHTのことです。

 

つまり5aリダクターゼを抑制できれば、DHTが増えることはないということです。すなわち、薄毛や抜け毛を予防できるということになりますね。

 

・ヒオウギ抽出液
・オウゴンエキス

DHTを抑制する成分として有効なのは、「ヒオウギ抽出液」や「オウゴンエキス」です。この2つの成分は、とくにAGA対策としては効果が期待できます。

 

DHTを抑制する医薬品もありますが、副作用のことを考えるとチョット怖いですよね。しかしこの2つの成分なら、天然成分なので副作用の心配なく安心して使用することができます。

しかも遺伝による薄毛だとしても、育毛剤で改善することは充分に可能であると考えられるんですよ。

 

毛根に栄養を補給する成分

f:id:m-danjyo:20170523221331j:plain

頭皮の血行を促進したり、薄毛や抜け毛の原因になる男性ホルモンを抑制できても、そもそも毛根に栄養を補給できなければ、薄毛を予防・改善することはできませんよね。

毛根や毛母細胞に必要な栄養成分は、髪の毛をつよく元気にする成分です。

 

・髪を強くするビタミン類やタンパク質
・頭皮の状態を良くするアミノ酸
・髪の代謝や太い毛をつくる亜鉛などのミネラル

髪の毛を元気にするには、毛根に栄養を与えなければいけません。食事による栄養補給も大切ですが、余計な添加物などを摂取することで、毛根まで栄養が届かないことが考えられます。

そのため、毛根に直接栄養を補給する育毛剤が必要なんですね。また育毛の邪魔になる添加物が含まれていない「無添加の育毛剤」を選ぶことも大切です。

 

アミノ酸と言えば「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」が必須アミノ酸と呼ばれています。人間の体には必要な栄養で、頭皮の状態を良くする作用があります。

また天然の植物から抽出したエキスなどは、ビタミンが豊富で髪の毛をつよく健康にしてくれます。

そして髪の生えかわりのサイクルを正常にして、太く元気な髪をつくる亜鉛などのミネラルも重要な栄養となります。

 

・サプリとして体の中から補給することも大事

栄養成分を頭皮の毛根に与えるのも大切ですが、やっぱり体の中から栄養として補給することも大事なんですね。薄毛と抜け毛の対策には、体の外側からと、内側からの両方のはたらきかけが重要なんです。

上で説明しているような成分が配合されているサプリが理想的ですね。

 

育毛剤より医薬品のほうが効果は高いのか?

育毛剤は、一般的には医薬品ではなく「医薬部外品」という分類になります。医薬部外品とは、厚生労働省で「効果がある」と認められた有効成分を配合している商品にのみ与えられる分類です。

それ以外の効果が少ない商品に関しては、医薬部外品と記載できない決まりになっています。そのため医薬品以外で選ぶなら、医薬部外品と書かれている育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

クリニックで処方される医薬品のデメリット

「じゃぁ医薬部外品ではなく、医薬品のほうが効果が高いんじゃないの?」

と思うことでしょう。たしかに医薬品のほうが、薄毛治療としての効果は期待できます。ただしデメリットが大きいので、安全性を考えるとどちらを選ぶべきか迷うところですよね。

 

・医師の処方箋などがないと購入できない

f:id:m-danjyo:20170523221650j:plain

AGA治療やクリニックなどで処方される医薬品は、そもそも一般的に購入できるものではありません。医師の処方箋がないと、基本的には購入できないんですね。

ドラッグストアで売っている医薬品は、薬剤師に相談すれば購入できますが、そもそも医師の診断を受けていないので、あなたに合った薬なのか判断することができません。そのため、副作用に関しては自己責任ということになります。

 

・高額になることが多い

クリニックなどで医薬品を処方してもらうと、定期的に通うことになるでしょう。すると診察費用などと併せて請求されることになり、高額になる可能性が非常に高いです。効果は高いけれど経済的に無理をすれば、そもそも続けられませんよね。それでは何の意味もなくなってしまいます。

 

・副作用が強い

医薬品を購入する一番のデメリットは、やはり副作用ではないでしょうか。それだけ効果が高いということは、副作用も大きいということなんです。これは医薬品の宿命と言えるでしょう。

薄毛治療の医薬品といえば、「ミノキシジル」や「プロペシア(フィナステリド)」が代表的です。

 

ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬でした。そのため副作用としては「血圧が下がり過ぎる」ことが考えられます。

プロペシアは抜け毛を予防する作用が期待できます。しかし男性ホルモンを抑制する作用があるので、副作用として「性欲減退」が考えられるんですね。

 

いきなり医薬品を試すのは抵抗があることでしょうから、まずは副作用のほとんどない天然成分の育毛剤から始めてみましょう。

 

雑誌でも話題!効果が期待できる育毛剤「チャプアップ」 

チャップアップは、育毛効果が認められている有効成分がたっぷり配合されている「医薬部外品」です。

髪の毛を元気にする「アミノ酸」や、「ヒオウギ抽出液」「オウゴンエキス」などの天然由来の成分が47種類も含まれています。しかも無添加なので安心してお使いいただけます。

 

f:id:m-danjyo:20170518153313p:plain

 

多くの雑誌などでも紹介されていて、今いちばん効果が期待できると言われている育毛剤です。

頭皮を健康に保つ「センブリエキス」や、AGA対策としても効果が期待できるDHT抑制の作用も期待できます。

モンドセレクションでも金賞を受賞した実績のある育毛剤です。

 

チャップアップの公式サイトはこちらから

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ 

 

今なら返金保証もついているので安心ですね。

また無料プレゼントとして「ヘッドスパブラシ」もついています。

使い方は、たった1分の簡単ケアなので、無理なく続けられますね。

 

f:id:m-danjyo:20170518154948p:plain

 

有効成分がたっぷり詰まった育毛剤としては、かなりのコスパの高さが人気のヒミツなんです。

無添加で天然成分配合なので、女性でもお使いいただけるのが嬉しいポイントです。

まずは実績のある育毛剤「チャップアップ」の本気の効果を実感してみてください。

 

公式サイトはこちらから

 チャップアップ(CHAP UP)

 

数ある育毛剤の中でも、多くの人が効果を実感しているのはポイントが高いですね。