みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

朝の水洗顔っていいの?皮脂と乾燥を防ぐ洗顔でうるおい肌へ

f:id:m-danjyo:20170521212956j:plain

朝起きたとき、あなたの肌はどんな感じですか?

皮脂でベトついてる? それともカサカサに乾燥してる?

 

肌状態はみんな同じではないので、あなたに合ったスキンケアが必要です。

ちまたでは、朝は水だけで洗顔するほうが肌に良いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

朝「水洗顔」をするメリットとデメリットをご紹介しましょう。

そして洗顔料を使った「朝洗顔」が良いのか、水だけの「水洗顔」が良いのか、考えていきます。

 

そもそも「朝の水洗顔」ってどんな洗顔方法なの?

朝は水洗顔が良いという情報を雑誌などで見かけた人は多いと思います。そもそも朝の水洗顔とは、どんな洗顔方法なのでしょうか。

 

水洗顔はぬるめの水で洗顔する

水洗顔といっても、完全な水で洗顔するわけではありません。冷たい水では汚れや皮脂を落とすことはむずかしいですからね。いくらか冷たいと感じる程度の、ぬるめの水で洗顔するのがベストです。

また、くれぐれもお湯で洗わないようにしてください。洗顔料を使わなくても皮脂を取り過ぎてしまい、肌の乾燥を招いてしまいます。

 

洗顔後に化粧水で拭き取りをするなどケアが必要

朝の水洗顔の方法は、水で洗顔して終わりではありません。水洗顔なら肌がつっぱることもありませんが、化粧水はちゃんと使います。では、どのように使うのか。

それは「拭き取り」として化粧水を使うんです。水洗顔だけでは落としきれない汚れや皮脂が残っています。それを化粧水で拭き取るんですね。コットンに化粧水を染み込ませて、肌をやさしく拭き取りましょう。こすり過ぎないように気をつけてください。

 

朝の水洗顔が適している人ってどんな人?

では、朝の水洗顔が適している人って、どんな人なんでしょうか。肌の状態は日によって違いますので、その日のあなたの肌状態によって決めましょうね。

 

乾燥肌の人もしくは皮脂がほとんどない人

水洗顔が適している人は、日頃から乾燥肌の人、もしくは皮脂がほとんど出ていない人です。年齢的にも皮脂の分泌が極端に減っている場合もありますね。また朝起きて肌を触ったときに、カサカサしているような人は水洗顔に向いています。

むしろ洗顔料で洗ってしまうと、肌への刺激が強すぎてより乾燥してしまいます。その日の肌状態で判断してくださいね。

 

朝の水洗顔のメリットとは?

f:id:m-danjyo:20170521213316j:plain

では、朝の水洗顔をするメリットとしては何が考えられるのでしょうか。

①皮脂を取り過ぎないため
②乾燥を防ぐため
③皮脂の少ない年齢肌を守るため

この3つが水洗顔のメリットです。そもそも肌が乾燥している状態の人は、お湯で洗うだけでも乾燥がすすみます。だからお湯をつかうのは避けましょうね。年齢肌で皮脂の分泌が少ないなら、乾燥から肌を守るためにも水洗顔をおすすめします。

 

注意すべきことは、肌が乾燥している人の中には、乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌している人もいるということ。この場合には、自分でも乾燥肌だと気づいていないことも考えられます。そのため朝から洗顔料でゴシゴシ洗ってしまうことが多いんです。

 

あなたがどちらの肌タイプかわからないなら、水洗顔を試してみる価値はあるかもしれませんよ。はじめはスッキリしないかもしれませんが、いずれ皮脂の分泌量が減ってくれば乾燥肌だったということになりますね。

 

朝の水洗顔が向いていない人はどんな人?

では逆に、朝の水洗顔が向いていない人は、どんな人なのでしょうか。

 

起きたときに皮脂でテカテカしている人

朝の水洗顔が向いていない人は、起きたときに皮脂で肌がテカテカになっている人です。このような肌タイプの人は、皮脂の分泌量が多いので、そのまま放置すると毛穴づまりを起こします。

毛穴がつまると、ニキビなどの肌荒れを引き起こし、たるみやシワなどの原因にもなりかねません。毛穴の皮脂と汚れをしっかりと落とさないと、その上にメイクをして毛穴がよりつまりやすくなってしまうでしょう。

 

・ただし乾燥による皮脂の場合もある

ただし、皮脂の分泌量が多い人の中には、乾燥しているからこそ皮脂が多くなってしまう肌タイプの人もいます。この場合には皮脂を取ることが逆効果になってしまうんですね。どちらのタイプか見極めるには、1週間くらい水洗顔を試してみると良いかもしれません。

でも、もし皮脂タイプだったなら、ニキビができるリスクはありますのでご注意くださいね。

 

朝の水洗顔のデメリットとは?

朝の水洗顔のデメリットは何が考えられるのでしょうか。

①毛穴に詰まった皮脂が取れない
②ターンオーバーによる角質が取り除けない
③ニキビなどの肌荒れを起こす

この3つが朝の水洗顔のデメリットです。乾燥肌だから皮脂が過剰に分泌されている人も、けっきょくは皮脂が出てしまっているわけですから、落とさないといけませんね。でも落とし過ぎると更に皮脂が分泌される可能性があります。では、どうすれば良いのか。

 

それは「洗浄力の弱い洗顔料を使うこと」です。肌に刺激が少ない洗顔料を選びましょう。つまり、夜の洗顔料とは違う「朝専用の洗顔料」を用意すると良いですね。固形の洗顔石鹸もおすすめです。

その時の肌状態に合わせて、使い分ける手間が大切なんです。朝専用だからといって、必ずそれを使う必要もありませんよ。あくまでも、その時の肌状態に合った洗顔料を使いましょう。

 

朝もダブル洗顔が良いと言われていた時もある

ダブル洗顔とは、「メイク落とし」と「洗顔料での洗顔」を行うことです。夜は、ほとんどの人がダブル洗顔をしていることでしょう。でも朝もダブル洗顔が必要だと言われていた時もありました。

なぜなら、寝ている間に皮脂はかなり分泌されているからなんです。

 

f:id:m-danjyo:20170521190055p:plain

 

参考:花王公式サイト▶朝の洗顔で美肌チャンス!

 

そして花王によると、皮脂汚れは水だけでは落ちないと言われています。

とはいえダブル洗顔まですると、肌はかなり乾燥してしまう可能性があります。そのため洗顔料のみの洗顔が良いと言われるようになったんですね。

でも、それでも乾燥してしまう人もいるため、水洗顔が良いというお話も登場したんです。

結局のところ、水洗顔と洗顔料を使う洗顔のどちらが良いのかは、次の通りです。

 

スキンケアの正解は1つではない!

f:id:m-danjyo:20170522133037j:plain

水洗顔と洗顔料を使った洗顔のメリットとデメリットをご紹介しました。

結局どちらのほうが良いのか、わからなくなってしまった人もいるかもしれませんね。結論としては、「スキンケアの正解は1つではない」ということ。

 

何だか丸投げみたいになってしまいましたが、本当にそうなんです。

大切なのは、毎日自分のお肌と対話すること。自分の肌状態をしっかりと熟知しておくことが大切なんです。

あなたの大切は肌は、あなたが一番わかっていないといけないということなんですね。