みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

飲む日焼け止めの効果とメリット!敏感肌・絶対焼きたくない人に内側からの美白ケア

f:id:m-danjyo:20170524085912j:plain

紫外線対策は万全にしているつもりでも、うっかり日焼けしてしまったことはありませんか?

しっかり日焼け止めを塗ったはずなのに、塗り残しがあってそこだけ赤くなってしまった経験がワタシもあります。

 

でも、ここ数年で「飲む日焼け止め」が日本でも販売されるようになったんです。

その日焼け止め効果はどれくらいあるのか。

また、どんな飲み方が効果的なのか。どんな商品を選べば良いのかなどをそれぞれご紹介していきます。

 

飲む日焼け止めの効果とメリット

飲む日焼け止めって、どんな効果があるんでしょうか。塗る日焼け止めと比べてみたメリットを中心にご紹介します。

 

敏感肌の人でも肌トラブルがない

飲む日焼け止めは、敏感肌の人にはとくにおすすめです。日焼け止めは肌への刺激が強いものが多く、どうしても肌トラブルをおこしやすいんですよね。でも飲む日焼け止めなら、当然肌への刺激はゼロです。

ただし飲む日焼け止めだけで100%焼けないわけではありません。そのため塗る日焼け止めと併用するほうがベストです。

 

「じゃぁ、けっきょく塗らないといけないんじゃない!」

と思うでしょうが、飲む日焼け止めを飲んでいれば、肌への刺激が弱いタイプの日焼け止めでも大丈夫でしょう。効果の高い飲む日焼け止めを飲んでいれば、ノンケミカルの日焼け止めなどでもそれなりに効果は発揮してくれるはずです。

 

細かい部分の塗り残しの心配がない

全身に日焼け止めを塗るのは大変ですよね。しかも細かい部分の塗り残しは、どうしてもできてしまうもの。でも飲む日焼け止めなら、そんな心配や手間がいりません。飲むだけで全身の紫外線対策ができるのが最大のメリットでしょう。

ただし、飲む日焼け止めを飲んでいれば100%日焼けしないわけではありません。いつもより、かなり日焼けしにくいというイメージですので、なるべく塗る日焼け止めと併用することをおすすめします。

 

美白効果も高い

f:id:m-danjyo:20170524090244j:plain

飲む日焼け止めの効果は、日焼け止めの効果だけでなく、美白効果も高いと言われています。つまり日に当たった後に飲むと、シミやそばかすができにくくなる効果が期待できるということです。

しかも飲み続けることで、肌が白くなったという人もいるようですよ。どれくらい効いているのかすぐにはわからないかもしれませんが、夏が終わる頃には差がはっきりと出るかもしれませんね。

 

飲む日焼け止めのデメリット

飲む日焼け止めのデメリットは、金額が高いことです。中には安い物もありますが、比較的どれも高いことがデメリットですね。そのため毎日数粒くらい飲むとなると、1ヶ月で1万円以上するものも多いです。

毎日の紫外線対策は塗る日焼け止めにして、海のレジャーや1日中外で過ごすときなどに、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの併用をすると良いでしょう。

 

また飲む日焼け止めは海外製のものも多く、配合されている成分が日本人向けでない場合もあります。海外製は効果が高いものも多いのですが、安全性を考えると日本製のほうが良いかもしれません。

 

飲む日焼け止めは大型雑貨店なら購入できる場合もありますが、ドラッグストアなどでも販売しているところは少ないようです。そのため通販がおもな購入方法となります。実物を見て、自分のペースで購入したい人にはデメリットと感じるかもしれませんね。

 

おもな成分は天然由来のものですので、今のところ副作用の心配はないようです。ただし妊娠中や授乳中はひかえたほうが良いでしょう。

 

飲む日焼け止めの効果的な飲み方

飲む日焼け止めの効果を存分に発揮してもらうためには、どんな飲み方が効果的なのでしょうか。商品によって持続時間などがちがいますが、一般的な飲み方をご紹介します。

 

外出する30~1時間前に飲む

飲む日焼け止めによって、体の中で溶けて作用するまでの時間はちがいます。一般的には錠剤のほうがカプセルよりも溶けるのに時間がかかると考えられます。総合的に考えると、日光を浴びる1時間前くらいに飲むのがベターでしょう。

 

3~4時間後にもう一度飲むと効果が持続する

ほどんどの飲む日焼け止めは、効果が持続する時間が3~4時間くらいです。そのため1日屋外のレジャーを楽しむなら、3~4時間後にもう一度飲むと良いでしょう。

 

毎日飲み続けることで効果アップ

飲む日焼け止めは高価なことが多いので、絶対に日焼けしたくない!という日だけ飲む方法もあります。でも飲む日焼け止めの効果を最大限に発揮させたいなら、毎日飲み続けることで効果がアップします。

からだの中から効いてくるので、焼けにくい体質をつくることもできるそうですよ。とはいえ経済的負担は大きいので、絶対に飲んでほしいタイミングはこちらです。

 

海やプールの時にこそ効果アリ

f:id:m-danjyo:20170524082610j:plain

飲む日焼け止めは、海やプールなどに入っても水で落ちることがないのが嬉しいポイントですよね。そのため水遊びのレジャーの時に飲むようにすると、効果を実感できるでしょう。今までは塗っても塗っても焼けてしまった肌が、紫外線の刺激を受けていないことにビックリするかもしれません。

 

飲む日焼け止めの選び方

飲む日焼け止めはいくつか種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか。

 

安全性を重視するなら国産

海外の製品が安全ではないということではありません。日本製のほうが日本人の体質や体格などに合わせてつくられているということです。海外製だと成分の配合している量が多いなど、日本人には強すぎることがあるようです。

また添加物なども心配です。日本製を選ぶ際にも、なるべく添加物は含まれていない物のほうが良いでしょう。

 

効果のある成分を確認する

飲む日焼け止めとして効果が確認されている成分は、「ニュートロックスサン」です。これはシトラスやローズマリーから抽出した天然由来の成分で、ポリフェノールの一種です。

紫外線を浴びると活性酸素が体内に発生しますので、酸化を防ぐ「抗酸化作用物質」が必要なんです。その最たるものがポリフェノールですよね。ニュートロックスサンが日焼け止め効果があることは確認されているそうです。

 

飲む日焼け止めは自分に合った飲み方で

f:id:m-danjyo:20170524090415j:plain

飲む日焼け止めの効果や飲み方をご紹介しました。

ここぞという時にこそ飲む方法と、毎日飲んで体の中から美白ケアする方法があります。コスト面のデメリットと相談しながら、自分に合った飲み方で紫外線対策をしましょうね。

 

また飲む日焼け止めはサプリですが、有効成分が配合されているので体質に合う合わないということはあるかもしれません。飲み続けて何らかの不調を感じたら、服用を考えたほうが良いでしょう。

中にはアレルギー症状を誘発する成分もあるようなので、体の変化には気を配っておくようにしてくださいね。