みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

つむじハゲの原因はこれだった!頭頂部から広がる薄毛を改善する方法

f:id:m-danjyo:20170525135341j:plain

つむじ(頭頂部)が薄いのが気になる!

「そろそろヤバイんじゃない?」なんて友人に指摘されたあなた。

 

自分ではあまり見えない場所だからこそ、人に言われるとショックも大きいですよね。

いわゆる「つむじハゲ」は、男性の薄毛の前兆なんです。また男性だけでなく、女性でも薄くなる危険がある場所。それが、つむじ。

 

今回はつむじハゲの原因と対策について、徹底的にご紹介していきます。

 

つむじハゲってどういう状態?

頭のてっぺんにはつむじがありますが、その部分の頭皮が透けて見えている状態です。それが段々広がっていき、いずれは「O字ハゲ」と呼ばれる状態に進行すると考えられます。「AGA(男性型脱毛症)」の一種ですね。

また女性の場合には分け目などが薄くなり始めて、「FAGA(女性男性型脱毛症)」「びまん性脱毛症」に進行していくと考えられます。

 

地肌が赤っぽくなっている

つむじハゲになりかけの場合は、頭皮の地肌が赤っぽくなっていることが多いです。茶色っぽいこともあります。これは「日焼けしている」ということ。紫外線の刺激を浴びて、頭皮がダメージを受けている証拠ですね。

ふつうは白いか、青白いくらいであることが多いそうです。あなたのつむじは、何色ですか?

 

つむじ周辺の髪が細い・短い

つむじハゲになりかけの人は、つむじ周辺の髪が細いか短いという特徴があります。髪が細いのは、頭皮に影響が届かず弱っている証拠。髪が短いのは、髪が抜けるまでのヘアサイクルが短くなっている証拠。つまり薄毛になる前兆と言えるでしょう。

 

つむじハゲになりやすい人ってどんな人?

・肉や脂っこい食べ物が大好き

・アルコールやタバコなどの嗜好品をやる

・ストレスがあり、生活習慣が乱れている

・頭皮が脂っこくニオイもある

・フケが多い

・肥満気味になっている

などなど、たくさんあります。

 

これは、つむじハゲに限ったことではなく、薄毛になりやすい人の特徴と言えます。

つむじハゲに限定すると、「つむじ周辺にフケが多い」ことや、「つむじ部分がベトベトしている」などが挙げられます。

 

つむじハゲの原因って?

つむじハゲの原因は、たった1つしかありません。

それは「つむじ(頭頂部)」の血行不良です。つむじは頭のてっぺんですから、血行が悪くなりやすいんです。なぜなら、重力によって血液が上に向かって流れにくいからです。つまり、つむじは誰でもハゲやすいと考えられるんです。それは女性も例外ではありません。

 

その証拠に、頭頂部の髪の毛って抜けやすいですよね。ワタシはつむじ付近の髪の毛がチリチリに縮れていると、抜きたい衝動にかられて、たまに引っこ抜いてしまいます。縮れ毛が気になって仕方ない時があるんですね。抜毛症ではありませんけど。その時に感じたのが「頭頂部の髪を抜いても、あまり痛くない」ということ。

 

だからつむじの毛は抜けやすいと考えられます。つまり、それだけ血行が悪く、弱っているということ。でもすべての人がつむじハゲにならないのは、そこまでは血行が悪くなっていないからです。すごく血行が悪い人は、つむじハゲになってしまうということですね。

 

つむじが血行不良になる理由

つむじハゲの原因が血行不良なら、つむじが血行不良になる理由を考えてみましょう。以下のような理由から、つむじの血行が悪くなると考えられます。

 

f:id:m-danjyo:20170525140020j:plain

 

・ストレス

・運動不足

・睡眠不足

・食生活の乱れ

・喫煙

・アルコール

・肩こり

 

などですね。

肩こりなんて関係なさそうですが、頭皮に近いので頭皮の血行不良を招く原因になるんです。つまり頭皮の血行を良くしようと思うなら、肩こりから改善しなければいけないということになります。

 

血行不良かどうか確認する方法

では、どうやって頭皮が血行不良かどうかを確認すれば良いのでしょうか。それは、頭皮の状態を触って確認すれば、すぐにわかります。

 

まず頭皮を触ってみて、冷たく硬くなっていれば、血行不良ということです。その場合には、薄毛が進行中もしくは、これから進行しようとしている状態です。今すぐ頭皮マッサージをはじめて、つむじハゲを改善しないといけませんね。

 

つむじハゲを改善する方法

ではつむじハゲは、どのように改善すれば良いのでしょうか。

 

生活習慣をととのえる

まずは生活習慣をととのえることが基本ですね。いくら頭皮マッサージなどをしても、生活習慣を改善しなければ根本的な解決にはなりません。生活習慣は、さまざまなことが当てはまりますね。

食生活、睡眠、運動、ストレス解消、喫煙・アルコールなどです。すべてを解決するのはむずかしいかもしれませんが、それぞれを今よりも少し改善することはできるのではないでしょうか。

 

頭皮マッサージをする

頭皮マッサージは、つむじハゲを改善するためにとても効果的です。つむじハゲに限らず、どんな薄毛にも効果が期待できますし、薄毛が気にならない人にも良いんです。

頭皮は誰でも血行不良になりやすい場所のため、薄毛になっていなくても血行が悪くなっている可能性はあります。男性も女性も、若い人も中年の人も高齢の人も、誰にでもおすすめします。

 

手順は次の通りです。

入浴前にブラッシングをして、頭皮の汚れを浮かす

まずは入浴前に柔らかいブラシで、髪をとかしましょう。頭皮にやさしく当たるくらいの力で、頭皮の汚れを浮かします。

 

髪を洗いながら、頭皮マッサージ

f:id:m-danjyo:20170525140745j:plain

髪をしっかりと濡らして、頭皮まで水分を浸透させます。いくらか頭皮の汚れをお湯で落としたら、いよいよシャンプーです。シャンプーはよく泡立ててから髪に乗せます。

頭皮を揉みほぐすようなイメージで、やさしく指の腹で頭皮をマッサージしましょう。シャンプーの刺激もあるので、あまり強くこすり過ぎないように注意してくださいね。

爪も立てないで、頭皮を傷つけないようにしましょう。しっかりと頭皮のシャンプーまで洗い流してください。

 

入浴後にメインの頭皮マッサージ

シャンプー中の頭皮マッサージは、ついでのようなものです。入浴後の頭皮マッサージがメインなんです。薄毛が気になる人は、自分に合った育毛剤で頭皮に栄養を与えながら頭皮マッサージをしましょう。

まだ薄毛が進行していない場合には、何もつけなくてもOKです。頭皮用の保湿ケアをつけても良いでしょう。

 

頭皮マッサージの仕方は、5本指の腹をすべて頭皮に当てます。

頭皮をこするのではなく、頭皮を動かすようにマッサージします。

 

首の後ろの生え際から、頭頂部に向かって頭皮マッサージをしていきましょう。血行を促進させるには、下から上へが良いそうです。つむじに血流を集めるようなイメージですね。

頭皮が硬い人は、頭皮があまり動かないでしょう。それでも毎日マッサージをやってみてください。数ヶ月後には、頭皮の血行がかなり促進されているはずですよ。それくらい長期的に行う必要があります。

 

耳の後ろあたり、こめかみのあたり、おでこの上あたり、後頭部より少し上あたりなど、ポイントごとに頭皮マッサージをしてみましょう。もちろん、つむじもね。終わったら頭がスゥ~っとして気持ちいいですよ。

 

つむじハゲを予防すると全ての薄毛予防になる

f:id:m-danjyo:20170525135044j:plain

つむじハゲの原因と改善方法をご紹介しました。

つむじハゲの危険とは、誰にでも起こり得るということ。これが一番こわいですよね。だからこそ、自分でも気づかないうちに、薄毛が進行していることも多いのでしょう。

 

そうなる前に頭皮マッサージをして、血行が悪くなりがちなつむじの血行促進をしてくださいね。そして薄毛の悩みを解消していきましょう。