みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

生理前に痩せないのはなぜ?ダイエット失敗の理由と効果的に痩せる裏ワザ

f:id:m-danjyo:20170526204532j:plain

生理前って、なぜか痩せられないんですよね。

それどころか太ってしまった!なんて人も多いと思います。

 

順調に痩せていた人にとっては、メンタルが折れてダイエットを投げ出したくなることでしょう。

 

それは女性にとって永遠の悩みでもありますが、自分のからだのことをよく知れば解決できます。

では、生理前になると痩せなくなる理由と、効果的に痩せる裏ワザをご紹介しましょう。

 

生理前や生理中にダイエット失敗した理由

生理前1週間くらいから、女性ホルモンである「プロゲステロン」の分泌が多くなります。この女性ホルモンは食欲を旺盛にして、栄養や水分を体内にため込もうとする作用があります。その理由は「妊娠にそなえるため」なんです。

妊娠するかもしれない時期にそなえて、体が栄養をたくわえる準備をはじめるんですね。そのため食欲が増して、栄養をどんどん補給しようとします。また水分もため込むため、むくみやすく代謝が低下するんです。

 

この状態で痩せるのは、なかなかむずかしいですよね。これが生理前から生理中に痩せない理由です。

では、具体的にダイエット失敗につながった理由は何でしょうか。

 

食欲をコントロールできなかった

f:id:m-danjyo:20170526204456j:plain

生理前のダイエットに失敗した理由は、食欲をコントロールできなかったからです。つまり、女性ホルモンである「プロゲステロン」のはたらきをコントロールできなかったということになりますね。

 

「女性ホルモンをコントロールするなんて、できるわけない」と思うかもしれませんが、ある程度は生活習慣などでコントロールすることができます。規則正しい生活とストレスをためない生活ですね。食欲を物理的にコントロールする方法もあります。

 

イライラしてメンタルが崩壊していた

生理前から生理中にかけては、イライラして精神的に安定できないですよね。もちろん、これも女性ホルモンのバランスが崩れているためです。

このようにイライラしてメンタルが崩壊している状態のときに、ダイエットをして空腹感を我慢するのは、かなりつらい作業のはずです。そのため我慢しきれなくなり、ダイエットが失敗してしまったと考えられます。

 

精神的にブルーになり運動する気になれなかった

生理前に突入するまでは、順調に運動によって痩せていたかもしれません。でも生理前から生理中になると、精神的にブルーな気分になり、運動する気分になれなかったことでしょう。

仮にその状態で無理やり運動を続けても、代謝が低下しているのでほとんど痩せません。しかも精神的に破滅的な状態で無理やり運動をするのは、かなりストレスになります。どちらにせよ、ダイエットは失敗する結果になったはずです。

 

生理前でも効果的に痩せる裏ワザとは?

では、上記のようなダイエット失敗の理由をふまえて、生理前でも効果的に痩せる方法はあるんでしょうか?

では、その裏ワザをご紹介していきます。

 

食欲をおさえる食べ物を食べる

生理前のダイエットを成功させる方法は、物理的に食欲をコントロールすることです。それは、食欲をおさえる「満腹感を得やすい食べ物」を食べるということ。そうすることで物理的にお腹がふくらみ、食欲をコントロールすることができます。

 

とくにお腹をふくらませることができる「食物繊維」を多く含む食べ物や、食欲の原因となっている女性ホルモンのはたらきを抑制してくれる「大豆イソフラボン」を多く含む食べ物を食べましょう。

このような食べ物をいつも以上に積極的に食べることで、食欲をある程度おさえることができます。

 

血糖値が上がりにくい低GI食品で脂肪の蓄積を防ぐ

f:id:m-danjyo:20170526205307j:plain

人はお腹が空くと、血糖値が下がります。そして食べ物を食べると、血糖値が上がります。血糖値が急激に上がる食べ物を食べると、脂肪が蓄積されやすくなるんです。それなら血糖値が上がりにくい食べ物を食べれば良いということになりますね。

それが「低GI食品」と呼ばれるものです。血糖値がゆるやかに上昇するため、脂肪が蓄積されにくく、太りにくくなると言われています。糖尿病の改善にも効果的な食品です。

 

低GI食品はいろいろありますが、たとえば「蕎麦」や「玄米」、「さつまいも」や「大豆製品」などです。満腹感も得やすい食べ物ですから、生理前の驚異的な食欲もコントロールすることができるでしょう。

 

女性ホルモンのバランスを整える豆乳ダイエットをする

生理前や生理中は、女性ホルモンのバランスが乱れます。生理前は「プロゲステロン」の分泌が活発になり、「エストロゲン」の分泌が減ります。

この「エストロゲン」と似たはたらきをする「大豆イソフラボン」を摂取することによって、女性ホルモンのバランスをキープすることができるでしょう。そこでオススメなのが「豆乳ダイエット」です。豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれていますので、生理前のダイエットに最適です。

 

やり方はカンタン。生理前の1週間だけ、1日200mlの豆乳を飲むだけです。

生理が始まったら豆乳を飲むのをやめましょう。豆乳を飲み続けると、豆乳の効果が作用しにくくなってしまいます。また豆乳を飲み過ぎると、大豆イソフラボンの過剰摂取になり、生理不順などの過剰症を引き起こす危険があります。

 

リラックス効果のあるスローエクササイズで代謝アップ

 

生理前から生理中にかけては、無理に運動をする必要はありません。できるだけリラックスすることが大切です。ただし、生理を理由にしてだらけた生活になってしまうと、代謝が低下して生理後にも痩せにくくなってしまいます。

それに生理中は血行不良が起きていますから、血行を促進するスローエクササイズは効果的なんです。リラックス効果も得られるのでオススメですよ。

 

呼吸法を実践しながら、ゆったりとした動きをする「ヨガ」や、ゆっくりとウォーキングするのも良いでしょう。心拍数を上げるような運動は、この時期だけはあまりやらないほうが良いと言えます。

 

女性ホルモンを制する者はダイエットを制する

f:id:m-danjyo:20170526205533j:plain

生理前に痩せない理由と、効果的に痩せる裏ワザをご紹介しました。

生理前から生理中のダイエットは、女性ホルモンがすべてのカギを握っています。でも女性ホルモンに体を支配されてしまっては、自分でコントロールすることができませんよね。

 

女性ホルモンのバランスがなるべく崩れないようにして、体重の増減をおさえるコツをつかむことが大切です。つまり「女性ホルモンを制する者は、ダイエットを制する」と言えるのではないでしょうか。

 

女性ホルモンをコントロールできるようになれば、さまざまな女性特有の不調を管理することもできます。肌荒れやイライラ、生理不順や更年期障害なども緩和することができるでしょう。

女性ホルモンのバランスを整えるような生活ができるようにしましょうね。