みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

お腹周りの脂肪を落とすダイエット!すぐに効果がでる簡単エクササイズ

f:id:m-danjyo:20170527192908j:plain

昔みたいなくびれを1日でも早く取りもどしたい!

そんな衝動にかられることってありませんか?

 

ウエストに贅肉が乗っかるようになってきた!

と焦っていませんか?

 

年齢とともに太りやすくなるとはいえ、気がついたら昔の面影が消えていますよね。

これはマズイと思ってダイエットをするけれど、なかなかお腹周りは痩せてくれないんです。

 

それは、やり方が間違っているのかもしれませんよ。

ウエストを細くする、お腹周りダイエットの方法をご紹介します。

 

ポッコリお腹の原因は?

年齢とともにお腹がポッコリと出てくるのは、何が原因なのでしょうか。

 

男性に多い内臓脂肪がたまっている

内臓の周りにつく脂肪のことを内臓脂肪と言います。高カロリーな食生活や甘い物などを好んで食べている人は、内臓に脂肪がつきやすいです。また男性のほうが内臓脂肪がつきやすいと言われています。

その理由は、男性ホルモンと関係しているようです。筋肉を動かすためのエネルギーとなるのが、じつは内臓脂肪なんです。内臓脂肪はすぐに使うことができるエネルギー源なので、女性につきやすい皮下脂肪よりも落としやすいと言われています。

 

女性に多い皮下脂肪がたっぷりある

人のお腹には、大切な臓器がたくさん詰まっています。それを守るために、お腹に脂肪がつきやすいと言われています。とくに女性の場合には、いちばん大切な子宮などがある部分です。そのため男性よりも皮下脂肪がつきやすいと言われています。

女性にとっていちばん大切な部分を皮下脂肪が守ってくれているんですね。まさにクッションの役割をしてくれているんです。本当にクッションみたいですもんね。(ワタシだけかも…)

 

ポッコリお腹がなかなか減らない原因とは?

内臓脂肪も皮下脂肪も、ポッコリお腹の原因は、運動不足や食べ過ぎによるものがほとんどです。その脂肪を落とすには、食事か運動のどちらかしかありません。

運動ならば、内臓脂肪を落とすには「有酸素運動」、皮下脂肪を落とすには「無酸素運動」の後に「有酸素運動」が効果的だと言われています。

なかなかポッコリお腹が減らない原因は、もしかしたら間違った運動を行っているのかもしれません。

 

くびれをつくるお腹周りダイエットを実践!

くびれをつくるお腹周りダイエットを実践してみましょう。エクササイズの前に、カンタンな方法からご紹介します。

 

お腹のリンパマッサージ(皮下脂肪を落とす)

脂肪が増えるのは、血行が悪くなっていることが原因です。そのため血行を促進してあげると、脂肪は落としやすくなるんですね。とくに脂肪が硬く固まっている場合には、柔らかくしてからでないと落ちません。

 

そのためにも効果的なのが、お腹のリンパマッサージです。

  1. お腹の脂肪をつかんで、あまり痛くない程度にマッサージをします。わき腹、横っ腹、下っ腹など順番にマッサージしていきましょう。
  2. おへそを中心にして、手のひらでお腹全体をさすります。
  3. 両手の親指で届く範囲の腰の部分(ややわき腹寄り)を指圧します。
  4. 足の付け根の股関節の部分を、手のひらで滑らせるようにリンパマッサージします。
  5. ワキの下から腰までの体の側面を、手のひらで滑らせるようにマッサージします。

 

ここまでマッサージすれば、お腹周辺の血行は促進されるでしょう。痛みがある部分はリンパがとどこおっている可能性がありますので、少しずつ慣れていきましょう。

 

食べ過ぎずに腹八分目を守る(内臓脂肪を落とす)

f:id:m-danjyo:20170527192630j:plain

お腹の脂肪を落とすには、食べ過ぎは禁物です。ダイエットなのだから当たり前ですが、ただ単に食事量を減らすだけではありません。

栄養バランスが崩れているのに、食事量を減らしてもなかなか痩せられないのです。そのため栄養バランスの良い食事をした上で、腹八分目を守ることが大切なんです。

 

すべての栄養を摂るのはむずかしいですが、なるべく色々なものをバランス良く食べましょう。とくにタンパク質を減らしてはいけません。なるべく低カロリーのタンパク質を摂り、ビタミンやミネラルもしっかり摂りましょう。

タンパク質については、大豆などの植物性タンパク質も高タンパク低カロリーなのですが、動物性タンパク質も摂らないと痩せにくい体質になってしまうことが研究でわかっています。できるだけ毎食でタンパク質を摂りましょう。

 

お腹の脂肪を落とすエクササイズ

ではお腹の脂肪を落とすエクササイズをご紹介しましょう。

 

腹式呼吸のドローイン(内臓脂肪を落とす)

ドローインとは、腹式呼吸をつかったエクササイズです。呼吸法だけのエクササイズなので、つらい運動はありません。1日2~3セット行いましょう。

 

  1. 床に仰向けに寝ます。
  2. お腹に手を置き、息を吐きながらお腹をへこませていきます。このときに背中が持ち上がらないように、床に背中をつけておきます。
  3. お腹がへこみきったところでキープして、呼吸は小さく続けます。30秒間キープしましょう。
  4. これを1日3回おこないましょう。肩幅に足を開いた状態でもできます。

 

この呼吸法でお腹のインナーマッスルが鍛えられるので、内臓脂肪を落とす効果も期待できます。また体の深部の筋肉が鍛えられることで、痩せやすい体質により近づけることでしょう。

カンタンで楽なのに、効果が絶大なドローインをぜひ実践してみてください。

 

マウンテンクライマー(皮下脂肪&内臓脂肪を落とす)

皮下脂肪と内臓脂肪の両方を落とすのに効果的なエクササイズが、マウンテンクライマーです。比較的全身を使う筋トレが効果的なんですね。でもお腹に効いているのがわかります。

 

こちらの動画では、基本のマウンテンクライマーから、いろいろなアレンジを紹介しています。ふつうはもっとハイペースで行うのですが、これくらいスローペースで行うとより体幹を鍛えられるでしょう。

www.youtube.com

 

これなら女性でもできそうですね。はじめはけっこうツライかもしれませんが、毎日やっていると慣れてくるでしょう。

 

バーピージャンプ(皮下脂肪&内臓脂肪を落とす)

www.youtube.com

あなたが運動部だったなら、きっと一度はやったことがある「バーピージャンプ」

これも全身運動なので、皮下脂肪と内臓脂肪の両方に効果があります。初めはなかなかツライかもしれませんが、カンタンなのでぜひ挑戦してみてくださいね。

短期間でお腹周りの脂肪を落とすことができるでしょう。

 

ウエストを細くするにはエクササイズの組合せが大事

f:id:m-danjyo:20170527191931j:plain

ウエストを細くする方法をご紹介しました。

これを毎日つづければ、確実にポッコリお腹が解消してくるはずです。どれか1つのエクササイズを実践するのではなく、いくつかの方法を組合せると効果的です。

 

また食事とマッサージも取り入れて、総合的なダイエットをするのをおすすめします。

慣れてくると、体調が良くなるのがわかります。年齢に負けずに、元気に毎日を過ごしましょう。