みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

敏感肌でも安心の日焼け止め!肌にやさしい日焼け止めで紫外線カット

f:id:m-danjyo:20170527160213j:plain

敏感肌の人は、日焼け止めを塗っただけで肌荒れして大変ですよね。

肌が赤くなってしまったり、かゆくなってしまったり……。

そのように肌が弱い人は、どんな日焼け止めを選べばよいのでしょうか?

 

赤ちゃんにも使える日焼け止めなら、敏感肌でも安心して使えそうですよね。

紫外線をしっかり防ぐはたらきがあり、なおかつ肌にもやさしい日焼け止めは、どんなタイプを選べばよいのか探してみましょう。

 

肌にやさしい日焼け止めの条件とは?

まずは肌にやさしい日焼け止めの基本的な条件をご紹介します。ここをクリアしていない日焼け止めは、なるべく使用しないほうが良いと考えられます。

 

ノンケミカル・紫外線吸収剤を使ってない

肌にやさしい日焼け止めは、ノンケミカルであることが大前提です。ノンケミカルとは、化学物質を使っていないということです。日焼け止めには「紫外線吸収剤」を使っているものと、「紫外線散乱剤」を使っているものがあります。

紫外線吸収剤は肌への負担が大きく、これが含まれていない日焼け止めをノンケミカルと呼びます。

 

無香料・無着色のもの

香料や着色料は合成成分でできているので、使用されていない日焼け止めを選ぶと良いでしょう。ただし、無香料・無着色でも、ほかの合成成分を使っていることもあるようです。1つの表示にまどわされずに、全体の成分をチェックするようにすると良いですね。

 

無添加で防腐剤を使用していないもの

香料・着色料無添加と書かれている場合には、ほかの合成成分が使われていることもあります。とくに防腐剤はさまざまな化粧品に使われているとはいえ、毒性が強い成分です。敏感肌の人は注意が必要でしょう。

 

肌になじみやすい日焼け止めは危険?

肌になじみやすい日焼け止めとは、塗り心地がサラっとしていて、白浮きしにくいタイプですよね。この条件を満たしている日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤を使用していて、しかも界面活性剤も使用していると考えられます。

一般的に販売されている日焼け止めのほとんどは、このタイプの日焼け止めになります。じつはこれこそ肌に良くない日焼け止めなんです。使い心地が良いのでつい使いたくなりますが、慎重に選ぶようにしましょう。

 

ノンケミカルでもナノ化しているのは危険?

ノンケミカルの日焼け止めは、敏感肌でも使えるくらい肌への負担が少ないと言われています。しかし白浮きしやすかったり、使用感がベトベトしているのがデメリットでした。それが改良されて、最近では肌になじみやすい日焼け止めが増えています。

 

ここが危険ポイントです!

ノンケミカルの日焼け止めには、「酸化チタン」や「酸化亜鉛」が含まれています。これらの成分をナノ化すると、肌の奥まで浸透されることになります。それにより塗り心地が良くなると考えられているのです。

しかし良く考えてみてください。肌に良くないと言われている日焼け止めが、肌の奥まで浸透するというのは怖いことですよね。

 

肌の奥まで浸透することにより、体内に取り込まれる危険性があると考えられているのです。それが皮膚ガンの原因にもなりますし、金属物質が体内に蓄積される恐れもあります。ハッキリとしたことはわかっていませんが、このような可能性があるということは頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。

 

アトピー性皮膚炎の人の日焼け止めとは?

アトピー性皮膚炎の人は、紫外線の刺激によって症状が悪化してしまうことがあります。とくに肌のバリア機能が失われていることが多いので、紫外線による肌の乾燥もひどくなると考えられるんです。

アトピー性皮膚炎の人にとって、紫外線対策は最重要事項と言えるでしょう。とは言っても、日焼け止めも肌に悪いと言われていますから、肌が弱いアトピーの人は厳選しないといけませんね。

 

とくに以下の成分が、アトピー性皮膚炎の人に良くないと言われています。

・石油系界面活性剤
・合成香料

これらの成分は、肌そのものに刺激を与えるので、アトピー性皮膚炎の人は避けたほうが良いでしょう。

 

また天然成分やオーガニックの割合が多いものを選ぶようにすることです。これらの成分の規定は非常にゆるいので、ほんのちょっとでも配合されていれば「オーガニック」とか「天然」という言葉を使えるようになっています。

できるだけ100%に近いものを選びましょう。

 

さらに天然以外の成分にも注意してください。天然成分が配合されてはいるものの、それ以外の成分に添加物が含まれている可能性もあります。

 

敏感肌・赤ちゃんでも使える日焼け止めとは?

f:id:m-danjyo:20170527154602j:plain

敏感肌の人は、赤ちゃんでも使える日焼け止めなら安心して使えそうですよね。でも紫外線カットの機能はちゃんとあるのでしょうか。

 

赤ちゃんに日焼け止めを使ってもいいの?

赤ちゃんの肌は、紫外線に対して敏感に反応してしまいます。そのため赤ちゃんの紫外線対策は必須と言えるでしょう。とはいえ赤ちゃんの肌に日焼け止めを塗るのは、ちょっと怖いですよね。できれば、なるべく紫外線に当たらないような工夫をすることがいちばん大切です。

 

でも紫外線が当たってしまうくらいなら、やはり日焼け止めを塗ったほうが良いでしょう。生後3ヶ月くらいから使える日焼け止めもありますので、メーカーによる使用上の注意をよく確認して買うようにしましょう。

 

SPFやPAの低いものを選ぶ

SPFやPAの数値などが高いものは、日焼け止めの効果が高いものになります。それは良いことのようにも思えますが、SPFやPAの数値が高いほど肌への負担が大きくなるんです。そのため敏感肌の人や赤ちゃんに使う日焼け止めは、なるべく数値の低いものを選ぶようにしましょう。

 

お湯だけで落とせるものを選ぶ

赤ちゃんでも使える敏感肌専用の日焼け止めは、お湯だけ、もしくは石鹸だけで落とせるタイプもあります。ということは、ウォータープルーフではないので、汗でも落ちやすいということになります。

小まめに塗り直すことが必要になりますが、それでもお湯だけで落とせるタイプをおすすめします。

 

日焼け止めを落とす時こそ肌ダメージを受ける

日焼け止めが肌にダメージを与える理由は、日焼け止めの成分のほかにもう1つあります。それは「日焼け止めを落とすときに、肌にダメージを与えること」なんです。

日焼け止めはメイク落としや専用のクレンジングでないと、キレイに落とすことができません。また汗や皮脂で落ちないように、ちょっとやそっとでは落ちないようにできています。つまりクレンジングの時に、肌を摩擦することが考えられるわけです。

 

このように、肌をこすり合わせることこそ、肌に最もダメージを与えている瞬間なんです。またクレンジング剤は肌にダメージを与え、乾燥をまねく原因になります。そのため敏感肌の人には、お湯や石鹸だけで洗い流せる日焼け止めが最適なんですね。

 

低刺激の日焼け止めを選ぼう

f:id:m-danjyo:20170527155640j:plain

肌にやさしい日焼け止めの選び方をご紹介しました。敏感肌でも安心して使えるのは、低刺激の日焼け止めですね。

配合されている成分にも注意してみましょう。紫外線カットの効果は、塗り直すことでカバーできます。そのため、肌にやさしい成分を選ぶことが大切ですよ。