みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌荒れしない日焼け止めの落とし方!日焼け止めの種類によって落とし方が違った

f:id:m-danjyo:20170528152914j:plain

肌を守るために日焼け止めを塗っているのに、日焼け止めが原因で肌荒れしてしまった!

そんな悩みを抱えている人は多いことでしょう。

 

そんなあなたに、日焼け止めの正しい落とし方をご紹介します。日焼け止めの種類によって、落とし方が違うんです。そのポイントをご紹介しますね。

 

日焼け止めが原因で肌荒れする理由

日焼け止めって肌を紫外線から守ってくれているはずなのに、その日焼け止めが原因で肌荒れするなんて悲しいですよね。なぜ肌荒れを起こしてしまうんでしょうか?

 

肌への刺激が強すぎる日焼け止めを使っている

日焼け止めで肌荒れする理由は、肌への刺激が強すぎる日焼け止めを使っているからです。肌への刺激が強いということは、落としにくい日焼け止めだと考えられるんです。

たとえばSPFの数値が高い日焼け止めは、比較的落としにくいと言われています。SPFは関係ないという意見もありますので、1つの基準としてお考えください。

 

また肌の奥まで浸透するタイプの日焼け止めは、肌の奥までクレンジングするのはむずかしいでしょう。その場合は肌トラブルが起きるというよりも、皮膚ガンなどの心配があります。成分をチェックして日焼け止めを購入しましょう。

日焼け止めの選び方は、こちらを参考にしてみてください。

敏感肌でも安心の日焼け止め!肌にやさしい日焼け止めで紫外線カット 

 

オイルクレンジングなど洗浄力が強くないと落ちない

日焼け止めの落とし方は、メーカーや商品によって違います。お湯だけで落とせるものもあれば、洗浄力の強いオイルクレンジングでないと落ちないものもあります。中には、専用のクレンジング剤でないと落とせないものもあるんです。

日焼け止めに記載されている内容をチェックして、どのようにして落とすのかを確認してから日焼け止めを購入しましょう。専用のクレンジング剤でないと落とせないなら、セットで購入しないといけませんからね。

 

日焼け止めをキレイに落としきれていない

多くの日焼け止めは、汗で流れ落ちないように、ある程度は落ちにくくつくられています。そのためしっかり落としきらないと、肌トラブルを招きます。

日焼け止めを塗るときは隅々まで丁寧に塗っているのに、なぜか日焼け止めを落とすことに対しては無頓着になることが多いようです。

 

日焼け止めをキレイに落としきれていないと、毛穴づまりを起こしてさまざまな肌トラブルを招きます。とくに見落としがちな小鼻の周りや耳の後ろなど、フェイスラインやうなじなども見落とさないようにしっかり落としましょうね。

 

洗った後の保湿を充分にやっていない

日焼け止めには、肌が乾燥しやすい成分が多く含まれています。ということは、ただ塗っているだけでも肌バリアを失い、どんどん乾燥してしまうんです。

たとえ日焼け止めをキレイに落としきれたとしても、その後の保湿ケアをおこたると、肌の乾燥は進行してしまいますよね。肌の乾燥が進行すると、いずれはシミやシワの原因にもなります。

 

日焼け止めが原因の肌トラブルとは?

日焼け止めが原因で肌トラブルが起きることって、けっこう良くありますよね。どんな肌荒れが起きるんでしょうか?

 

「かぶれ」「かゆみ」「腫れ」などがある

多くの日焼け止めに含まれている成分に「紫外線吸収剤」と「界面活性剤」があります。おもにこの2つの成分が、腫れやかぶれを引き起こすようです。

腫れといっても、どちらかというと「何となく顔がむくんでいる」という感じです。そして次第に赤みを帯びて、かゆみをともなうことがあります。

 

肌がカサカサに乾燥する

f:id:m-danjyo:20170528091544j:plain

日焼け止めには、肌を乾燥させる作用があります。そのため長時間の使用は、肌にとって負担になると言われているんですね。

その日焼け止めが肌に残っているということは、どれほどの負担がかかるか想像できますよね。お肌があまりにも、かわいそうです。

 

最近は保湿ケアもできる日焼け止めがありますが、日焼け止めが肌に浸透しそうでチョットこわいです。それよりも保湿ケアをしっかりしてから、日焼け止めを塗るほうが良いでしょう。

 

・その結果としてシミやシワができる

日焼け止めが肌に残って乾燥すると、その結果としてシミやシワができることがあります。もちろんすぐには現れませんが、数年後か10年後の肌を見るのがこわくなります。

そもそも紫外線の刺激でシミやシワを防いでいるのに、日焼け止めが原因でシミやシワができるなんて残念すぎますよね。

 

ニキビや毛穴の黒ずみになる

日焼け止めが肌に残っていると、毛穴づまりを起こします。カンタンには落ちない日焼け止めですから、いつまでも毛穴に残って、毛穴をふさぎ続けます。しかもその上から、さらに日焼け止めを塗り続けますよね。するとどうなるでしょう?

毛穴の黒ずみやニキビなどの原因になりますよね。

そこからは、肌トラブルのオンパレードです。ニキビの上に日焼け止めを塗り、落としきれないでニキビが悪化する。新たなニキビができて、それもまた悪化する。もう止まりませんね。

 

肌トラブルを防ぐ正しい日焼け止めの落とし方

肌トラブルを防ぐ、正しい日焼け止めの落とし方をご紹介しましょう。まずは日焼け止めに記載されている落とし方を確認しましょう。その通りに落としてください。

 

ウォータープルーフの日焼け止めの場合

ウォータープルーフタイプが、日焼け止めの中ではいちばん落としにくいです。そのため洗浄力の強いクレンジング剤を使う必要がありますね。日焼け止めによっては、専用のクレンジング剤でないと落とせない場合もありますので、その場合は専用のクレンジングを購入しましょう。

専用クレンジングが必要ない場合は、オイルクレンジングがベストです。しかしオイルクレンジングは肌の乾燥をまねきます。洗顔後の保湿は充分におこないましょうね。

 

・オイルクレンジング以外のオイルを使うなら?

オイルクレンジングは肌刺激が強いので使いたくないという場合は、椿オイルやホホバオイルなどが保湿も同時にできて良いそうですよ。敏感肌の人はそもそもウォータープルーフの日焼け止めは使わないでしょうが、肌刺激をおさえてクレンジングする場合には、刺激の弱いオイルを使ってみると良いでしょう。

 

クレンジングが必要な日焼け止めの場合

ウォータープルーフ以外で、クレンジングが必要な日焼け止めの場合は、指示通りにジェル、クリームなどのクレンジング剤でクレンジングしましょう。

その後に洗顔フォームでW洗顔することをおすすめします。クレンジングで日焼け止めを落とし、洗顔で毛穴に残っている日焼け止めも落としきりましょう。

もちろんその後は、しっかりと保湿してくださいね。

 

石鹸や洗顔料で落とせる日焼け止めの場合

f:id:m-danjyo:20170528092243j:plain

日焼け止めによっては、石鹸や洗顔料で落とせるものがあります。その場合も指示通りに落とすのがベストです。「クレンジング不要」などと書かれていることが多いですね。

石鹸で落とせるタイプなのに、日焼け止めが肌に残ることを必要以上にこわがることはないでしょう。たとえば石鹸で落とせるのにオイルクレンジングを使うと、逆に肌荒れを引き起こすことになります。

 

お湯で落とせる日焼け止めの場合

お湯で落とせる日焼け止めの場合も、そのように書かれているはずです。お湯で落とせるタイプでも、洗顔料くらいは使っても問題はないと思われます。

 

日焼け止めの上からメイクをしている場合

石鹸や洗顔料で落とせる日焼け止め、お湯で落とせる日焼け止めを使っている場合、その上からメイクをしているなら話は別です。

いくら日焼け止めがお湯で落とせるからと言って、メイクもお湯で落とせるはずはありませんよね。その場合はもちろんクレンジングをおこないましょう。

 

からだ用の日焼け止めの場合

からだ用の日焼け止めも、日焼け止めの記載に従ってください。専用クレンジングが必要な場合は、顔用とは別に必要な場合もありますのでご注意ください。

 

日焼け止めを落とす時に注意すること

日焼け止めを落とす時に注意することは、肌になるべく刺激を与えないようにすることです。とくに次のような点に注意するようにしましょう。

 

・帰宅後すぐに落とす

日焼け止めは肌に刺激を与えますので、帰宅後なるべくすぐに落とすことをおすすめします。少しでも日焼け止めを肌に当てている時間を短くできるようにしましょう。

 

・肌をこすり過ぎない

日焼け止めが肌に残ると肌トラブルを起こします。だからといって肌をゴシゴシとこすり過ぎると、摩擦で肌が傷んでしまいますね。日焼け止めは水分や油分、体温などで滑らかになるようにゆっくり落としていくと良いでしょう。

 

・細かい部分まで落としているか

日焼け止めを落とす時に見落としがちなのは、細かい部分です。小鼻の周り、フェイスライン(あごの裏あたり)、耳の後ろ、首すじなどが見落としがちな部分なので、注意しましょう。

 

・日焼け止めが残っていないか

お湯で落とせる日焼け止め以外は、ぬるま湯を当てると弾きますよね。洗顔後にぬるま湯か水を当てて、弾くようならまだ日焼け止めが残っている証拠です。つまり洗い残しがあるということですね。日焼け止めが残っていないか、最後にチェックすることが大事ですよ。

 

・洗顔後は保湿ケアを万全にする

日焼け止めを落としきったら、いちばん大切な「保湿」を行いましょう。洗顔後すぐに保湿をしないと、肌はどんどん乾燥されますのでご注意ください。

強い日焼け止めを塗った日は、いつも以上に保湿ケアをすることをおすすめします。とくに肌の奥まで浸透するタイプの美容液は、セラミドなどの保湿系と、シミを予防する美白系の両方をするとベストですね。

また、体の中から美肌ケアをするために、飲むコラーゲンなども良いかもしれません。

 

日焼け止めの落とし方ですべて決まる!

f:id:m-danjyo:20170528092448j:plain

日焼け止めが原因で起こる肌トラブルについて、そして正しい日焼け止めの落とし方をご紹介しました。

日焼け止めと上手に付き合っていくためには、日焼け止めの落とし方がすべてを握っています。不要な肌トラブルを防いで、紫外線からも、日焼け止めからもお肌を守りましょう。