みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

もしかしてハゲ始めてる?AGAの初期症状の見分け方と薄毛の対処法

f:id:m-danjyo:20170603124839j:plain

ひょっとしたらAGAかも……

そんな不安があなたの頭をよぎるのはなぜですか?

 

きっと、このような症状が気になっているのでしょう。

 

・抜け毛が増えた

・髪の毛が細くなってきた

・髪の毛のボリュームがなくなってきた

 

AGAの初期症状は見分けることができるのか。

また薄毛に気づいた時の対処法はあるのかを見ていきましょう。

 

AGAの初期症状とは?

だいたい何歳くらいからAGAになるのか気になりますよね。思春期以降に発症すると言われていますので、いわばいつAGAになってもおかしくない状況です。20代、30代と発症率は高まり、40代では30%、50代では40%がAGAを発症していると言われています。

 

額の生え際が後退・額が広くなる

f:id:m-danjyo:20170603125013j:plain

額の生え際が後退している、もしくは額が広くなったような気がする場合には、AGAの初期症状が始まっている可能性が高いです。AGAの初期症状の特徴は、いわゆる「M字ハゲ」と呼ばれるような額の後退から始まることが多いです。

 

頭頂部が薄くなってくる

もう1つのAGAの初期症状として、頭頂部が薄くなってくるという特徴があります。頭のてっぺんが薄くなってくるということですね。頭頂部はふだん自分ではあまり見えない場所なので、気にしていないと自分よりも他人に指摘されてしまうかもしれません。

 

頭頂部から薄毛になってくるのは「O字ハゲ」と呼ばれていますよね。または先ほど説明したM字ハゲとO字ハゲの両方がミックスされている場合もあります。人によって特徴はさまざまですが、この2つの薄毛の特徴があればAGAの初期症状の可能性が高いでしょう。

 

髪の毛がやわらかくなってくる

AGAの初期症状は、髪の毛がやわらかくなってくることです。髪にハリとコシがなくなってくるということですね。クルクルと丸めると、すぐにクセがついてしまうのもAGAの初期症状の特徴と言えます。

 

生えてきたばかりの髪の毛は、細くやわらかいのが特徴です。生えてきたばかりの髪が多いということは、髪が充分に成長していないということ。つまり、しっかり成長する前に抜け落ちてしまうことを意味しているんです。

 

短い産毛が増えてくる

髪の毛がやわらかくなるというのと、ほぼ同じことです。やわらかいだけでなく、短い産毛が多いなら、AGAの初期症状である可能性が高いです。髪の毛には毛周期というものがあり、ふつうは2~5年かけて成長していきます。

 

それよりもだいぶ早く抜けてしまう髪の毛が多いことで、短い産毛のような髪の毛ばかり増えてしまうんです。ちなみにAGAの人の毛周期は、数ヶ月~1年と言われています。2~5年と比べてかなり短いですよね。

 

AGAの見分け方

AGAなのか、そうではないのかを見分ける方法があれば知りたいですよね。こちらを参考にしてみてください。

 

かゆみがあればAGAではないかも

かゆみがあればAGAではなく、皮膚炎を起こしている可能性が高いです。その皮膚炎が原因で抜け毛が増えていることもあります。ただし、かゆみがあれば絶対にAGAではないということではなく、併発していることもあるのでご注意ください。

 

まずは皮膚炎を治すことを考えるようにしましょう。皮膚炎は治療しないと治らない場合も多いです。頭皮がボロボロになって取り返しがつかなくなる前に、せめて皮膚炎は治療しておきたいですね。

 

抜け毛の毛根が丸くなっているか

f:id:m-danjyo:20170603125747p:plain

通常の毛根は、丸い楕円形をしています。しかしAGAを発症しているまたは、初期段階の場合には、毛根が弱っているため丸くなっていないことが多いそうです。

つまり毛根に栄養が行き届いていないということ。もしくは、毛根が成長する前に抜けてしまったということなんです。また毛根に白いものがついていたら、頭皮の皮脂もついているということでしょう。AGAの確率が高くなります。

 

抜け毛の毛先が細く尖っている

髪の毛には毛周期があるとお話しました。通常であれば2~5年くらい、髪の毛は成長を続けます。しかしAGAの人の毛周期は、およそ数ヶ月~1年くらいだと言われています。そのため美容院でカットしたような髪の毛ではなく、まだ生えてきたばかりの髪の毛が抜け落ちてしまう可能性があります。

 

美容院でカットした髪の毛なら、髪の毛の断面が平らです。そのため毛先が太く見えるんですね。しかし生えてきたばかりの髪の毛が抜け落ちてしまったら、カットされていないので毛先が細いというわけです。

 

AGAの遺伝子検査って?

将来AGAになるかどうか気になっている人は、遺伝子検査をすることもできます。遺伝子検査は、体のどの部分のものを採取しても、いつ検査を受けても、結果が変わることはありません。

 

AGA遺伝子検査を受ける方法は2つあります。

 

・クリニックなどの医療機関で遺伝子検査をする

・通販で検査キットを購入し、検査機関に送って検査結果を待つ

 

金額はクリニックで遺伝子検査を受けると2万円~。検査キットは13,000円くらいです。

 

 

医療機関で受けたほうが正確性が高いと思うかもしれませんが、結果がちがうということはないでしょう。

クリニックによっては、当院でしかできない特別な検査と言っている場合もありますが、検査機関へ送るだけなので同じだと考えられます。

もしそうならば、わざわざ高いクリニックで受ける必要はありませんね。

ただし遺伝子検査は1つの目安なので、遺伝子的にAGAになる可能性があるとしても100%確実ではありません。

 

もしかしてAGA?と思った時の対処法

もしかしてAGAになっちゃったかも!と思ったら、まずどんな対処法をすれば良いのでしょうか?

 

正しく髪を洗う

AGAの初期症状の可能性がある場合の対処法は、正しく髪を洗うことです。髪の毛というよりも、頭皮を正しくキレイにするということですね。頭皮の環境によって、AGAが進行すると言われています。

 

シャンプーをする前にブラッシングをして、汚れを落としやすくするほうが良いですよ。そして手順に従って、丁寧にシャンプーをしていきましょう。

 

まずは頭皮を傷つけないヘアブラシで、髪についたホコリや汚れを落とします。

いきなりシャンプーするのではなく、まずはお湯で汚れを落とします。

手のひらでシャンプーを泡立ててから使用しましょう。

指の腹で頭皮をやさしく洗い、毛穴の皮脂を適度に洗い流します。

ぬるま湯で頭皮のシャンプーが完全に取れるまで、きれいに洗い流します。

AGAに効く育毛シャンプーの選び方!正しいシャンプーの仕方と育毛への効果とは? 

 

注意点は、爪を立てないでマッサージするように洗うことです。

ただし、あまり長い時間をかけてシャンプーをすると、シャンプーの刺激で頭皮が乾燥する恐れがあります。

AGA対策としてのシャンプーの仕方は、洗いすぎず、洗い残しをつくらないこと。ちょうど良い感じでシャンプーをすることが大切なんですね。

 

生活習慣をととのえる

f:id:m-danjyo:20170603125311j:plain

AGAの初期症状を感じたら、まずは生活習慣をととのえることが大切です。

とは言っても、生活習慣で大切なのは1つではありません。

 

栄養バランスの良い食事

良質で充分な睡眠

適度な運動

 

など、全体的なバランスが大切なんです。

これらの基本的な生活習慣だけでなく、ストレスをためない生活をすることも薄毛対策になります。ストレスは、かなりの確率でAGAと関係していると言われています。まずはストレスをためない生活をすることから、始めたほうが良いかもしれません。

 

またタバコを吸う人もAGAになりやすいんです。タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を細くして血行を悪くさせます。そのため毛根にある毛母細胞に栄養が届かなくなり、髪の毛の成長をさまたげるんですね。それが薄毛へと進んでいくのです。

AGAの初期症状とは関係なく、早めに禁煙をしておいたほうが良いでしょう。

 

AGAは早めの治療が大事!病院を受診しよう

f:id:m-danjyo:20170603124347j:plain

AGAは早めの治療が大事なんです。「まだ大丈夫」と先延ばしにしていると、AGAはどんどん進行してしまいます。AGAは進行していくのです。

5年後、10年後に後悔しないためにも、早めに対処するようにしましょうね。

 

早期治療をした人と、そうでない人では、将来的な髪の毛の量はかなり変わってくると言われています。

どんどん大切な髪の毛が抜け落ちていく前に、早めの抜け毛対策をおこないましょう。