みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

ニキビができたら絶対やってはいけない5つのこと!輝く素肌をとり戻すスキンケア

f:id:m-danjyo:20170602213253j:plain

あなたは、ニキビに絶対してはいけないスキンケアをしていませんか?

もし下の3つのタイプの当てはまるなら、スキンケアを見直したほうが良いかもしれません。

 

・ニキビがよくできる人

・ニキビがなかなか治らない人

・ニキビが悪化しやすい人

 

いかがですか? 当てはまりましたか?

もし当てはまったなら、NGなスキンケアをしている可能性があります。

今すぐ改善して、輝く素肌をとり戻しましょう!

 

ニキビができたらやってはいけないこと5つ

もしあなたが、ニキビがなかなか治らない人やニキビが悪化しやすい人の場合には、これからご紹介するやってはいけないことをしているのかもしれません。チェックしてみてくださいね。

 

過剰な保湿やスキンケアをしている

ニキビができたらやってはいけないことは、過剰な保湿やスキンケアにこだわりすぎることです。ニキビができている時は、いつもと同じスキンケア方法ではダメです。

というのは、いつも以上にスキンケアをするという意味ではなく、いつもよりスキンケアを減らすという意味です。

 

何もしないのも良くありませんから、シンプルな洗顔をしたら、化粧水や美容液などで保湿ケアをしましょう。乳液やオイルなどの油分が多い化粧品は、ニキビができているときは使わないほうが良いでしょう。

 

清潔な手でもニキビをつぶしちゃダメ

ニキビができると気になって、ついつぶしていませんか?

ニキビができたら絶対にやってはいけないことNO.1が、ニキビをつぶすことなんです。

 

「大丈夫。わたしは手を清潔にしてからやってるから」

と思っていませんよね?

清潔な手だろうが何だろうが、ニキビを自分でつぶしたらいけません。絶対にやめましょうね。

 

髪の毛でニキビを悪化させる

ニキビが悪化しやすい人は、髪の毛がニキビに触れているのではないでしょうか?

おでこにできたニキビに前髪がかかっていると、ちょうどニキビを隠せるから良いと思うかもしれません。でも、髪の毛ってすごく汚いんですよ。

 

ニキビにバイ菌が入って、炎症を起こしてしまいます。そうなるとニキビが悪化して、なかなか治らなくなってしまうんです。あなたは、そんな状態を繰り返していませんか?

 

隠すための厚塗りメイクでニキビを悪化させる

f:id:m-danjyo:20170602213600j:plain

ニキビができると、それを隠そうとしてメイクが厚塗りになってしまうことってありますよね。しかも日焼け止めを塗ろうものなら、ニキビは完全にアウトです。もう息ができません。

 

ニキビに化粧をかぶせると、毛穴を塞いでしまうことになります。するとニキビの治りは遅くなりますよね。

また化粧品は油分の多いものばかりなので、ニキビを悪化させる原因になりやすいんです。

 

早く治そうとして洗顔のしすぎ

ニキビができたら絶対にやってはいけないことは、洗顔をしすぎることです。肌を清潔にするとニキビが早く治りやすいですが、洗いすぎると問題が起きます。それは乾燥や皮脂の取りすぎです。

 

皮脂を取りすぎると肌の潤いを保とうとして、過剰に皮脂を分泌してしまうんです。その皮脂が毛穴をつまらせ、さらなるニキビをつくってしまいます。まさに悪循環ですね。洗顔で清潔にすることが大前提ですが、洗いすぎは禁物ですよ。1日3回以上の洗顔もダメです。

 

ニキビを悪化させないスキンケア

では、ニキビを悪化させないスキンケアは、どうすれば良いのでしょうか。

 

洗顔料ではなく固形石鹸で洗顔する

洗顔料を使うと、しっとりはするけど、何となくスッキリさっぱりしないですよね。ニキビを悪化させないためには、洗顔料ではなく固形石鹸で洗顔すると良いんです。固形石鹸ならぬるぬるせずに、さっぱりと洗い上がります。

 

そのため毛穴の汚れもしっかり取れます。ニキビの悪化を防ぐためにも、普段からたまに固形石鹸を使うと良いかもしれません。保湿効果が高い石鹸もありますので、肌にやさしいタイプを選びましょう。

 

メイクはなるべく油分の少ないものを

ニキビを悪化させないためには、メイクはなるべく油分の少ないものを使いましょう。でも化粧品の多くは、油分の多いものなんですよね。できることならノーメイクでいるのが一番なんです。

 

とはいえ、メイクをしないわけにもいかない。それならニキビができている時は、コンシーラーなどの油分の少ないマットタイプを使うと良いでしょう。少しでも油分をおさえることができれば、ニキビの悪化を最小限に食い止めることができます。

 

とにかくニキビに触れないようにする

ニキビができると触りたくなる衝動をおさえて、とにかくニキビに触らないようにすることです。触れれば触れるだけ悪化していきますので、とにかくニキビにはできるだけ触れないようにしましょう。

もちろん髪の毛で刺激するのもいけませんよ。髪が邪魔ならまとめ髪にするなど、ニキビを刺激するものをなくしてあげましょうね。

 

ニキビ予防のためのスキンケア

ではニキビ予防をするためには、どんなスキンケアをすれば良いのでしょうか?

 

洗顔をしすぎないようにする

ニキビ予防のためには、洗顔をしすぎないようにすることが大切です。

洗顔をしすぎると、必要な皮脂まで落としてしまい、かえって過剰な皮脂分泌をまねきます。するとまたそれが、ニキビの原因になってしまいますね。

洗顔は1日2回までにして、時間をかけ過ぎないようにしましょう。そしてゴシゴシ洗いも禁物ですよ。

 

汚れた手で顔をむやみに触らない

f:id:m-danjyo:20170602213001j:plain

顔を触るクセのある人は、なるべくなら直したほうが良いでしょう。

この先ずっとそのクセがあると、ニキビが繰り返しできてしまうかもしれません。

 

ニキビを防ぐためには、むやみに顔を触らないこと。

なるべくなら髪の毛も、あまり顔に触れないほうが良いでしょう。

 

オイル美容はオススメできない

一時期オイル美容が流行りましたが、ニキビができやすい人にはオススメできません。

オイルクレンジングにオイル美容液など、オイル系の化粧品で保湿するのもやめてください。

 

ニキビができやすい人は、ただでさえ皮脂の分泌が多い人です。そこへさらにオイルを足してしまうと、ニキビの原因になってしまいます。しっかりと皮脂を洗い流した後で、化粧水などサラっとしたものでしっかりと保湿するようにしましょうね。

 

ニキビを治して輝く素肌をとり戻そう

f:id:m-danjyo:20170602213803j:plain

ニキビができたらやってはいけないことをご紹介しました。

ニキビを悪化させるスキンケアや、予防する方法もご紹介しましたね。

ニキビをできるだけ刺激せず、清潔にすることで早く治すことができます。

繰り返しできるニキビを予防して、輝く素肌をとり戻しましょう。