みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

すぐに顔がテカってしまう!意外と知らないNGスキンケアと改善策

f:id:m-danjyo:20170604135108j:plain

メイクしたばかりの時はキレイなのに、時間が経つと顔がテカるのはなぜ? という悩みを持っている女性は多いと思います。でも、きっと疑問を持っているのではないでしょうか?

 

「Tゾーンは脂っぽいのに、頬は乾燥している」

 

その原因をこれからご紹介していきます。もしかしたら良かれと思ってやっているスキンケアが、間違っているかもしれません。あなたはNGスキンケアやっていませんか?

 

顔のテカリの原因

顔のテカリの原因をご紹介します。スキンケアと生活習慣のお話ですが、次の項ではスキンケアに集中してお話を進めていきますね。

 

肌が乾燥している

顔のテカリがあると、どうしても「わたしってオイリー肌なんだ」と思いがちですよね。でも本当はちがうことが、かなり多いんです。じつは肌が乾燥しているから、乾燥を補うために皮脂が過剰に分泌されている状態なんです。

 

このような肌状態は、とくに30~40代くらいの女性に多い症状です。ちょうどホルモンバランも乱れ始める頃です。そして間違ったスキンケアに走ってしまうことも多い。それが「皮脂をゴシゴシ洗い流すこと」「スキンケア化粧品を塗りまくること」です。

後ほど、この改善策をご紹介します。

 

お肉とご飯(米)が大好き

お肉とご飯(米)には、脂肪分と糖分がたくさん含まれています。「脂質」と「糖質」は人間に必要なものですが、摂りすぎると厄介な作用をします。それが「からだの酸化」です。つまり「錆びる=老ける」ということ。

 

・栄養バランスの良い食生活をする

f:id:m-danjyo:20170604135302j:plain

お肌にとって、食べ物はかなり大切です。食べ物が体をつくるとよく言いますが、まさに食べ物が肌をつくります。お肉とご飯ばかり食べるのはもちろんダメですが、まったく食べないのもダメなんです。

 

野菜や果物だけだと、肌が乾燥してしまうんです。また、心もうつっぽくなってきます。人間にはタンパク質が必要不可欠だということがわかりますね。だからバランス良く栄養を摂ることが、いちばん大切なんです。お肉もご飯も野菜も、なんでも食べましょう。

 

ストレスと疲労がたまっている

ストレスと疲労がたまっていると、男性ホルモンの分泌が増えてホルモンバランスが乱れます。男性ホルモンの分泌が増えると、皮脂の分泌も多くなるんですね。では、どうすればホルモンバランスをととのえることができるのでしょうか?

 

・ホルモンバランスをととのえる方法

ホルモンバランスをととのえるには、毎日の生活の中でごく普通のことをすれば良いだけです。それは次の2つ。

 

①ストレスを解消して、リラックスする時間を確保すること。

②疲労を回復させるために、睡眠を充分とること。

 

これだけでホルモンバランスはととのいます。つまり顔のテカリも改善されて、心もからだも元気になれるということなんです。

実はとっても簡単なことを、みんな実践できないだけだったんです。確かに本当に実践するのは、むずかしいかもしれませんけどね。

 

タバコを吸うと皮脂が多く分泌される

顔のテカリの原因は、ズバリ「タバコ」です。タバコを吸うと、かなり皮脂分泌が過剰になります。そして禁煙して数週間たつと、皮脂分泌がぱったりと少なくなっていくんです。本当に不思議なくらいに。

 

これは何を意味するかというと、顔がテカらないから「化粧直しの必要がなくなる」ということなんです。

 

皮脂で顔がベタベタしていたのは、基本的には乾燥が原因です。でも、体の中のことも関係しているということです。その中でもとくに結果が出やすいのが、タバコなんです。顔のテカリが気になるなら、とにかく今すぐタバコを止めることですよ。

 

乾燥がテカリを招く!NGスキンケアと改善策

顔のテカリは、乾燥が原因です。テカリで悩んでいる人の8割くらいは、乾燥から来る皮脂の過剰分泌が原因ではないでしょうか。そんな人がやってはいけないNGスキンケアと改善策をご紹介します。

 

あぶらとり紙で皮脂を取っている

皮脂が多く顔がテカる人は、化粧直しのときにあぶらとり紙を使っていませんか?

顔の皮脂をひと通り取ってから、ファンデーションの重ね塗りをしているのでしょう。でも、それが肌の乾燥をまねいているんです。あぶらとり紙を使うと、皮脂を取りすぎてしまうと言われています。

 

だから結果的に皮脂が足りなくなり、さらなる皮脂の分泌をうながしていることになります。「乾燥する→皮脂が分泌される→皮脂を取りすぎる→乾燥する」という悪循環にハマっているんです。このサイクルを断ち切らなければ、いつまでも肌状態は改善されません。

 

・ティッシュで皮脂をおさえる

あぶらとり紙を使えないとなると、化粧直しのときには何で皮脂を取れば良いのでしょうか。それは「ティッシュ」です。ティッシュなら皮脂を取りすぎることもありません。適度に皮脂を取り、メイク直しができますよ。

f:id:m-danjyo:20170604135146j:plain

ティッシュオフした後に、スプレータイプの化粧水を吹きかけて保湿するのも良いかもしれません。保湿をして肌が渇いてから、化粧直しをしましょう。皮脂が多い場所には、パウダーファンデーションかフェイスパウダーがおすすめ。

 

オイルクレンジングを使っている

あなたは、どんなファンデーションを使っていますか?

リキッドファンデーションを使っているなら、オイルクレンジングが適しています。というのも、リキッドファンデーションが最も肌への刺激が強く、落ちにくいファンデーションだからです。塗り心地はサラサラとして軽い感じがしますが、肌が乾燥しやすいんです。

 

そしてメイク落としの中でいちばん洗浄力が強いのは、オイルクレンジングです。オイルクレンジングなら、リキッドファンデーションをキレイに落とすことができます。でもデメリットもあるんです。それが「肌が乾燥すること」

 

つまりオイルクレンジングとリキッドファンデーションの組み合わせが、乾燥をまねいているということです。なるべくクリームファンデーションやパウダーファンデーションでメイクするほうが良いかもしれません。部分的に使い分けるのもテクニックですね。

 

洗顔でゴシゴシこすり洗いをする

クレンジング後の洗顔に関しては、皮脂をサッパリ落としたいからゴシゴシこすり洗いをしていませんか? それでは肌を摩擦して、刺激を与えてしまいます。また洗顔料を充分に泡立ててから使わないと、指が肌を直接刺激してしまいます。

 

皮脂が多くベトベトしている肌を、きれいサッパリ洗い流したいのはわかります。でも洗い過ぎると、また乾燥して皮脂が余計に出てきてしまいますよ。刺激の弱いマイルドな洗顔料で、やさしく肌を洗いましょう。

 

スキンケア化粧品の塗りすぎ

キレイに皮脂を取り除いたら、保湿をしっかりするというのがセオリーですよね。でも、それが「やり過ぎ」になっている可能性もあります。肌に良いからといって、たくさん塗りすぎるのは良くありません。

とくにオイルやクリームなどは、テカりやすい肌にはあまり向いていません。化粧水や美容液でのスキンケアがおすすめです。シンプルなスキンケアがいちばんです。

 

スキンケアと生活習慣で顔のテカリを防止しよう

f:id:m-danjyo:20170604135209j:plain

スキンケアと生活習慣のコラボによって、顔のテカリを防止する方法をご紹介しました。スキンケアだけでも、生活習慣だけでも改善できません。両方のケアをするからこそ、顔のテカリを防止できるんです。

 

肌の状態は、体の健康をあらわしています。肌状態が良いということは、体も健康だということです。そうなるためには、やはり生活習慣も大事だということですね。

キレイと健康の両方を手に入れましょう。