みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

化粧崩れを防ぐメイクテクニック!涼しげなさらさら肌をキープする朝メイクのコツ

f:id:m-danjyo:20170605132227j:plain

せっかく家でしっかりメイクをしても、会社に着く頃にはすでにドロドロ……

そんな化粧崩れに悩んでいませんか?

 

夏は汗もかくので、とくに化粧が崩れやすいですよね。会社に着いちゃえば大丈夫だけど、朝がいちばん気を遣うのではないでしょうか?

そんな悩ましい化粧崩れを防ぐ、ちょっとしたメイクテクニックをご紹介します。

 

これでもう、どんなに暑くても大丈夫!

あなたの顔は、涼しげなサラサラ肌をキープできますよ。

 

化粧が崩れてしまう原因とは?

化粧が崩れる原因は、おもに3つあります。その原因をなくすことはできませんが、食い止めることはできます。まずは原因から見ていきましょう。

 

化粧崩れの原因① ダラダラと流れでてくる「汗」

暑いと体温を下げるために汗をかきます。汗がサラサラの水分だけなら化粧崩れはしないはず。でも汗には皮脂も含まれているため化粧崩れを起こします。

しかも汗を拭きすぎると、体が「汗が足りない」と判断するため、余計に汗を出します。これは体温が下がりきらなかったために起こる現象です。汗は体温を下げるために出ているという証拠ですね。

 

・顔から出る汗は代謝じゃない

「汗をかく=代謝が良い」と勘違いしている人も多いと思いますが、顔汗は代謝が良いわけではありません。顔から大量の汗をかきやすい人は、次の理由からです。

 

・運動不足による機能低下

・太っている人

・多汗症、汗っかきの人

 

つまりあまり良くない汗ということなんですね。このような人は顔から大量の汗をかきやすいので、化粧崩れがひどくなることが多いのです。まずは化粧崩れよりも、体質改善をすると良いでしょう。お風呂などで汗をかいたり、運動をして汗腺をきたえるのもおすすめですよ。

 

化粧崩れの原因② インナードライが原因の「皮脂」

化粧崩れの原因は、インナードライによる皮脂分泌かもしれません。インナードライとは、外側はベトベトしているのに、肌の内側が乾燥している肌状態のことを言います。

このように内側が乾燥していると、肌が乾燥していると認識されるので、皮脂の分泌が多くなってしまうんですね。インナードライを改善するためには、徹底的に保湿するしかありません。

 

・本気の保湿ケア

インナードライの肌を改善するためには、本気の保湿ケアが必要です。でも今の状態のまま保湿化粧品を塗っても、きっと肌には浸透されないはずです。そこで大切なのが、「毛穴の汚れをしっかりと落とすこと」です。

 

毛穴の汚れを落とす方法は、お風呂や運動で毛穴をしっかり開くこと。そして毛穴につまった汚れをしっかり押し出しましょう。

 

化粧崩れの原因③ エアコンなどによる「乾燥」

夏や冬はエアコンの利いたオフィスで仕事をしている人も多いはず。その場合には肌が乾燥しやすい状態であると言えますね。毎日乾燥した環境で過ごしていると、慢性的な乾燥状態が続きます。

 

そのため保湿をして乾燥を改善しないと、化粧崩れを防ぐことはできませんね。日頃から徹底的に保湿ケアを見直す必要があるかもしれません。

 

メイク以外で化粧崩れを防ぐ方法

化粧崩れを防ぐメイクテクニックをご紹介する前に、メイク以外で化粧崩れを防ぐちょっとしたコツをご紹介します。

 

首元を冷やして顔汗を防ぐ

f:id:m-danjyo:20170605133449j:plain

夏の朝のメイクは、本当に汗が厄介ですよね。急いでいるからなかなか汗は引かないし、時間がないのですぐに次の工程に行ってしまいます。でもそれでは、化粧崩れするのが確定なんです!

 

エアコンなどで室温を管理するのも良いですが、そんな時間はないと言う場合もありますよね。そんな時には、首の後ろを保冷剤などで冷やしましょう。すると驚くほど汗が引いていきます。顔の表面も早く乾いたほうが良いので、扇風機の前でメイクをすると良いでしょう。

 

・通勤中も首を冷やしておくのがオススメ

あなたが化粧崩れを気にするのは、いつですか? おそらく朝の通勤時ではないでしょうか。せっかく家で完璧に化粧できても、会社に着いたら台無し。そんなの悲しすぎますよね。だから通勤中も首を冷やしておくのがオススメ。

 

電車に乗ればエアコンが利いていますが、駅に着くまでに汗がダクダクになりますよね。そのときは保冷剤を首に巻いておくと良いでしょう。

また会社に近くなったら恥ずかしいと言う場合は、電車を降りたら冷えピタなどを貼ると良いでしょう。

 

わきの下や胸のツボを圧迫する

化粧崩れの原因になる顔汗を防ぐには、ツボを圧迫することです。顔汗を防ぐツボは、2つあります。

 

乳首から3~5センチ上にあるツボを、両手の中指で同時に押します。

わきの下から5センチくらい下の部分を、両手の中指で同時に押します。

 

両方のツボを同時に圧迫する方法としては、紐などで①②のツボを通るように縛ることです。そうすると顔汗は止まります。

その代わり下半身に汗をかきますので、顔から出る汗を別の場所から出すという方法です。

 

ボトックス注射をする

化粧崩れを防ぐには、ボトックス注射をするという方法もあります。おもに美容クリニックなどの医療機関でやる注射ですが、顔の汗腺を機能しなくさせるはたらきがあります。そのため顔汗が出てこなくなり、化粧崩れを防ぐことができるんですね。

 

ボトックス注射は数万円~10万円以上することもあり、費用が高額なのでなかなかむずかしいのが現実です。副作用もあると言われていますので、しっかりと検討した上で決断してくださいね。

 

化粧崩れを防ぐメイクテクニック

化粧崩れを防ぐメイクテクニックをご紹介します。

 

メイク前の洗顔と保湿が大事

昨晩のメイク落としの時から、化粧崩れをするかどうかは始まっています。夜のメイク落としと洗顔も、しっかりとキレイに落とすことが大切です。そして保湿ケアもしっかりとしてから眠りましょう。

 

そして朝は毛穴のつまりを取った後で、しっかりと保湿化粧品を浸透させましょう。最低でも10分間はそのままにして、肌になじむのを待ちます。そのため、なるべく早くスキンケアだけは終わらせておくと良いですね。

最後に皮脂崩れしやすいTゾーンの毛穴を引き締めておくことです。収れん化粧水を使うと良いですね。

 

化粧下地とベースメイクに全てがかかっている

保湿化粧品や乳液が肌に完全に浸透したら、化粧下地とベースメイクをします。ここは丁寧にやらないと、化粧崩れするかどうかがかかっています。まずは乳液などが浮いていたら、ティッシュで上からおさえて取りましょう。

化粧下地をつけない人もいるかもしれませんが、ファンデーションと肌を密着させるはたらきがありますので、使うことをおすすめします。

 

・厚塗りにならないように気をつける

化粧下地を塗るときは、厚塗りにならないように気をつけましょう。厚塗りになるほど、化粧崩れを起こしやすくなります。化粧下地を塗ったら、そのまま2~5分くらい置いてからファンデーションを塗ります。

 

立て続けに塗ってしまうと、混ざり合ってベトベト状態になってしまいます。1つずつしっかり肌に馴染んでから次の工程に進みましょう。

最後にフェイスパウダーを使うことで、肌にマット感を出すことができます。皮脂を吸い取ってくれるので、化粧崩れも予防してくれます。

 

ポイントメイクはコーティングする

f:id:m-danjyo:20170605132941j:plain

アイメイクの前に、目元の細かい部分までファンデーションの塗り残しがないことをチェックしてください。うす塗りでOKです。多く塗りすぎるとヨレてしまうので気をつけましょう。

 

・アイラインはリキッドがおすすめ

リキッドタイプを使ったことがないと慣れるまで大変かもしれませんが、化粧崩れを防ぐにはリキッドのアイライナーがおすすめです。ペンシルタイプだとにじんでしまうし、落ちやすいんです。ペンシルのほうがキレイにラインが引けますよ。

 

・マスカラの後にはトップコートを

マスカラがいちばん化粧崩れしやすくて、困るのではないでしょうか。マスカラをウォータープルーフにするかはお任せしますが、マスカラの後にトップコートを塗ることをおすすめします。ウォータープルーフのマスカラだとボテっとしてしまうことも多いので、まつげの1本1本をキレイにセパレートしてくれるほうが仕上がりは良いですね。

 

化粧直しのテクニック

どうしても化粧崩れしてしまった時の、化粧直しのテクニックをご紹介します。

 

乳液でファンデーションを落とす

時間に余裕があって、割としっかり化粧直しをするなら「乳液」でファンデーションを落とすことです。コットンに乳液を染み込ませて、気になる部分のファンデーションを落としましょう。

そしてもう一度、今度は保湿目的で乳液を塗り、しっかりと肌に馴染むまで待ったらファンデーションを塗ります。

最後にフェイスパウダーをつけたら完成です。

 

ティッシュで皮脂を取ってからパウダーする

そこまでしっかり化粧直しする時間がない場合には、ティッシュで皮脂をおさえてから、パウダーファンデーションなどを塗ると良いでしょう。あぶらとり紙を使って皮脂を取る人も多いと思いますが、あぶらとり紙だと皮脂を取りすぎてしまうで注意が必要です。

皮脂を取りすぎると、さらに皮脂の分泌を増やしてしまいます。そのためいつも顔がベトベト状態になってしまいます。気をつけましょうね。

 

朝メイクのままサラサラ肌をキープしよう

f:id:m-danjyo:20170605132601j:plain

化粧崩れを防ぐ方法をご紹介しました。

朝のメイクのまま、化粧崩れせずに過ごしたいですよね。

そのためのメイクテクニックなどをご紹介しました。

 

さまざまな方法で化粧崩れを防げれば、いつまでもサラサラ肌をキープできます。

もう化粧崩れを怖がらなくても良いですね。