みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

産後ダイエットには痩せやすい時期がある!栄養バランスの良い食事とゆるダイエットが基本

f:id:m-danjyo:20170605170828j:plain

大イベントである出産を終えたママは、「産後ダイエットどうしよう」と思っているのではないでしょうか?

 

いつから始めればいいのか、どんなことをすればいいのかわからないですよね。

出産後の体に負担がかからないように、そして効率よく産後ダイエットを成功させる方法をご紹介していきます。

 

NGなダイエット方法もありますので、しっかりとチェックして健康的に元の体型をとり戻しましょう。

 

産後ダイエットはいつからできるの?

そもそも産後ダイエットって、いつからできるのでしょうか。きっとママは、早くやりたくてソワソワしているかもしれませんね。でも焦らないでください。今は大切な時期ですよ。

 

産後1~2ヶ月はダイエットNG

産後1~2ヶ月間はダイエットはNGです。正常分娩の場合には、およそ1ヶ月ですが、帝王切開の場合には2ヶ月くらいは様子を見ましょう。正常分娩でも、出血などが収まっていない場合には、もちろんNGなので気をつけてください。

医師に相談してみるのがいちばん良いでしょう。くれぐれも無理はしないようにしてくださいね。

 

糖質制限などの食事制限もNG

とくに授乳中のママは、糖質制限などの食事制限ダイエットもNGです。

「運動できないなら、食事だけでも減らさないと」と思うかもしれませんが、食事を減らすことも避けてください。授乳のための栄養が必要ですから、むしろ栄養バランスの良い食生活をしっかりとすることが大切です。

 

また授乳によって1日あたり600キロカロリーを消費しているそうです。およそ1食程度のカロリーですね。つまり授乳しているだけでダイエットになっているようなもの。無理に他のことをする必要はないでしょう。今はゆっくりと体を休めて、回復させることです。

 

基本は休息・ストレッチなどの軽い体操がベスト

とは言っても、まったく何も運動をしないと筋力はおとろえるばかり。基本は休息することが大切なのですが、ストレッチなどの軽い体操なら良いでしょう。ヨガほどしっかりしたストレッチではなく、足首を回すなど血行を良くする程度でOKです。

 

ゆっくりと散歩するのもおすすめ。ウォーキングではありませんよ。外の景色を眺めながら、ゆったりとした気分で5分くらい歩きましょう。赤ちゃんと一緒に外へ出るなら、暑くない寒くない時間帯を選びましょうね。

 

・産後すぐにできるのは産褥体操

産後1~2ヶ月くらいを産褥期と言いますが、この時期にでもできる体操を産褥体操と言います。骨盤矯正もかねた、簡単なエクササイズをご紹介します。

 

  1. 仰向けになって膝を立てます。
  2. 膝をくっつけたまま、左右に倒します。

これを5セットくらい繰り返しましょう。

 

これくらいなら産後でもできそうですね。帝王切開だった人は、傷口が回復するまで待ちましょうね。正常分娩でも、体調がすぐれない場合にはすぐに中止してください。

産後ダイエットは、ストイックになるのは厳禁です。

 

産後ダイエットで痩せやすい時期っていつ?

産後ダイエットを成功させるべく、痩せやすい時期というのはいつ頃なのでしょうか?

 

3~6ヶ月がダイエットに最適

f:id:m-danjyo:20170605171106j:plain

産後ダイエットで最も痩せやすい時期は、産後3~6ヶ月だと言われています。この時期になると、ゆるめの運動を再開することもできるようになります。でも6ヶ月を過ぎてしまうからと言って、体が完全に回復していないのにダイエットを開始するのはオススメできません。

 

あくまでも一般的な話なので、自分の体調と相談しながらダイエットをしましょう。ママは、これからママとして大切な役目が待っています。そんな時に体をこわしたら、赤ちゃんが困ってしまいますからね。プレッシャーを与えるわけではありませんが、ダイエットよりも我が子の成長のほうが大切なことを忘れないでくださいね。

 

産後の脂肪は落ちやすい脂肪

妊娠中についた脂肪は、ふだんの脂肪とは性質がちがうのをご存知ですか?

流動性脂肪といって、落ちやすい脂肪なんです。そのため放っておいても本来なら勝手に落ちてくれる脂肪です。ただし、脂肪の量が多すぎると、自然と落とすには限度があります。

 

そして一定の期間が過ぎると、その脂肪が普通の脂肪として蓄積されてしまいます。だから産後ダイエットが必要なんですね。「絶対に6ヶ月までに痩せる」と決めるのではなく、6ヶ月までにダイエットを始めておくと考えるくらいで大丈夫でしょう。

 

4~6ヶ月くらいまでに骨盤を元の位置に

出産によって骨盤が開き、柔らかくなっている状態です。それが定着して固まってくるのが、4~6ヶ月くらいだと言われています。骨盤の位置がズレていると、この先ずっと太りやすい体質になってしまいます。

そのため多くのママがおすすめしているのは、「骨盤ベルト」をすること。ベルトをすることで、矯正しやすくなります。また、骨盤を元に戻す体操も、この時期に取り入れると良いでしょう。

 

・骨盤矯正エクササイズ

f:id:m-danjyo:20170605171825j:plain

画像:https://jp.pinterest.com/pin/754564112538100279/

 

産後の骨盤矯正には、骨盤スクワットもおすすめです。

スクワットをすることで筋力も戻ってきますので、一石二鳥ですね。

 

  1. 肩幅に足を開き、つま先と膝は外側へ向けます。
  2. 背すじを真っすぐ、目線は真っすぐ前に向けて腰を下げます。
  3. 45秒かけてゆっくりと膝を曲げて、15秒かけて膝を伸ばします。
  4. ゆっくりと回数は少なくてOKです。立った時は膝が伸びきらないように注意。

 

産後ダイエットはどんなことをすればいいの?

産後6ヶ月というと、慣れない育児で心も時間も余裕がないことでしょう。そんな中でダイエットするのも大変だと思います。だから、「できる範囲でやろう」というくらいにしておくと良いですね。ダイエットがストレスにならないように気をつけましょう。

 

ヨガなどのゆったりとした動き

ヨガなどのゆったりとした運動は、産後ダイエットにおすすめです。赤ちゃんを抱っこしたままやるのはむずかしいと思いますが、ちょっと寝ている間にやるだけでも違います。ワンポーズやるだけでも、血行の促進やダイエット効果は期待できるでしょう。

 

また産後ヨガもありますので、赤ちゃんと一緒でも楽しめます。簡単なポーズが中心になっているはずです。赤ちゃんとのスキンシップもできますので、リラックスのためにも良いかもしれません。

 

水泳やウォーキングもおすすめ

f:id:m-danjyo:20170605172657j:plain

産後3ヶ月くらいを過ぎれば、水泳をすることもできるでしょう。ベビースイミングもありますので、赤ちゃんと一緒に参加するのも良いかもしれません。水泳は体にかかる負担が少ないので、産後ダイエットにはおすすめの運動です。

 

また、ゆっくりめのウォーキングも良いですね。赤ちゃんをおんぶか抱っこして、ゆっくりと歩きましょう。安全のために、抱っこひもをすることをおすすめします。

痩せることばかり考えるのではなく、育児の合間の息抜きのつもりでリラックスしてやってみましょう。それが継続するコツですから、結果的にダイエットにつながります。

 

ジョギングなどはNG

産後ダイエットでNGなのは、ジョギングなどの比較的はげしい運動です。筋トレなどのウエイトトレーニングなど、負荷のかかる運動もダメですよ。産後ダイエットはゆるやかな運動が鉄則です。激しい運動をしたい人は、完全に回復する1年後くらいまで待ちましょう。

 

そもそも産後太りを防ぐことがキモ!

産後ダイエットのコツは、そもそも産後太りを防ぐだけでも大きな効果が期待できます。では、産後太りを防ぐ方法とはどういうものなのでしょうか?

 

授乳中は空腹感がスゴイので食べ過ぎ注意

授乳しているママは、きっとものスゴイ勢いでお腹が空くはずです。それは授乳をすることで、1日あたり600キロカロリーも消費しているからなんです。多い人では800キロカロリー程度ということも。

だから、何もしなくても痩せていくこともあるでしょう。でも食欲にまかせて食べ過ぎてしまうと、痩せるどころか産後太りしてしまうこともあります。なるべく低カロリーで栄養のあるものを食べて、バランスの良い食生活を心がけましょう。

 

揚げ物など高カロリー食を減らすだけでもOK

産後太りを防ぐ方法は、揚げ物やジャンクフードなどの高カロリーの食事を減らすだけでもOKです。妊娠中はお腹の中の我が子のために、かなり食べ物などに気を遣っていたはずです。そのストレスから解放されて、つい気が緩んでしまうこともありますよね。

 

その油断が、産後太りをまねく一番の原因だと言われています。高カロリーのものを食べないだけでも、かなりカロリーをおさえられるはずです。痩せるための食事制限をするのではなく、太らないための食事管理が必要なんです。

 

・糖質制限ダイエットは絶対NG!

産後はとくに「糖質制限」のダイエットはNGです。ご飯は抜かないようにしましょう。太るのが心配なら、完全栄養食と言われている「玄米」がおすすめ。これなら安心して食べられます。でも消化が悪いので、よく噛んで食べましょう。それが満腹感にもつながって、食べ過ぎ防止にもなります。

 

栄養バランスの良い食生活が基本

産後太りを防いで、産後ダイエットをするには、とにかく栄養バランスの良い食生活が大切です。ママの体を回復させるためにも、授乳している赤ちゃんのためにも、食事の栄養バランスはとっても大事なんです。

 

できるだけ低カロリーのものを選び、「タンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素」と、「ビタミン・ミネラルをプラスした五大栄養素」をバランスよく食べることが大切なんです。くれぐれも単品ダイエットは、しないようにしてくださいね。

 

産後ダイエットはゆるダイエットが基本

f:id:m-danjyo:20170605172933j:plain

産後ダイエットはいつからできるのか、いつまでにやれば痩せやすいのか、どんな方法が良いのかなどをご紹介しました。

産後ダイエットは、無理をしない「ゆるダイエット」が基本です。リラックスしながらできるダイエット方法を実践しましょう。ストイックにならないことが前提ですよ。

 

そして産後ダイエットのポイントは3つ!

 

  • 食事制限をせず、栄養バランスの良い食生活をする
  • 筋トレやはげしい運動はしない
  • 続けられる簡単なダイエット方法で良い

 

これを守って、健康的に元の体型に戻りましょうね。骨盤ベルトは、多くのママがやったほうが良いと言っています。骨盤矯正エクササイズも取り入れてみてくださいね。