みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

びまん性脱毛症は20代でもなる!抜け毛に効く女性用育毛剤と薄毛の原因

f:id:m-danjyo:20170617135801j:plain

彼氏に「お前、あたま薄くない?」と言われてショックを受けたことはありませんか?

最近は、20代~30代の若い女性にも増えている「びまん性脱毛症」

 

本来なら加齢が原因となる女性の薄毛が、若い女性にも増えているんです。

若い女性に、いったい何が起きているのでしょうか?

 

20代女性が薄毛になる原因と治し方をご紹介します。

 

なぜ20代女性がびまん性脱毛症になってしまうのか?

本来なら50代くらいの閉経後の女性に多いびまん性脱毛症ですが、なぜ20代の若い女性にも発症するのでしょうか?

 

びまん性脱毛症の原因は、ほぼ「女性ホルモンによるもの」です。それ以外の原因は、本当に少数派。いわば女性ホルモンのバランスさえ整えておけば、びまん性脱毛症にはならないと言っても過言ではありません。

 

では女性ホルモンのバランスは、なぜ崩れてしまうのでしょうか。それは生活習慣の乱れが原因なのです。20代女性の良くあるライフスタイルを検証してみましょう。

 

週末は彼氏の家にお泊りして夜更かしする

平日は仕事を頑張って、やっと週末になると彼氏とまったり過ごす女性も多いのではないですか? それはとっても幸せな時間ですよね。

でも彼氏に会えたことが嬉しくて、ついつい夜更かししていませんか?

 

彼氏の部屋で一緒に映画を観たりして、気がついたら夜明け前になっていたなんてこともあるはずです。

 

f:id:m-danjyo:20170616120235p:plain 「マジで?明るくなってきてるし。ってゆうかお腹空いたかも」

 

コンビニに朝食を買いに出かけて、パンやおにぎりなどを食べたら、そのまま寝てしまうことも。数時間眠ったらまた起きて、外に遊びに出かけたりすることもあるでしょう。

 

いくら週末だけとはいえ、こんな生活をしていると女性ホルモンのバランスは崩れます。若い頃しかこんな体力はないし、今がいちばん楽しい時ですが、体は大切にしたいですよね。

 

話が盛り上がって朝まで語り明かすことがある

友達から相談を持ちかけられて、話を聞いてあげることもありますよね。それが彼氏との悩み事だった場合には、お互いの恋バナに花が咲くことでしょう。

 

恋の話題というのは、なぜあんなにも楽しいんでしょうね。

いつまで話しても、話し足りないくらい。しかしそれで時間を忘れてしまうと、朝になっちゃったということもあるでしょう。油断して夜更かししたツケは、いつか回ってくるものです。

 

慣れない仕事でストレスがたまることが多い

20代くらいだと、まだそれほど仕事に慣れていないことが多いですよね。上司にあーだこーだ言われることも多く、あなたの心の中はストレスでいっぱいになっているはず。

 

f:id:m-danjyo:20170616120235p:plain 「課長とか、マジむかつかない? ムリなんですけど」

 

価値観のちがう人と1日の大半の時間を過ごさなくてはいけないので、それは心身ともにかなり疲れ果ててしまいますよね。

だから女性ホルモンのバランスを崩してしまうことが多いんです。

 

残業が多くて生活が不規則になる

覚えることが多く、仕事のコツもまだつかめていない20代。

30代が近づいてくると、だんだん後輩も増えて責任もかかってくる。

 

どちらにしたって、残業が多くなりますよね。毎日終電とまでいかなくても、疲労はどんどん蓄積されていきます。

そんな生活を送っていたら、女性ホルモンのバランスが崩れないわけがありません。

 

暇つぶしでファーストフード店に入ることが多い

f:id:m-danjyo:20170617140836j:plain

「ちょっと時間が空いたから」「小腹が空いたから」「ご飯つくるの面倒だから」「安いから」「美味しいから」などなど、いろいろな理由でファーストフード店に行くことが多くありませんか?

 

f:id:m-danjyo:20170616120235p:plain 「小腹空いたからポテト(発ガン性物質)食べようかな」

 

美味しいのは確かですが、ファーストフードばかり食べていると栄養不足になります。しかも加工肉や添加物などがドッサリと含まれていますので、その毒素を排出するだけでもひと苦労です。

ファーストフードの食事は栄養がないだけでなく、害になることのほうが多いと言えるでしょう。

 

金欠なので食事はカップ麺が多い

会社でカップ麺食べるのはちょっと恥ずかしいから、夕食にカップ麺を食べている一人暮らしの女性もいるのではないですか?

給料日前などの金欠の時は、何を節約するか? それはもちろん「食費」しかありませんよね。

 

カップ麺は、ファーストフードに負けず劣らず添加物の宝庫です。むしろ食事を抜いたほうが健康になれるんじゃないかと思うほど。

でもお腹は空くし、お金はないし。選択肢はカップ麺しかないんですよね。たまにならセーフでも、頻繁に食べるのは注意したいですね。

 

新発売のお菓子が気になって買ってしまう

女性ホルモンのバランスが崩れる原因は、ほぼ「睡眠」か「食生活」です。

それが、若い女性のびまん性脱毛症の原因になってしまうんです。とくにインスタント食品、レトルト食品、冷凍食品など、そしてお菓子などの加工食品も体に悪影響を与えます。

 

新発売のお菓子が出ると、どうしても気になって買ってしまうことってありますよね。そのお菓子を食べることで、楽しめるならそれはストレス解消になっていると思います。直接的な体への影響よりも、精神が影響を及ぼしていることもあるのです。

 

ベーコンやウィンナーなどのような加工肉も、あまり良くありませんね。もはや世の中にある食べ物は、ほとんど体に良くありません。でもそう考えると何も食べられなくなってしまうので、「なるべく気をつける」程度で良いのではないでしょうか。

 

食品が気になりすぎると、ストレスもたまってしまいます。そのストレスもびまん性脱毛症の原因になってしまうのですから。

 

ダイエットで3キロ減った

20代くらいの若い女性は、体型を気にしてダイエットしている人も多いですよね。ちょっと食べないだけでも痩せる時期ですから、食事をどんどん減らしてしまうこともあるでしょう。

 

f:id:m-danjyo:20170616120235p:plain 「ちょっと食べないだけで痩せるんだ。じゃぁ、もっと食事減らそう」

 

そのような過激なダイエットをしていると、様々な不調があらわれてきます。もちろん女性ホルモンのバランスが崩れますので、生理が止まったりすることもあるでしょう。

 

もともと太っているわけではないのに、「3キロ痩せた!」と喜んでいる人は、拒食症になる危険性を秘めています。

場合によっては薄毛どころの話ではなく、命にかかわる場合もあります。ダイエットは体重を気にするのではなく、健康的にキレイになれる方法を見つけましょう。

 

さいきん和食を食べた記憶がない

f:id:m-danjyo:20170617140535j:plain

20代くらいの女性は、和食を好んで食べる人は少ないかもしれませんね。和食と言っても、とんかつ定食やしょうが焼きなどではありません。もっと質素で栄養のある、粗食と呼ばれるような和食のことです。

 

たとえば「煮物」「きんぴらごぼう」「ひじき」「おひたし」など、若い人があまり好まないような食べ物ですね。もちろん好きな若い女性もいると思います。家庭環境にもよるのかもしれません。

 

f:id:m-danjyo:20170616120235p:plain 「味うすいし、美味しくないからキライ」

 

20代女性のライフスタイルは、心身ともに無理をしてしまうような生活なのかもしれませんね。体力があるのだから無理が利くのですが、生活習慣をあらためないといつか大変な病気になるかもしれません。

 

年齢が進んで気づくよりも、若いうちから予防したほうが有益です。自分が元気な時は想像もつかないのですが、健康というのはありがたいものです。大切にしましょうね。髪の毛も。

 

そもそも「びまん性脱毛症」とは何?

おもに閉経後の女性に多い症状

びまん性脱毛症とは、加齢による女性ホルモンの減少で発症することが多いです。ほとんどの場合は、閉経後の女性に多い症状なんです。加齢とともに女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが増えてきます。するとバランスが崩れてしまい、男性ホルモンが優位になることも。

 

それが薄毛の原因になっていることも多いんです。ただし男性のようにツルツルにハゲることはなく、全体的にだんだん薄くなっていくという感じです。基本的に男性と女性の薄毛は特徴がちがいます。

 

全体的に髪の毛の量が少なくなる

女性のびまん性脱毛症とは、少しずつ全体的に薄くなっていくので、進行するまで気づかないことが多いんです。そのため改善できずに深刻化してしまうことも多いのでしょう。

 

はやめに気づけば、ある程度は改善が可能です。対処が遅れれば、改善しきれないこともあるかもしれません。

 

髪が細くコシがなくなる

びまん性脱毛症の症状としては、髪が細くなっていき、ハリやコシがなくなることです。つまり細くて柔らかいということ。以前に比べて髪の毛が弱く、やわらかくなったな、と感じるなら薄毛対策をする時期なのでしょう。

 

頭皮の地肌が目立つようになる

びまん性脱毛症の特徴は、頭皮の地肌が目立つようになってきます。そしてある日とつぜん気づくのです。女性にとって髪の毛は美しさの象徴。それが薄くなってしまうということは、ショックも大きいことでしょう。

 

20代女性が薄毛になる原因とは?

妊娠や出産・ピルの服用など

びまん性脱毛症の原因は、妊娠や出産、そしてピルの服用などによって女性ホルモンのバランスが崩れることです。出産後の抜け毛にビックリする人も多いと思いますが、それはだんだん落ちついてくるでしょう。

 

カラー・パーマ・シャンプーのやりすぎ

びまん性脱毛症の原因は、女性ホルモンの他に頭皮環境が悪化することが考えられます。とくにカラーやパーマなどを頻繁にすると、頭皮が傷んでしまうことが多いです。

またシャンプーのやりすぎも薄毛の原因になります。頭皮が乾燥すると皮脂の分泌が多くなります。皮脂の分泌を減らすためには、適度に皮脂を残すことも大切です。

 

薄毛の原因である頭皮環境を改善する方法

女性の薄毛の原因は、ほぼ女性ホルモンのバランスがくずれることです。つまり生活習慣が乱れているということですね。生活習慣が乱れると、頭皮の皮脂分泌が多くなってしまうことが多いです。

 

皮脂の分泌が多くなると、頭皮環境はどんどん悪化してしまいますよね。薄毛を何としても治したいなら、頭皮環境を改善することです。

といっても、男性用の育毛剤は絶対に使わないでください。女性のからだに悪影響を与える危険性があります。

 

女性には、女性用の育毛剤を使うことをおすすめします。

 

男性の薄毛に効く成分は、女性の薄毛にも効果があると思ってしまうかもしれません。でも女性の育毛剤えらびには、注意が必要なんです。

とくに注意が必要なのは、男性用の育毛剤の成分である「プロペシア」です。

 

プロペシアは、女性にはとくに注意が必要です。妊娠中の場合には、錠剤に触れることもダメだと言われています。

男の子を妊娠中は、生殖器に悪影響を及ぼすと言われています。女性には女性用の育毛剤を使い、頭皮環境を改善することが大切です。

 

若い女性のびまん性脱毛症の治し方

f:id:m-danjyo:20170617135827j:plain

20代の若い女性がびまん性脱毛症になる原因を検証してみました。

おもな原因は「女性ホルモンのバランスがくずれること」

そして女性ホルモンのバランスがくずれる原因は「生活習慣が乱れること」です。

 

びまん性脱毛症は、原因となる習慣を改善することで治すことができます。

一刻もはやく改善することが、びまん性脱毛症を治すことにつながるのです。

 

加齢による女性ホルモンの減少は、そう簡単には改善できません。

でも若い女性のホルモンバランスの乱れは、生活習慣を整えることで改善が可能なのです。

育毛剤も使いながら、きれいな髪をキープしましょう。

オシャレを楽しむためにも、早めに対処していきましょうね。