みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

ノンケミカルの日焼け止めが肌に良い理由!効果のある使い方と選び方

f:id:m-danjyo:20170620164239j:plain

日焼け止めを塗ると、肌荒れするという人も多いのではないでしょうか?

とくに肌が乾燥したり、ニキビができやすくなる人も多いですよね。

 

敏感肌や乾燥肌の人は、日焼け止めを塗ると肌がかぶれてしまうこともあるでしょう。

そういう理由から、ノンケミカルの日焼け止めを選ぶ人が増えています。

 

ではノンケミカルの日焼け止めは、なぜ良いと言われているのでしょうか。

また本当に肌を守る日焼け止めの使い方もご紹介したいと思います。

 

どんな日焼け止めを使えばいいの?

近所のドラッグストアや通販などでは、数多くの日焼け止めが売られています。その中から、どんな日焼け止めを選べば良いのでしょうか。

 

化粧下地でも使えて保湿効果がある

さいきん人気のある日焼け止めは、化粧下地としても使える日焼け止めです。ふつうならメイク前に日焼け止めを塗り、その後で化粧下地を塗るタイプが多いです。つまり2回塗るところを1回で済ませるため、忙しい朝の時間を短縮できるのもメリットですね。

 

また重ね塗りをすればするほど肌には負担がかかりますから、1つで終わるなら嬉しいですね。さいきんの日焼け止めは、保湿効果があるものも多いようです。日焼け止めのデメリットである「乾燥」を防ぐ作用のある日焼け止めが増えています。

☆後半で、おすすめの日焼け止めをご紹介します。

 

SPF・PA値が高すぎない日焼け止め

日焼け止めはSPFやPAの数値によって、その日焼け止めがどれくらいの効果があるのかを示しています。SPFは紫外線B波と呼ばれる、いわゆる「レジャー紫外線」を防ぐはたらきがあります。

紫外線B波は、肌をやけどのように赤くする「サンバーン」を引き起こすと言われています。SPFの数値は最高が「SPF50」で、紫外線の影響を受ける時間をどれだけ遅らせるかを示しています。

 

PAは紫外線A波と呼ばれる、波長の長い紫外線を防ぐはたらきがあります。日焼けしてシミができるのは、紫外線A波が肌の奥にある真皮にまで届くからなのです。紫外線を浴びることでメラニンを生成するので、肌を黒くする「サンタン」を引き起こすと言われています。

PAは最高が「PA++++」で、紫外線A波をどれだけ強く防御できるかを示しています。

 

それならSPFもPAも数値が大きいほうが良いと思いますよね。しかし数値が大きくなるほど、肌への刺激も強くなると言われています。つまり肌荒れしやすくなるのです。

ですから屋外でのレジャーでも、SPF40とPA+++で充分と言えます。普段づかいなら、SPF30とPA++で充分と考えられます。もちろん人によって汗で流れやすかったりしますので、塗りなおしは必要になるでしょう。

 

ノンケミカルの日焼け止めが人気

さいきんは、なるべく肌に刺激を与えないために「ノンケミカルの日焼け止め」が人気です。ノンケミカルの日焼け止めは、肌に刺激を与えやすい「紫外線吸収剤」を使用していないものを言います。

ではノンケミカル日焼け止めには何が含まれているのでしょうか。それは「紫外線散乱剤」と呼ばれるものです。

 

紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こして、紫外線を熱として放出させます。いっぽう紫外線散乱剤は紫外線を反射させて、肌に影響を与えないようにします。化学反応を起こさない分、ノンケミカル日焼け止めのほうが肌に良いと言われています。

 

なぜノンケミカル日焼け止めがいいの?

ノンケミカルの日焼け止めは、なぜいいのでしょうか。肌に良いといっても、どれくらい良いのかイマイチわからないですよね。そのほかのメリットもご紹介します。

 

ノンケミカル日焼け止めは本当に肌に良い?

ノンケミカル日焼け止めは、肌が敏感な子どもでも使えるものが多いです。ただし子どもでも使えるからと言って、肌トラブルがないとは言い切れません。

 

日焼け止めにおいてノンケミカルとは、紫外線吸収剤を使っていないという意味。つまり他の化学物質は使っているけど「ノンケミカル日焼け止め」として売られているものが多いのです。

とくに合成界面活性剤や添加物を多く含んでいる日焼け止めも多いです。またオーガニックと書いてあっても、成分のうち少量だけオーガニック成分を使っているだけという場合もあります。オーガニック100%と書かれていれば安心です。

 

ノンケミカル日焼け止めは効果が持続する

f:id:m-danjyo:20170620164308j:plain

ケミカルである紫外線吸収剤をつかった日焼け止めは、化学反応を起こすたびに日焼け止め効果が減っていきます。しかしノンケミカル日焼け止めは、化学反応を起こさずに紫外線を反射させるだけです。

そのため日焼け止め効果が長く続きます。といっても、塗りなおしが不要ということではなく、ケミカル日焼け止めよりも効果が持続しやすいだけです。

 

ノンケミカル日焼け止めは肌に吸収しにくい

ノンケミカル日焼け止めは、粒子が大きく肌に吸収されにくいです。これはメリットでもあり、デメリットでもあります。粒子を肌の上に乗せて膜をつくり、その膜によって紫外線を反射させるという仕組みです。

 

ただし粒子が大きいため、白浮きしやすいのがデメリットとなります。ノンケミカルは肌に吸収されにくいので、肌トラブルを起こしにくいと言えます。そのため肌に吸収されないのはメリットでもあるのです。

 

本当に肌を守る日焼け止めの使い方

いくら日焼け止めが肌に悪いからと言っても、日焼けしたら意味がありません。紫外線の強い場所に行くなら、しっかりとした対策が必要です。本当に肌を守る日焼け止めの使い方をご紹介しましょう。

 

日焼け止めを塗る前と後の両方でしっかり保湿

日焼け止めを塗る前と、日焼け止めを塗った後の両方で保湿しましょう。ノンケミカル日焼け止めでも、肌が乾燥しやすいと言われています。日焼け止めを塗った後はもちろんですが、日焼け止めを塗る前もしっかり保湿してくださいね。

 

使用量の目安を守ってしっかり塗る

日焼け止めの効果をしっかり感じるには、適切な使用量が必要です。顔につける日焼け止めの目安は、だいたい500円玉くらいと言われています。厳密にいうと、1平方センチメートルにつき2mgです。じっさいに塗ると、けっこう多いと感じる量です。

 

ということは、普段わたしたちが塗っている程度の量では、充分な日焼け止め効果が得られていないのかもしれません。適正量を塗ったとしても、塗りなおしも必要です。あっという間に日焼け止めがなくなってしまいそうですね。

 

毎日使うならノンケミカル日焼け止めのほうが良い

日常的に使う日焼け止めなら、ノンケミカルのほうが良いでしょう。紫外線吸収剤配合のケミカル日焼け止めを毎日使うと、肌が荒れてボロボロになってしまう可能性があります。

毎日しっかり紫外線を防ぎたいけど、肌がボロボロになっては意味がありませんよね。レジャーに出かける時以外は、ノンケミカル日焼け止めがおすすめ。冒頭のほうでご紹介した、化粧下地にも使えて保湿効果がある日焼け止めが良いでしょう。

 

 

ノンケミカル日焼け止めは毎日使えるものを

f:id:m-danjyo:20170620164329j:plain

ノンケミカルの日焼け止めについて、ご紹介しました。

なぜノンケミカルが良いのか。またどんなメリットがあるのかも、わかりましたよね。

 

ノンケミカルの日焼け止めは、毎日でも使えるものを選ぶのがおすすめです。SPFもそれほど高くなく、ノンケミカルで化粧下地にもなる日焼け止め。そして保湿効果もある日焼け止めならベストですね。

 

紫外線は毎日浴びますので、日焼け止めを塗らないわけにはいきません。紫外線が蓄積されると、それが数年後にはシミになるかもしれません。ノンケミカル日焼け止めで、肌にやさしい紫外線対策をしてみませんか?