みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ブラジリアンワックスのメリットとデメリット!自分でやる?サロンでやる?

f:id:m-danjyo:20170623004242j:plain

夏のレジャーシーズンが近づいてきました。

あなたは、いつ水着になる予定ですか? 

 

水着になると、やっぱり気になりますよね~。

VIOラインのムダ毛処理をするとき、「ブラジリアンワックスって、どうなんだろう?」と考えたことはありませんか?

 

今回は、ブラジリアンワックスのメリットとデメリットをご紹介します。

さいきんは自分でできるブラジリアンワックスもありますが、自分でやるメリットとデメリットもご紹介しましょう。

 

ブラジリアンワックスのメリット&デメリット

ブラジリアンワックスは、脱毛とどう違うのでしょうか。ブラジリアンワックスのメリットとデメリットを考えてみます。

 

痛いけど即効でツルツル肌になれる

ブラジリアンワックスのデメリットは、何といっても「痛い」ということ。はじめてやるときは、気になりますよね。でも痛いのは一瞬で、人によっては「思っていたよりも痛くない」と感じることもあるようです。

 

そしてブラジリアンワックスは、即効でツルツル肌になれること。これが最大のメリットでしょう。永久脱毛やレーザー脱毛の場合は、数ヶ月間は通わないといけません。その点ブラジリアンワックスなら、1日でOKです。

 

最初のうちは、ムダ毛が生えてくるスパンが短いですが、くり返すうちに生えてくるまでの期間が長くなってきます。生えてくる毛も細くて、処理しやすくなってくることでしょう。

 

皮膚がダメージを受ける

ブラジリアンワックスのデメリットは、ワックスを一気に剥がすので、皮膚がダメージを受けます。これが最大のデメリットと言えるでしょう。しかもVIOラインの場合には、皮膚がデリケートですから、ダメージも大きいと考えられます。

 

永久脱毛したら取り返しがつかない

VIOラインの脱毛をする場合、レーザー脱毛なら永久ではありません。数年間は生えてこないですが(多少の個人差アリ)、また生えてくるのです。でも毛根を電気で破壊する永久脱毛の場合には、一度やってしまうと取り返しがつかなくなります。

 

実際のところは永久に生えてこないわけではありませんが、10年くらいは生えてこないでしょう。するとどうなると思いますか?

今の彼氏に「全処理しているほうがいい」と言われても、お別れして新しい彼氏ができたらどうでしょうか? 

 

新しい彼氏も全処理が好みとは限りません。人それぞれですから、男性の中には、全処理していると違和感を感じる人もいるのです。

「やるんじゃなかった」と後悔するくらいなら、ブラジリアンワックスのほうが良いかもしれません。

 

脱毛じゃないから、何度でも生えてくる

ブラジリアンワックスのメリットともデメリットとも考えられるのは、何度でも生えてくることです。ブラジリアンワックスは厳密には脱毛ではありませんから、何度でもくり返し生えてくるのです。

 

今後自己処理するにしても、継続的にブラジリアンワックスをするにしても、何度も処理する必要があります。生えてくるから安心だと思うか、生えてくるから面倒だと感じるのか。あなた次第です。

 

ブラジリアンワックスを自分でやるメリット&デメリット

ブラジリアンワックスは、自分でもできるワックスが売っています。自分でやるメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

自分でやるには慣れと技が必要

ブラジリアンワックスを自分でやるには、正直なところ結構な技術が必要です。自分では見えにくい場所ですから、ワックスを塗るのもひと苦労です。きれいに塗れているかわからないと、取り残しがあるかもしれません。

 

またやり方にもコツがありますので、慣れていない人は肌にダメージを与えやすいと言われています。ですので慣れていない人は、サロンでやってもらうほうがおすすめですよ。

 

他人にデリケートゾーンを見られずに済む

サロンでブラジリアンワックスをすると、デリケートゾーンを他人にさらすことになります。それって、けっこう抵抗がありますよね。いくら美のためとはいえ、やっぱり恥ずかしいのが本音です。

 

でも自分でやるなら誰にも見られないので、その点では安心です。また、いつでも気が向いたときにできますし、サロンに行くまでもないという場合にも自分で処理できる点は良いですね。

 

肌トラブルを起こしやすい

自分でブラジリアンワックスをやると、うまく剥がせなくて肌トラブルを起こすこともあります。仮にきれいに処理できたとしても、アフターケアをしっかりやらないと「埋没毛」になることもあるでしょう。また、皮膚が炎症をおこしてしまうこともあります。

 

自分でアフターケアをするなら、オイル系だと毛穴がつまってしまうことがあります。サラサラとした化粧水のようなもので保湿ケアすると良いでしょう。

 

痛みに耐えられず途中であきらめる

自分でブラジリアンワックスをやると、痛みに耐えられずに途中で使わなくなることもあるようです。痛いから加減してしまうのかもしれませんね。するときれいに処理できなくなりますし、より肌に負担がかかる剥がし方になる場合もあります。

 

ブラジリアンワックスをサロンでやるメリット&デメリット

ブラジリアンワックスをサロンでやるメリットとデメリットをご紹介します。

 

数週間から1ヶ月ごとに5千円~1万円かかる

ブラジリアンワックスをサロンでやるデメリットは、お金がかかることですね。何度も言っているように、ブラジリアンワックスは脱毛効果はありません。脱毛というのは、毛根を破壊する処理だからです。

 

つまり数週間から1ヶ月ごとに5千円~1万円くらいかかります。継続的にサロンでブラジリアンワックスをするのは、経済的にも負担ですよね。

 

熟練の技で肌トラブルを最小限にしてくれる

サロンでブラジリアンワックスをやるなら、熟練の技で肌トラブルを最小限にしてくれます。また自分でやるには扱いにくいタイプのハードワックスを使っているサロンが多いです。

 

きれいに安全にやるなら、サロンでブラジリアンワックスをやったほうが良いでしょう。やり方のコツを教えてもらえるかもしれません。自分でやるのは、その後でも良いですね。

 

直後のアフターケアをしてくれる

ブラジリアンワックス直後のアフターケアって、実はけっこう大事なんです。サロンによって施術はちがうでしょうが、多少は肌ケアをしてくれることがほとんどです。トリートメントのメニューがあるところもあるでしょう。

 

ブラジリアンワックスをした直後の肌は、非常にダメージを受けています。その時にしっかりとしたケアをしてくれるのも、サロンでやるメリットと言えるでしょう。

 

けっきょくセルフケアも必要

サロンでやろうが、自分でやろうが、けっきょくセルフケアは必要です。ブラジリアンワックスをした後の2~3日は、お風呂ではなくシャワーのみです。また感染症になりやすい状態ですから、海やプールもNGです。レジャーの予定があるなら、最低でも3日前までには処理しておく必要があります。

 

その後も継続的に保湿ケアが必要ですから、自己管理できることが条件です。ブラジリアンワックスでなくても、自分でアフターケアすることは大切ですけどね。どんな脱毛でも、肌には負担がかかっているということです。

 

ブラジリアンワックスは全身できる

f:id:m-danjyo:20170623004120j:plain

ブラジリアンワックスは、実は全身できます。とくに永久脱毛やレーザー脱毛しにくい産毛の処理などに向いているでしょう。鼻毛の処理もできるそうですよ。

 

ブラジリアンワックスのメリットとデメリットについてご紹介しました。

ワタシの結論としては、まずはサロンでやってもらうのがおすすめです。それでコツがわかってきたら自分でやってみるのも良いでしょう。いずれにしても、アフターケアは絶対にしっかりやりましょうね。

 

ポイントは、清潔にすることと、保湿することです。

汗をかいたり、おりものや生理のときはとくに注意しましょうね。