みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

朝の化粧のノリを良くする方法!化粧のノリが悪い原因は○○のせいかも

f:id:m-danjyo:20170624160119j:plain

20代の頃は、どんなに夜更かしをしても、不摂生をしても、翌日の化粧のノリが悪いことはなかったですよね。

それなのに30歳を過ぎた頃から、異変を感じはじめましたね~。

朝の化粧のノリが悪いと、テンションがた落ちです。ひどいときには、仕事のやる気にまで影響が出る始末。

 

たかが化粧、されど化粧。朝からテンション上げて1日を過ごすためにも、化粧のノリを良くする方法をご紹介します。

 

化粧のノリが悪い原因って何?

そもそも化粧のノリが悪い原因って、何なのでしょうか?

肌の調子が悪いのはわかるけど、具体的に何が悪いのか気になりますよね。見ていきましょう。

 

やっぱり乾燥しているのが一番の原因

化粧のノリが悪いのは、やはり肌が乾燥しているのが一番の原因と考えられます。肌が乾燥していると、ファンデーションを塗っても皮膚がケバケバとめくれ上がっていることがあるのではないですか?

 

ファンデーションが肌に乗らずに、浮いてしまっている状態ですね。肌が乾燥していると、本来ふっくらしているはずの角質層のキメが荒くなっているのです。夜の洗顔後の保湿と、メイク前の保湿が大切です。

 

便秘などによりニキビができやすい状態

化粧のノリが悪いのは、女性にありがちな便秘が原因かもしれません。便秘になると老廃物が体内に溜まっている状態ですから、ニキビができやすいのです。ニキビがポツポツとできてしまうと、当然化粧のノリが悪くなりますよね。

 

ニキビのところだけカサカサしたり、うまくファンデーションが塗れなかったりします。そもそもファンデーションを塗ることで、ニキビが悪化してしまうのも問題です。

 

洗顔のしすぎ・きれいに洗顔できていない

化粧のノリが悪い原因は、洗顔のしすぎが問題なのかもしれません。洗顔しすぎると、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥にみちびいてしまうのです。1日に2回より多く洗顔している場合や、洗顔が長すぎるのも乾燥の原因になります。

 

逆にきれいに洗顔できていない場合もあります。皮脂や汚れが毛穴に残っていて、肌トラブルを起こす寸前なのかもしれません。また毛穴に汚れなどがつまっていると、せっかく保湿をしても、肌に浸透してくれないのです。

まずは毛穴の汚れをしっかり落として、肌をナチュラルな状態に戻すことから改善していきましょう。

 

化粧下地を使っていない

あなたは化粧下地を塗っていますか? ワタシが以前、化粧のノリが悪いと思っていた時は、まさに化粧下地を塗っていませんでした。化粧下地なんて、塗っても塗らなくても同じだと思っていたのです。

 

ところが化粧下地は、地味ながらも重要な役割を果たしてくれていたのです。毛穴の開きが気になるところはそれを目立たないようにし、肌の凹凸があるところは滑らかにしてくれるのです。

 

そんな便利な機能がある化粧下地なら、塗らない理由は見つかりませんよね。もし今あなたが化粧下地を使っていないなら、それだけで化粧ノリが良くなる可能性がありますよ。

 

パフを小まめに洗っていない

ファンデーションをつけるときのパフを洗ったのはいつですか? 化粧のノリが悪い原因は、もしかしたらパフが汚れているからかもしれません。ワタシも以前は、パフを洗ったくらいではそれほど変わらないと思っていたのですが、化粧のノリが全然ちがうのでビックリした経験があります。

 

それからと言うもの、小まめにパフを洗うようにしました。3日に1回くらい洗えばOKですが、せめて1週間に1回は洗うようにしましょう。「なぁんだ、こんなことが原因だったんだ」とビックリするかもしれませんよ。

 

睡眠不足など生活習慣が乱れている

化粧のノリが悪い原因は、肌表面の問題だけではありません。肌の内部の問題と言いますか、体が健康でないから肌状態が悪くなっている可能性があるのです。

 

とくに睡眠不足の場合は、肌にダイレクトにトラブルが起きる可能性があります。なぜなら肌は眠っている間に再生されていて、肌の新陳代謝と呼ばれるターンオーバーをくりかえしているのです。

 

睡眠不足の場合には、このターンオーバーが正常に行われなくなり、肌に古い角質が残ってしまうことになります。すると毛穴に角栓がつまってしまったり、肌そのものの状態も悪くなります。しっかりと眠って、生活習慣をととのえることが大切ですよ。

 

朝の化粧のノリを良くする方法

朝の化粧のノリを良くする方法は、メイク前に肌状態をととのえておくことが大切です。では、どんな方法で肌状態を良くしておけばいいのか見ていきましょう。

 

蒸しタオルで毛穴を開いてから保湿

朝の化粧のノリを良くする方法は、化粧水などをつける前に、蒸しタオルで毛穴を開いておくと良いでしょう。朝の洗顔が終わったら、水で濡らしたタオルをレンジで30秒ほどチンして、顔に乗せましょう。ヤケドに注意してくださいね。

 

すると毛穴が開いてくるので、そこで保湿すると肌に化粧水がグングン浸透していきます。化粧水が肌にしっかりと浸透したら、乳液などで次のステップへ進みましょう。まずは化粧水をしっかり浸透させることです。

 

そして毛穴が開いた状態でメイクするのは良くありませんから、乳液などの保湿剤がしっかり浸透したら、いったん肌を引き締めておくことをおすすめします。今度は冷たいタオルで軽く押さえる程度で良いでしょう。これをするだけで、メイク中に皮脂でベトベトになることもありません。

 

マッサージをして血行を良くする

化粧のノリを良くするには、フェイシャルマッサージをするのが効果的です。顔の血行を促進することで、化粧がノリやすくなるのです。化粧水まで終わったら、乳液などをつけてフェイシャルマッサージをしましょう。

 

ただ朝は全身の血行が悪くなっているので、全身のマッサージやストレッチをするのも効果的。目覚めも良くなり、体がスッキリしますよ。

 

丁寧にマッサージするほうが良いのですが、朝は時間がないので、ポイントだけお伝えします。また、まちがった方法でマッサージすると、シワなどの原因になります。ですから、簡単にマッサージできる方法をご紹介しますね。

 

・朝のフェイシャルマッサージ

乳液を全体的に伸ばしたら、フェイスラインに沿って耳のうしろまで手を滑らせていきます。ここにはリンパがありますので、顔全体の血行が良くなります。

 

次に耳の周辺をツボ押しします。指の腹を滑らせたり、軽く指圧してみましょう。耳には無数のツボが存在しますので、適当に押したり、耳を揉みほぐすだけでも血行が良くなるはずです。

 

目の周りは血行が悪くなりがちなので、軽くマッサージをします。皮膚がうすくてデリケートな場所ですから、力をあまり入れないようにしてマッサージしましょう。眉毛に沿って指圧したり、目の周りを指の腹でポンポンと軽くたたくくらいでOKです。

 

栄養バランスの良い食生活をする

朝の化粧のノリを良くする方法は、栄養バランスの良い食生活で、根本的に肌や健康状態を改善することが大切です。これができていれば、ぶっちゃけそれほどスキンケアをしなくても、肌状態を良好に保てます。

 

仕事の疲れがたまってくると、肌荒れしてくるのもその証拠ですよね。疲労はなるべくその日のうちに解消して、翌日に持ち越さないようにしたいものです。また栄養バランスがととのっていると、皮脂の分泌が減ったり、乾燥がおさまったりします。すべては、つながっているのです。

 

生活習慣をととのえることを優先させよう

f:id:m-danjyo:20170624160203j:plain

朝の化粧のノリが悪い原因と、化粧のノリを良くする方法をご紹介しました。

スキンケアで保湿することもかなり重要なのですが、健康状態が良好だと、肌状態も自然と良好になるものです。

 

つまりスキンケアの方法をあれこれ考えるよりも、手っ取り早く美肌を保てるということなのです。睡眠、食事、そしてできれば適度な運動を習慣にして、健康的な生活を送ることを心がけましょうね。