みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

ピディオキシジルを配合したフィンジアの育毛剤の効果とは?

f:id:m-danjyo:20170626124358j:plain

育毛剤なんて、どれも同じ。

本当に効果のある育毛剤なんて、あるはずがない!

 

と思っているあなた。

それはもう過去の話です。

 

育毛業界がザワつくほど効果が期待できる成分があったんです。

それが「ピディオキシジル」

 

今回は、その育毛成分の効果に迫ってみたいと思います。

5年後、10年後のあなたの髪の運命を決めるのは、現在のあなたの選択次第です。

 

ピディオキシジルって何?ミノキシジルと何がちがうの?

育毛剤に配合されている成分と言えば、「ミノキシジル」が有名ですよね。毛細血管を拡張して、毛母細胞を活性化してくれる作用があるのです。でもミノキシジルには、デメリットも多かったんです。

 

それは「かゆみ」や「かぶれ」などの副作用があること。

そして肌に浸透しにくい分子構造であることなんです。

 

そんなミノキシジルのデメリットをすべて改良してつくられたのが、「ピディオキシジル」なのです。

ピディオキシジルは、「ミノキシジル誘導体」と呼ばれています。

「えっ? ミノキシジルと何がちがうの?」というのが、率直な感想ですよね。確かに2つは、とっても似ています。しかし決定的なちがいがあるのです。

 

それは、成分の特徴はそのままで、肌に浸透しやすい分子構造になったことです。

またミノキシジルのような副作用も改良されているため、副作用がほとんどないこともメリットですね。

 

ピディオキシジルは本当に副作用がないの?

それでもやっぱり気になる副作用。ピディオキシジルには、本当に副作用がないのでしょうか?

 

ピディオキシジルは「まつ毛美容液」として使われていた

育毛剤の成分として開発されているピディオキシジルですが、じつは以前から市場には出回っていました。それは「まつ毛美容液」にピディオキシジルが配合されていたのです。

 

アンファーが販売している「スカルプDのまつ毛美容液」です。これはまつ毛美容液の存在を世に知らしめた、爆発的人気を誇った商品です。

シェア独占状態のまつ毛美容液の口コミは、「まつ毛が長くなった」「まつ毛が抜けにくくなった」など、多くの女性が実感しています。

 

まつ毛に使われるということは、それだけ肌にやさしい成分であることの証明ですね。目の周りは皮膚が薄くデリケートですし、万が一に目に入ったら大変です。それを可能にしているということは、副作用の心配はないと考えてよいのではないでしょうか。

 

ただし、まつ毛美容液には他の成分も含まれているため、薄毛のための育毛剤としては使えませんのであしからず。

 

かゆみなどの刺激性はないとの実験結果が出ている

ピディオキシジルには、ミノキシジルのような副作用はないと言われています。複数の種類の動物実験の結果、それが証明されているそうです。

 

かゆみやかぶれなどの刺激があると、育毛効果があっても使い続けることは不可能ですからね。その点もしっかりと改良されて開発されたのが、ピディオキシジルなのです。

 

ピディオキシジルの育毛効果とは?

では気になるピディオキシジルの育毛効果とは、どれだけスゴイのでしょうか。

 

血管を拡張して、血行を促進する

ピディオキシジルの育毛効果は、血管を拡張して、血行を促進することです。これはミノキシジルと同じ効果ですね。もともとはミノキシジルと同じ成分ですから、当然といえば当然です。

 

血管を拡張すると、血行が良くなるのは想像がつきますよね。では、血行が良くなると、どんな育毛効果が期待できるのでしょうか。

 

毛根に栄養が届きやすくなる

ピディオキシジルの効果で血行が良くなると、毛根に栄養や酸素が行きとどくようになります。毛根に栄養がとどけば、髪の毛の成長をうながして元気にしてくれます。

 

また今ある髪の毛を元気にするだけでなく、発毛をうながす効果も期待できるのです。その理由は、頭皮環境を良くすることで髪の毛が生えやすい環境が整うからなのです。

 

毛母細胞に直接作用して活性化させる

毛母細胞は、細胞分裂することによって髪の毛をつくり出していきます。つまり髪の毛の発毛に直接関係している大事な細胞なのです。

しかし薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、毛母細胞そのものが活動していない状態であることが多いのです。

 

それでは、せっかく育毛に有効な成分をつけてもムダですよね。ピディオキシジルは、眠っている毛母細胞そのものを活性化させるはたらきも期待できるのです。

 

そのため活動をはじめた毛母細胞に、直接有効成分を与えることができるというわけです。育毛剤としては、この上ない作用と言えるのではないでしょうか。

 

ピディオキシジル単体よりキャピキシルとセットで効果大

ピディオキシジルはそれ単体よりも、抜け毛予防の成分とセットのほうが薄毛対策に効果絶大です。抜け毛予防には、男性ホルモン「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン」に変化させる「5αリダクターゼ」を抑制しなければいけません。

 

この5αリダクターゼを抑制してくれるのが、「キャピキシル」なんです。さらに「ビワ葉」や「ヒオウギ」にも、5αリダクターゼを抑制するはたらきがあります。

このすべての成分が配合されている育毛剤が、フィンジアなんです。

 

頭皮がやわらかくないと育毛成分が浸透しない

しかし、どんなに効果のある育毛剤でも、頭皮が硬くなっている状態では浸透しません。それではお金をドブに捨てるようなもの。

 

毎日の頭皮マッサージはもちろん大切ですが、フィンジアは頭皮の硬さにも注目しています。そのためカプサイシンを独自の技術によって配合し、頭皮をやわらかくする作用も期待できるのだからオドロキ。

 

本当に薄毛に悩む男性の立場に立って考え抜かれた育毛剤なんですね。

高額で効果の薄い育毛剤を買うくらいなら、まずは試しに「フィンジア」にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

効果に期待大!育毛剤を選ぶのはあなた自身

f:id:m-danjyo:20170626124707j:plain

効果が期待できる育毛成分「ピディオキシジル」について、ご紹介しました。

育毛剤は世にたくさんあふれていますが、どれを使うか選ぶのはあなた自身です。

 

決して安くはない育毛剤に、これからのあなたの髪の毛の運命をゆだねる覚悟があるなら、本当に効果が期待できる育毛剤を選んでくださいね。

あなたの決断が、5年後、10年後のあなたのヘアスタイルを決めるのです。