みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

簡単で効果バツグン!脚やせリンパマッサージのやり方

f:id:m-danjyo:20170701212053j:plain

脚やせには、リンパマッサージが効果的です。

というよりも、リンパマッサージをしないで脚やせするのはむずかしいと言えるくらい重要です。

 

運動で筋肉を使ったあとにも、ほぐさないといけません。

脂肪がたまっているときにも、血行を促進しないといけません。

 

脚のリンパマッサージは、全身への効果も期待できるのです。

そんなリンパマッサージの効果ややり方をご紹介していきます。

 

リンパマッサージの脚やせ効果とは?

リンパマッサージの脚やせ効果は、どんなことが期待できるのでしょうか。意外な効果もあるかもしれません。

 

むくみが劇的に解消される

もともと脚はむくみやすい場所です。リンパマッサージをすることで、脚のむくみが劇的に解消されると考えられます。

 

デスクワークや立ち仕事の人は、とくに脚がむくみやすいです。また脂肪がたまって血行が悪くなっている人も、むくみやすいと言えるでしょう。リンパマッサージすることで、肉眼でも分かるくらい脚がひと回り細くなる場合が多いですよ。

 

丁寧にじっくりやれば即効性も期待できる

リンパマッサージの脚やせ効果は、丁寧にじっくりやることで即効性も期待できます。なかなか即効性のあるものって少ないですが、リンパマッサージは効果を実感できるのが早いです。

 

最短でリンパマッサージ直後、長くても1週間くらいで何かしら実感できるはずですよ。適当にやるのではなく、丁寧にじっくりやればやるほど効果が期待できます。

 

お尻やウエストも細くなることが多い

リンパマッサージの脚やせ効果は、なんと脚だけしかリンパマッサージをしていないのに、お尻やウエストも細くなることが多いです。

 

この理由は、脚の血行が悪いことでウエストとお尻の血行もさまたげていたからでしょう。リンパマッサージは脚だけでなく、全身への効果が期待できるんです。

 

リンパマッサージに最適なタイミング

リンパマッサージをするなら、最適なタイミングはいつでしょうか。

 

入浴後など体が温まっているとき

リンパマッサージに最適なタイミングは、入浴後などの体が温まっているときです。体が温まっているということは、血行が良くなっている状態です。

 

血行が良くなっているときにマッサージすると、効果アップが期待できますよ。入浴後の就寝前にリンパマッサージをすることで、安眠効果も期待できますね。

 

むくみが出る夕方前

リンパマッサージに最適なタイミングは、むくみが出はじめる夕方前くらいです。とはいえ仕事中でしょうから、なかなかむずかしいかもしれませんね。

 

もし休憩時間があるのなら、この時間帯にリンパマッサージをしておくことで、その後のむくみを軽減することができるでしょう。

 

朝起きたとき

リンパマッサージに最適なタイミングは、朝起きたときです。血行が悪くなっていますので、朝から血行を促進すると代謝もアップします。

 

また全身の血行が良くなることで、目覚め効果も期待できるでしょう。朝には最適なリンパマッサージです。

 

リンパマッサージのポイント

リンパマッサージをする際のポイントをご紹介します。

 

まず水分補給をしておく

f:id:m-danjyo:20170701212304j:plain

リンパマッサージのポイントは、まず先に水分補給をしておくことです。リンパマッサージをすると血行が良くなりますが、体に水分が足りていないと血行がよく循環してくれません。

 

いわゆる血液ドロドロ状態と言えますね。ですから、まずは水分補給をして、血行を良くする準備をしてみましょう。

 

クリームやオイルを塗る

リンパマッサージのポイントは、クリームやオイルを塗ってからやることです。肌を直接摩擦すると、肌に負担がかかることが多いです。

また滑りを良くすることで、血行が促進しやすくなります。

 

リンパの到着地点からマッサージをはじめる

リンパマッサージをはじめる時は、リンパの到着地点からやると良いでしょう。最終的にリンパが流れつく場所を先にマッサージすることで、スムーズにリンパの流れを改善できます。

 

ちなみに全身のリンパの最終到着地点は、左側の鎖骨の上です。鎖骨の上にくぼみがありますよね。その部分を内側から外側へ向かって流しましょう。左側が最終地点ですが、右側も一緒に流しておきましょう。

 

リンパ節を先に流しておく

脚のリンパマッサージをするなら、まずはリンパ節を先に流しておくことです。膝下なら足指や膝裏、膝上なら股関節の部分です。

 

この部分にはリンパが集中しているリンパ節があります。そこを流してから、それぞれのリンパマッサージをやってみましょう。

 

下から上へ・リンパ節へ流し込む

リンパマッサージのポイントは、下から上へ流すことです。心臓に向かってと考えると良いでしょう。またそれぞれの場所にある、リンパ節へ流し込むイメージでおこないましょう。

リンパマッサージは、流れに沿ってやることが大切なのです。

 

脚やせリンパマッサージのやり方

リンパマッサージのやり方を紹介している動画をご用意しました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

筋肉で硬くなっている人に!太ももの外側

www.youtube.com

 

運動をしていた人なら太ももの外側に筋肉がついて、なかなか細くならない人が多いと思います。まずは筋肉の張りをほぐさないと、細くするのはむずかしいですよ。

 

足から膝下までのリンパマッサージ

www.youtube.com

 

足の甲と足裏をはじめ、スネとふくらはぎのリンパマッサージができます。

膝まわりも少しリンパケアできますね。イスではなく、床に座ってやるのもおすすめです。

 

足全体のリンパマッサージ

www.youtube.com

 

動画では血行つよくマッサージしていますが、リンパはデリケートなので力加減に注意してください。

内出血した経験がある人も多いので、痛すぎない程度に揉みほぐしてくださいね。

 

リンパマッサージをやってはいけないタイミング

リンパマッサージをやってはいけないタイミングをご紹介しましょう。

 

食後30分はダメ

リンパマッサージは、食後30分はひかえるようにしてください。食後は胃に血流が集中して、消化活動をしている最中です。

そのときにリンパマッサージをしてしまうと、血流が全身に分散されてしまうのです。そのため食後30分はひかえるようにしてくださいね。

 

飲酒後はダメ

飲酒後のリンパマッサージは、おすすめできません。飲酒前もやめたほうが良いでしょう。リンパマッサージで血行が良くなると、お酒のまわりが早くなり、酔いやすくなります。悪酔いの原因にもなりますので、飲酒前後はマッサージ厳禁です。

 

熱がある時や体調がすぐれない時

熱がある時のリンパマッサージもやらないほうが良いでしょう。熱がある時はリンパが腫れていることが多いです。とくに首のリンパが腫れていることが多いです。

 

その状態でリンパマッサージをすると、熱が上がる可能性があります。また体調も悪化すると考えられるのでひかえましょう。体調がすぐれない時はひかえて、健康になってからしっかりマッサージしましょうね。

 

妊娠中はひかえる

妊娠中にリンパマッサージをすると、何が起きるという明確な情報はありません。ただ血行が急に良くなることで、胎児に何らかの影響がある可能性があるかもしれないということです。

妊娠中は念のためリンパマッサージをひかえたほうが良いでしょう。

 

リンパマッサージの注意点

リンパマッサージの注意点は、しっかりと守っておこなってくださいね。

 

強くやりすぎない

リンパマッサージの注意点は、強くやりすぎないことです。強くやりすぎると、内出血をおこすおそれがあります。リンパは皮膚のすぐ下にありますので、そんなに強くマッサージする必要はありません。

 

できる限り毎日つづける

リンパマッサージの効果を発揮させるには、できる限り毎日つづけることです。毎日コツコツやることで、少しずつ確実にむくみなどを改善していけるでしょう。血行がかなり悪い場合には、少し時間がかかるかもしれませんが、そんな人こそリンパマッサージをおすすめします。

 

筋肉が張っている時はほぐしてから

脂肪やむくみというよりも、筋肉が張っているような人は、まずほぐして柔らかくすることが大切です。脂肪も硬くなっている場合がありますが、やはり柔らかくすることが先決です。

 

リンパマッサージはアロマオイルでリラックス

f:id:m-danjyo:20170701212853j:plain

リンパマッサージの効果や脚やせリンパマッサージのやり方をご紹介しました。

リンパマッサージは、リラックスした状態でやるのが効果的です。

 

ですので、滑りを良くするためのオイルは、アロマオイルを使うのがおすすめです。

アロマオイルの香りで心が癒されながら、体もリラックスしていきましょう。

毎日リンパマッサージするのが、きっと楽しみになりますよ。