みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

ムダ毛が細くなる!?豆乳ローションの作り方と驚きの効果

f:id:m-danjyo:20170707140819j:plain

ムダ毛の自己処理って、本当に手間がかかりますよね。

それに満足できるほど、キレイな肌にはならないことが多いでしょう。

 

ワタシもムダ毛処理には本当に悩まされました。

そんな女性たちの悩みを解消してくれるのが「豆乳ローション」なんです。

 

豆乳ローションを使ったことがない人は、そもそもどんな効果があるのか気になりますよね。じつは、ムダ毛処理を助けてくれる効果が期待できるんです。

 

さらに豆乳ローションの効果をアップさせたいなら、手作りしたほうが良いそうですよ。作り方も見ていきましょう。

 

そもそも豆乳ローションって何?

そもそも豆乳ローションって何?という人のために、豆乳ローションについてご紹介します。

豆乳ローションとは、ムダ毛を抑制する作用があると言われています。つまりムダ毛が生えにくくなる、もしくは抜けやすくなるということです。

では、どんなものが入っているのでしょうか。

 

大豆イソフラボンが含まれている

そもそもムダ毛は、男性ホルモンが原因で生えてきます。つまり女性ホルモンのはたらきが活発な人は、体毛が少ないんですね。ということは、女性ホルモンを活発にすれば、毛深くならないということになります。

 

そこで女性ホルモンと似たような作用のある大豆イソフラボンの効果で、ムダ毛を抑制しようと考えられたのが「抑毛ローション」です。豆乳が含まれているので、「豆乳ローション」とも呼ばれます。

 

使用感に個人差がある

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似たようなはたらきをするのは、多くの女性がしっていますよね。でもじつは、この作用を実感できるのは50%にも満たないと言われているんです。若い女性に至っては、なんと20~30%しかいないそうです。

 

その理由は腸内環境にありました。大豆イソフラボンが体内でエクオールという物質に変化することで、女性ホルモンと似たような作用が得られます。しかし腸内細菌が活動していないと、そもそもエクオールが作れない体なんだとか。

 

そのため豆乳ローションの効果が充分に発揮されない可能性があるということです。

でも安心してください。

普段から大豆製品をしっかり食べるようにすれば、エクオールが作りやすい体に変わっていくようです。豆乳ローションを使うなら、大豆製品も食べるようにすると良いかもしれませんよ。

 

ただし、たくさん食べれば良いというわけでもありませんので、摂りすぎにはご注意を。

 

即効性はない

豆乳ローションには、即効性はないと考えられます。少なくとも3~6ヶ月くらいは継続的に使用すると良いでしょう。毎日使いつづけることで、少しずつムダ毛の状態が変わってくると考えられます。

 

豆乳ローションの効果とは?

豆乳ローションは、具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか。

 

毛が抜けやすくなる・毛が細くなる

豆乳ローションを使いつづけると、ムダ毛が抜けやすくなる効果が期待できます。そのため中には、脱毛効果があるという人もいます。豆乳ローションを使っているだけで、ムダ毛がなくなったと実感できる人もいるんですね。

 

ただし本来の豆乳ローションの効果は、脱毛効果ではありません。あくまでもムダ毛を細くし、抜け安くする効果のみです。脱毛効果を期待して使っても、思ったような効果は感じられないことがほとんどでしょう。

 

毛穴の黒ずみを改善できる

豆乳ローションを使いつづけると、毛穴の黒ずみを改善する効果も期待できます。毛穴の黒ずみができる原因は、自己処理によるムダ毛の残りですよね。皮膚の表面に出ていなくても、ムダ毛の頭がちょっとだけ見えることもあります。

 

そのため全体的に何となく黒っぽく見えてしまうのです。でも豆乳ローションを使うことで毛が細くなってきますから、黒ずみも改善できると考えられるのです。

 

コラーゲンの生成を助ける

豆乳ローションには、コラーゲンの生成を助ける効果も期待できます。その理由は、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似たようなはたらきをしてくれるからです。コラーゲンは女性ホルモンのはたらきによって生成されますので、その作用を大豆イソフラボンが補ってくれるんですね。

 

しかも活性酸素を除去する抗酸化作用もあるため、アンチエイジング効果も期待できるわけです。ムダ毛処理の助けになり、しかも美肌にもしてくれるなら使ってみたいと思いますよね。

 

豆乳ローションは手作りで効果アップ

豆乳ローションは、もちろん市販のものもあります。ただ成分を薄めている可能性があるため、自分で手作りしたほうが効果が期待できるそうなんです。ここは普通の化粧品とちょっと違いますよね。

では、作り方をご紹介しましょう。

 

材料と準備するもの

・豆乳(無調整豆乳) 250ml

・生レモン 1個

・消毒用エタノール 25ml

 

・鍋

・ざる(耐熱が必要なため、ステンレス製が◎)

・ステンレスのバットかボウル

・キッチンペーパー

・こす用の手ぬぐい(豆乳のカスを濾すため)

・化粧容器

 

豆乳ローションの作り方

①レモン果汁を絞っておく。皮や種が入らないように濾しておくと良い。

②鍋で豆乳を加熱する。弱火で温め、60℃くらいになったらレモン果汁を加える。

③混ぜながら加熱して、かたまりがブツブツとできてきたら火を止める。

④消毒用エタノールを入れて混ぜる。(アルコールのため、火気注意!)

⑤ステンレスのボウルにステンレスのざるを置いて、その上に手ぬぐいとキッチンペーパーを2枚置く。

⑥豆乳を流し入れ、冷めるまで20分くらい放置。

⑦冷めたら濾して、化粧容器に入れる。

 

豆乳ローションの保存方法

完全に冷めたら、冷蔵庫で保存します。

使いたい時だけ出すのが良いでしょう。

 

冷蔵庫では1週間、冷凍庫では1ヶ月ほど保存が利くそうです。

アルコールが入っているので保存は利きますが、基本的に食品なので保存方法には注意しましょう。

 

豆乳ローションで肌の悩みを解消しよう

f:id:m-danjyo:20170707141006j:plain

豆乳ローションについて、ご紹介しました。

効果や作り方がわかりましたね。

 

豆乳ローションは、お風呂上がりだけでなく、朝にもつけると良いそうです。

朝晩2回を毎日つづけることで、3~6ヶ月後にはムダ毛が細く抜けやすくなっている可能性があります。

 

しっかりと効果を引き出すためにも、大豆製品もあわせて食べましょう。

豆乳ローションで、ぜひ肌の悩みを解決しましょうね。