みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

体の中から日焼け止め|しわ・シミに効くトマトの驚くべき美肌効果

f:id:m-danjyo:20170710122554j:plain

トマトに含まれる「リコピン」が健康に良いというのは、聞いたことがあるかもしれません。じつは、日焼け止めにもスゴイ効果があったんです。

 

また日焼け止めだけではなく、しわやシミにも効く美肌効果もスゴイんです。

若返りのビタミンと呼ばれる「ビタミンE」なんて、比べ物にならないくらいのスゴさです。

 

そんなトマトの驚くべき効果について見ていきましょう。

 

トマトの驚くべき美肌効果

トマトには、さまざまな効能があります。昔から「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど、トマトの効能は素晴らしいのです。その中でも、なぜ美肌に効果があるのでしょうか。

 

日焼け止め効果

美肌になるには、日焼けするわけにはいきませんよね。トマトに含まれる「リコピン」には、紫外線を浴びた時に発生する「活性酸素」を除去するはたらきがあります。これが抗酸化作用と呼ばれるはたらきです。

 

また紫外線を浴びると、シミのもとになる「メラニン色素」がつくられます。トマトに含まれる「リコピン」は、メラニン色素の生成を減らすはたらきもあるのです。そのためシミ予防とともに、日焼け止め効果も期待できるというわけです。

 

アンチエイジング効果

できることなら、歳は取りたくないですよね。でも平等に誰でも歳は取っていきます。だからこそ、できる限りの努力で若さを保ちたいですよね。そんな願いを叶えてくれるのが、トマトなんです。

 

トマトに含まれる「リコピン」には、ビタミンEの約100倍の抗酸化作用があるそうなんです。ビタミンEと言えば「若返りのビタミン」と呼ばれるほど、アンチエイジング効果にすぐれている栄養です。

 

それの約100倍の抗酸化作用があるなんて、想像もつきませんよね。とにかくスゴイことだけは、わかります。今までサラダのトマトを何となく避けていたけど、ちょっと食べたくなってきました。

 

また年齢とともに減少していく「コラーゲンの生成」を助けるはたらきもあります。トマトには、コラーゲンの生成には欠かせない「ビタミンC」も豊富に含まれています。そのためしわを予防して、肌のハリと弾力をよみがえらせてくれるのです。

 

美白効果

トマトに含まれる「リコピン」は、カルテノイドと呼ばれるβカロテンの1つです。カルテノイドは抗酸化作用にすぐれていて、ビタミンEの約100倍もあるということが研究によって判明しました。

 

紫外線を浴びると発生する活性酸素は、適量なら体をあらゆる外的から守ってくれます。ですが、増えすぎるとさまざまな悪影響を及ぼすのです。病気や老化を加速させる活性酸素を減らすには、抗酸化作用のある食べ物を摂るしかありません。

それに最も適しているのが、トマトなんです。

 

むくみ解消効果

トマトは、ダイエットにも効果的だと話題になりましたよね。トマトにはカリウムが含まれていて、むくみを解消してくれる効果が期待できるんです。むくみを解消すると、どんなメリットがあるのか。

 

それは「血行が良くなる」というメリットです。血行が良くなると、健康やダイエットにも良いですが、美肌にも関係しているのです。肌のターンオーバーをうながし、新しくキレイな肌に生まれ変わるサポートをしてくれるんですね。

 

トマトを摂る時間帯・量

トマトで日焼け止め効果を発揮してほしいなら、いつ摂れば良いのでしょうか。また、どれくらいの量を摂れば良いのでしょうか。

 

夜に摂ると朝から日焼け止め効果アップ

日焼け止め効果をねらってトマトを食べるなら、夜がおすすめです。トマトが体内で消化吸収するまでに、6~10時間ほどかかると言われています。そのため翌朝の出勤時から日焼け止め効果をねらうには、夜食べるのがオススメなんです。

 

食べる量は1日リコピン15mg

日焼け止め効果をねらってトマトを食べるなら、トマト2個もしくはトマトジュースをコップ1杯くらいが目安です。1日あたりリコピン15mgの摂取で、日焼け止め効果を発揮してくれると言われています。

 

これくらいの量なら、毎日でも続けられそうですよね。また嬉しいことに、トマトに含まれる「リコピン」は、蓄積が可能なんだとか。毎日トマトを食べることで、より日焼け止め効果が高くなっていくと考えられるんですね。

 

トマトの選び方・食べ方

では、どんなトマトを選べば日焼け止め効果や美肌効果を最大限に発揮してくれるのでしょうか。食べ方も見ていきましょう。

 

真っ赤な完熟トマトを選ぶ

トマトに含まれる「リコピン」は、赤ければ赤いほど多いと言われています。つまり完熟した真っ赤なトマトほど、抗酸化作用が高い証明になるんです。トマトが赤く熟していく過程で、紫外線を浴びて抗酸化作用を高めていくと言われています。

 

調理で加熱したトマト料理

トマトに含まれる「リコピン」は、加熱しても壊れないのが特徴です。そのためトマト料理でも充分に効果を取り入れることができるのです。また油を使って調理すると、体に吸収しやすくなるそうですよ。

 

トマトを形のまま食べるよりも、細かく崩すことで吸収率はアップします。トマトソースのパスタや、野菜スープにするのも良いですね。

 

加工したトマト製品

トマトに含まれる「リコピン」は、完熟しているほうが多いです。そのため完熟トマトを使用している、缶詰などの加工品がおすすめです。生のトマトだと調理が面倒ですが、缶詰でOKなら手軽に取り入れられますよね。

 

また市販のトマトジュースも加工品なのでOKですが、塩分や添加物がなるべく含まれていないものを選びましょう。手間を気にしないのなら、手作りのトマトジュースをつくれば、無添加のトマトジュースになります。そこからトマトソースにしても良いですよね。

 

毎日トマトを食べて、美肌を手に入れよう

f:id:m-danjyo:20170710123144j:plain

トマトの日焼け止め効果や、美肌効果についてご紹介しました。

でも、そこで終わらないのがトマトのスゴイところ。

なんと疲労回復効果も期待できるんです。

 

夏バテや蓄積疲労で体がだるい人は、ぜひみずみずしいトマトを食べて、キレイな肌を保ちましょう。美容・健康・ダイエットの効果が一度にクリアできる食材は、そんなに多くはありませんよね。