みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

産後ダイエットを成功させる方法と秘訣

f:id:m-danjyo:20170711234644j:plain

産後は誰だって太りやすいんだ!

そう思っていたけど、さすがにヤバイと感じているのではないでしょうか?

 

出産を終えたら、自然とお腹は引っ込むと思っていたのに、なぜか一向にへこむ気がしない……。

このまま一生太ったままかも。そんな漠然とした不安が押しよせてくるんですよね。

 

でも大丈夫です。

産後ダイエットが失敗しやすい理由や、産後ダイエットを成功させる秘訣がわかれば、きっと満足のいく体型に戻れるはずです。

では順番に見ていきましょうね。

 

産後ダイエットが失敗しやすい理由 

まずは、産後ダイエットが失敗しやすい理由からご紹介しましょう。というよりも、産後に太りやすい理由とも考えられますね。

 

つい単品料理で食事を済ませてしまう

産後は子どもに手がかかって、食事に時間をかけられません。そのため、つい単品料理で食事を済ませていませんか? たとえばパスタ、レトルトカレー、トースト、チャーハンなど、単品料理は太りやすいんです。

 

しかも栄養が偏ってしまい、健康にも良くありませんね。産後は体力勝負です。ですから食事はけっこう大事なんですよ。子どもの世話のほうがもちろん大事ですが、あなたが元気でないと、そもそも子どもを育てられません。

 

食べる時間がないので食いだめしてしまう

とくにはじめての育児の場合は、どうしても子育てに時間が取られてしまいますよね。慣れないことやわからないことばかりで、色々と時間がかかってしまうんです。だから食べる時間がなくなり、つい1回の食事で食いだめしようとしてしまう。これが産後太りの原因なんです。

 

食事はしてないのに間食が多い

食事といっても、まともに食べた記憶がない人もいることでしょう。それなのに、なぜか太った人はいませんか? もしくは、食べてないはずなのに、なぜか痩せないと思っていませんか?

 

確かに食事はしていないかもしれませんが、間食しているのではないでしょうか? 1回の量は少なくても、小まめに食べていたら、意外と量を食べていることも多いです。

 

また食べる物にもよりますよね。甘いお菓子や高カロリーな間食をしていると、むしろ3食たべるよりもカロリーが多くなっている可能性もあります。

 

体力を使っているので油断してしまう

産後は赤ちゃんを抱っこするだけでも体力を消耗します。そのため「多少カロリーが高い物を食べても大丈夫かな?」と油断してしまうことがあります。

また「育児は体力勝負だし、倒れるわけにいかない」と思い、ついモリモリ食べてしまうことも。それも確かに大切なことですが、やっぱりきれいなママになりたいですよね。

 

では産後ダイエットを成功させる方法とは、どうすれば良いのでしょうか?

 

産後ダイエットを成功させる方法

産後ダイエットを成功させる方法は、何でも良いというわけではありません。体への負担を考えて、自分に合ったダイエット方法を選びましょう。

 

できるだけ母乳育児にする

母乳をあげるだけで、1日あたり600キロカロリー程度は消費すると言われています。そのため、なるべく母乳育児をすることが産後ダイエットの成功の秘訣です。母乳を上げることで赤ちゃんの免疫力もアップできますから、一石二鳥ですよね。

 

また母乳育児をすると、必然的に健康的な食生活を送ろうと意識します。栄養バランスを考えようとか、体に悪い物は食べないようにしようと考えますよね。だって、あなたが食べた物が、そのまま赤ちゃんにも影響を及ぼすのですから。

 

そんな意識を持つためにも、母乳育児をすることはおすすめですよ。何より、赤ちゃんとのコミュニケーションにもなり、母親としての自覚を育てることにもつながります。

 

骨盤矯正をメインにしたダイエットにする

産後ダイエットの方法は、骨盤矯正をメインにすると良いでしょう。産後は骨盤が開いている状態ですから、骨盤を引き締めなければ太りやすい体質になってしまいます。

また骨盤が開いたまま硬くなってしまうと、骨盤の歪みが出てしまうこともあります。骨盤矯正の方法はいろいろありますから、ぜひ実践してみてください。

 

www.youtube.com

 

ストレッチがメインなので、リラックスしながらおこないましょう。

ゆったりとした呼吸を意識しながら、柔軟性を高めていきます。

 

www.youtube.com

 

骨盤の歪みを矯正しながら、筋力をアップさせることができるヨガ体操です。

むずかしいポーズではありませんので、こちらもリラックスしながらおこないましょう。

 

有酸素運動を取り入れる

産後ダイエットに最適なのは、有酸素運動です。有酸素運動といっても、ランニングやジョギングはおすすめできません。

産後ダイエットなら、ウォーキングがおすすめです。激しすぎず、かつ脂肪燃焼効果も高いのがウォーキングです。

 

消費カロリーがそれほど多いわけではありませんが、代謝をアップさせるには効果的です。家族の人がいる時に、息抜きも兼ねて一人でウォーキングするのも良いでしょう。また赤ちゃんと一緒に散歩するだけでもOKですよ。

 

食事制限は栄養バランスを崩さない

産後ダイエットの方法では、食事制限をしすぎないことです。ある程度は食事制限がっ必要ですが、断食などの「まったく食べない」などの食事制限は厳禁です。また炭水化物抜きダイエットもやめましょう。

 

糖質が気になるなら、白米を蕎麦に変えるなどして、工夫してみてください。母乳をあげている場合には、玄米には注意してください。消化が悪いので、母乳にも影響があるかもしれません。

 

産後ダイエットを成功させる秘訣とは?

では産後ダイエットの方法がわかったところで、ダイエットを成功させる秘訣やポイントをご紹介しておきましょう。

 

妊娠前の体重に戻らなくても失敗と思わない

産後ダイエットを成功させる秘訣は、妊娠前の体重に戻らなくても失敗だと思わないことです。もちろん妊娠前の体重に戻すことが最終目的ではあります。でも、体重にこだわりすぎる必要はありません。

 

これは普通のダイエットにも言えることですが、体重よりも体型を重視すべきなんですよ。これから年齢とともに代謝は低下していきます。でも健康であることが、何よりも大切です。そのためには太りすぎもダメです。

だから今の自分に合った、適性の体型にすることを重視しましょう。

 

体重よりも体型を変える努力を

女性の体は、お腹に脂肪がつきやすいという特徴があります。とくに産後は、お腹の脂肪が気になりますよね。そのためお腹を中心とした運動は大切です。でも産後ということを忘れないでください。

 

産後はお腹に負担をかけるような運動は、あまりおすすめできません。それよりも、全身の代謝を上げるような運動がおすすめです。体が完全に回復したら、腹筋を重点的に攻めれば良いでしょう。

 

産後ダイエットでは、腹筋運動をしなくても、腹筋を意識した運動はできます。たとえばスクワットは太ももがメインですが、ある程度はお腹にも負荷がかかります。このようにサブ的にお腹に負荷がかかる運動にしておきましょう。

 

産後ダイエットの注意点を守ること

産後ダイエットは、注意点を守っておこないましょう。産後は妊娠前の状態とは違います。とくにスポーツをやっていた人は体力があるので、ついつい激しく運動してしまいがちです。

産後だということを忘れずに、次のような注意点を守ってダイエットをしましょう。

 

  • 帝王切開は傷口に負担がかからないように
  • 自然分娩でも出血するなど、負担がかかっていたことを忘れずに
  • ホルモンバランスの変化を考慮して、決して無理をしない
  • 力を入れすぎる筋トレやハードすぎる運動は避ける
  • 補正下着や骨盤ベルトなどで、締め付けすぎない
  • ストレスによる食べ過ぎに注意

 

これから大切な我が子を育てていかなければいけません。無理をして体をこわしたら、大変なことになります。

自分の体をいたわって、自己管理をすることも親のつとめと言えるでしょう。

 

いつまでもキレイなママでいて欲しい

f:id:m-danjyo:20170711235509j:plain

産後ダイエットの方法と、成功させる秘訣をご紹介しました。

産後は妊娠前の体とはちがいます。それをしっかりと理解した上で、自己管理をしながらダイエットをしましょうね。

 

お子さんもきっと、いつまでもキレイなママでいて欲しいと思っているはずです。注意点を守りながら、無理をしすぎない程度に産後ダイエットを成功させてくださいね。

ほかのママと比べる必要はありません。あなたは、あなたのペースでダイエットを成功させてください。