みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ハーブティーダイエットの効果とは?便秘を解消して痩せ体質になろう

f:id:m-danjyo:20170727082739j:plain

ハーブティーで本当にダイエットできるの?

と半信半疑の人も多いと思いますが、ハーブティーの中にはダイエット効果があるものもあります。代謝をアップしたり、食欲をおさえたり、便秘解消などの効果が期待できます。

 

では、どんなハーブティーを飲めば良いのか、その効果を見ていきましょう。

基本的にはどのハーブティーを飲んでも良いので、好きな香りや好きな味のハーブティーを見つけてみてくださいね。

 

ティーバッグで手軽に飲めるハーブティーも多く売られていますので、ぜひ活用してみてください。いちばんオススメなのは、ハーブの葉や花を乾燥させたドライハーブです。ドライハーブがもっとも香りや風味が強く出ると言われています。

 

自宅でハーブを栽培して、乾燥させて作ることも可能です。生のままのフレッシュハーブは、料理にも活用できますね。また咲いた花の香りを楽しんだり、観葉植物として飾れば運気アップにも効果的です。

 

いろいろな活用方法のあるハーブで、毎日の生活を楽しんでみましょう。

 

ダイエットにおすすめハーブティーの効果

ハーブティーダイエットにおすすめのハーブティーをご紹介します。

 

フェンネル

フェンネルは、ダイエット効果のあるハーブティーとしては代表的なものです。食欲をおさえる効果がとくに期待できると言われています。また利尿作用や便秘解消にも効果があり、ダイエットするならぜひ取り入れたいハーブティーです。

 

レモングラス

レモングラスはとってもスッキリとした飲み心地で、ハーブティーが嫌いな人でも美味しく飲めます。レモンティーのような爽やかな香りが特徴的なハーブティーです。

レモングラスのハーブティーはリンパの流れを良くし、むくみ解消の効果が期待できます。そのため代謝をアップして、飲み続けることで痩せ体質に近づいていけるでしょう。

 

リンデン

リンデンのハーブティーは利尿作用が高く、老廃物を排出するデトックス効果にすぐれています。そのためむくみを解消するとともに、セルライトの改善にも役立ちます。脂肪を排出しやすくすることで、痩せ体質に近づいていけるでしょう。

 

ネトル

ネトルのハーブティーはデトックス効果が高いと言われています。味にもクセがなく、飲みやすいハーブティーです。血行を促進して、むくみ解消や老廃物の排出をしやすくする効果が期待できます。

疲労回復や風邪予防、ケガの回復を早めるなどの効果も期待できると言われています。

 

ハーブティーダイエットの方法

ハーブティーダイエットの方法は、ただ飲むだけです。飲む量も決まっていませんが、ある程度の量を飲まないと効果は感じられないでしょう。ただし飲み過ぎも良くありません。

朝・昼・夜の1日3回くらいが適量だと考えられます。

 

ハーブティーの淹れ方

ティーポットに茶葉かティーバッグを入れます。

95℃以上のお湯が好ましいので、熱湯で良いでしょう。沸騰して火を止めたら、5~10秒ほど一呼吸させたお湯がベストです。

蓋をして蒸らすと、ハーブティーの香りを閉じ込めることができます。

蒸らす時間はドライかフレッシュかティーバッグかで変わります。基本的には3~5分がベストです。

 

※ドライとは、ハーブを乾燥させた「ドライハーブ」のこと。

フレッシュとは、ハーブの葉や花を生のまま使うことです。

 

ハーブティーの飲み方

ハーブティーダイエットでは、飲むタイミングは基本的にはいつでもOKです。

ノンカフェインなので、寝る前に飲んでリラックスするのもおすすめです。安眠できると、太りにくくなると言われています。

 

またハーブティーを甘くして飲みたい場合には、砂糖は入れずに「はちみつ」で甘みをつけましょう。はちみつにはアミノ酸が含まれていますので、代謝をアップしてくれます。

またハーブの香りにも効能が含まれているため、香りを楽しみながら、心を落ち着けて飲むのがおすすめです。

 

3ヶ月は飲み続けること

漢方もサプリメントも同じですが、ハーブティーはすぐに効果の出るものではありません。中には即効性のあるものもありますが、飲み続けなければ効果を持続させることはできません。3ヶ月くらいは飲み続ける必要があります。

 

ただし体質に合わないハーブティーもあるでしょうから、体調が悪くなった場合には無理せず、ちがうハーブティーに変えてみると良いでしょう。

 

ハーブティーダイエットの注意点

ハーブティーダイエットをする上で、注意すべきこともあります。また、体質に合わないと感じたら、無理せず飲むのをやめましょう。

 

薬や病気への悪影響

ハーブティーの中には、薬との飲み合わせが悪かったり、持病への悪影響が考えられるハーブティーもあります。医師でもハーブティーについての知識がない場合もあるでしょうから、なるべく薬を服用中はハーブティーを控えることをおすすめします。

 

妊娠中は控えたほうが良いハーブティーがある

ハーブティーの中には、子宮を収縮させる作用のあるハーブティーもあります。とくに妊娠初期~中期に飲んでしまうと、流産の恐れがありますのでご注意ください。

妊娠後期になると飲めるようになるハーブティーもありますので、効能をしっかりとチェックしてみてくださいね。もっとも妊娠中は、ダイエットよりも健康管理に気をつけましょう。

 

副作用はないが、体質に合わない場合もある

ハーブティーは天然の植物ですから、基本的に副作用はありません。しかし有効成分が体質に合わない場合はあります。そのため飲んでいて体調が悪くなった場合には、すぐに飲むのを中止したほうが良いでしょう。

 

ハーブティーは効能メインで飲むよりも、香りが好きで、美味しく飲めるもののほうが効果があります。いちばんの効果である「リラックス効果」を感じられる、お気に入りのハーブティーを見つけてくださいね。

 

ハーブティーで心も体もリラックスダイエット

f:id:m-danjyo:20170727082756j:plain

ハーブティーダイエットに適したハーブや飲み方などをご紹介しました。

どのハーブティーにも含まれている効果として、やはりリラックス効果が挙げられますね。ダイエット中は空腹感でイライラしてしまうことも多いので、そんなイライラ解消にも役立ちます。

 

またリラックスすることで血行が良くなり、代謝もアップします。むくみ予防にもなりますね。ハーブティーを上手に毎日の生活に取り入れて、リラックスダイエットを実現させましょう。