みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

水ダイエット|どんな水を飲んだらいいの?むくみは大丈夫?

f:id:m-danjyo:20170728160857j:plain

水ダイエットは、とっても簡単なダイエット方法です。

それなのに得られる効果は、ビックリするくらい良いことばかりです。

 

でも、むくみが心配という人もいますよね。

どんな水をどのように飲めば良いのか、ご紹介していきます。

 

「水ダイエットはむくむ」と誤解している人も多いですが、じつは逆なんです。ただし、確かに気をつけるべき人がいます。注意点も含めて、解説していきましょう。

 

水ダイエットの効果とは?

水ダイエットでは、どんな効果が期待できるのでしょうか。水はダイエットにとっても必要なんですよ。

 

ダイエットの大敵!便秘を解消する

水ダイエットの効果は、便秘を解消することです。とくに「硬水」を飲むと、便秘解消の効果があります。最初はどんな水でも良いですから、水を飲むことが大切です。

ほとんどの人は、1日の水の摂取量が少ないそうです。ダイエットだけでなく、健康や美容のためにも水をしっかり飲みましょう。

 

血行が良くなり代謝アップ

水分不足になると、血液がドロドロになってしまいます。すると高血圧や動脈硬化など、さまざまな病気の危険もありますよね。水ダイエットの効果は、これらの病気を予防するとともに、血行が良くなることで代謝がアップします。

 

また血行が良くなると疲労が回復されるのも早くなり、疲れがたまりにくいというメリットもあります。

 

デトックス効果で美肌と体内もキレイに

水ダイエットの効果は、デトックス効果が高いことです。水を飲んで汗で出すのを繰り返すと、毛穴がキレイになって美肌効果もあります。また体内の老廃物も排出してくれるので、体の中もキレイになりますね。

 

ニキビ予防やターンオーバーを正常するためにも、水ダイエットは効果的です。肌の乾燥も防ぎ、さまざまな肌トラブルを改善してくれるでしょう。

またデトックス効果で体内に余計なものがなくなると、血行が良くなり代謝がアップします。水を飲むことで得られるメリットは、かなり大きいですね。

 

食前や空腹時に飲んで満腹感

水ダイエットと聞いて一番に思いつくのは、空腹感をまぎらわせる効果ではないでしょうか。たしかにその効果も期待できるでしょう。食前に飲むことで食べ過ぎを防ぎ、小腹が空いた時に間食を防ぐ効果も期待できるでしょう。

 

どうしても水だけでは空腹感が満たされない場合は、その時だけ炭酸水に変えてみたり、硬水を飲むとお腹にずっしりとたまりやすいですよ。

炭酸水はダイエットに良い効果もありますが、炭酸水だけで水ダイエットはオススメできません。

 

水ダイエットの飲み方

水ダイエットでは、基本的にはいつ飲んでもOKです。でも飲む量や飲むタイミングも重要です。

 

150~250mlを小まめに飲む

水ダイエットの飲み方は、一度に大量の水を飲むのではなく、小まめに飲むことが大切です。1回に飲む量の目安は、150~250mlくらいが良いと言われています。一度に胃で吸収できる量は決まっています。

 

回数は、1日に10回以上がベストです。最低でも7~8回くらいは飲むようにしましょう。

 

1日の目安は体重の4%の量

水ダイエットで飲む1日あたりの水の量は、体重の4%と言われています。ただし体重が多い人の中には、むくみやすい人も多いでしょう。その場合には、むやみに飲み過ぎるとむくみが悪化するおそれがあります。

だいたい1.5~2リットルくらいを目安にするほうが無難です。

 

20℃くらいの常温の水を飲む

ある研究によると、温かすぎる水では消費カロリーが少ないことがわかっています。そのため20℃くらいの常温の水がベストです。

逆に冷たい水では、血行が悪くなり、むくみやすくなります。20℃くらいのやや冷たい水くらいが良いのです。

 

水ダイエットにおすすめの水

水ダイエットにおすすめの水の種類をご紹介します。

まずはその前に、水以外の飲み物について見ていきましょう。

 

水以外の飲み物には気をつける

たとえばコーヒー。利尿作用や脂肪燃焼効果があるので、ダイエットにおすすめの飲み物です。ただし水分補給を目的とした水ダイエットとは違う効果になります。コーヒーを飲んでもOKですが、水ダイエットと同等に考えてはいけません。

 

また当然ですが、糖分の多い清涼飲料水を飲むのもダメです。想像している以上に糖分がたくさん入っています。

 

ダイエット効果をアップするなら硬水がおすすめ

水ダイエットにおすすめの水の種類は、硬水です。硬水はマグネシウムなどのミネラルが多く含まれていますので、便秘解消に効果的です。ただし体に吸収されにくいので、胃腸に負担がかかるおそれがあります。

 

水分補給が必要なので軟水も飲む

いくら硬水が水ダイエットに効果的だと言っても、水分補給の役割がないと意味がありません。そのため硬水だけでなく、軟水も飲むようにしましょう。硬水が苦手なら、軟水だけでもかまいません。

 

水道水でもOK?

水ダイエットは、基本的にはどんな水でも良いと言われています。水道水でもOKです。ただしカルキが含まれいますので、浄水器を使うようにしましょう。できればキレイで体に良い水のほうがベストです。

 

水ダイエットの注意点

水ダイエットの注意点は、むくみに注意すること。

体質によっては、むくみやすい人がいますので、水ダイエットで「水毒」と呼ばれる症状におちいる危険性があります。

 

水を飲んだら排出することが大切です。

ダイエットのために水を飲むので、運動で汗をかくのがおすすめです。そうすれば、むくみにくいですよ。たまに利尿作用のあるお茶やコーヒーを挟むのも良いでしょう。

 

飲んでは出すというふうに循環させることで、新陳代謝が良くなり、代謝もアップします。血行を促進して、冷え性やむくみを改善する効果も期待できるんですよ。上手に飲んでダイエット効果をアップさせましょう。

 

水ダイエットでカラダの中からキレイに

f:id:m-danjyo:20170728155846j:plain

水ダイエットの効果とやり方をご紹介しました。

どれも知っていることかもしれませんが、水を飲めば痩せると思っている人が多いのも事実です。

 

水ダイエットが本当に向いている人は、運動を取り入れたダイエットをしている人です。水ダイエットは「飲んだら出す」が基本です。このサイクルがあることで、ダイエット効果が得られるんですよ。