みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

開脚ストレッチで下半身痩せ|疲れ・腰痛解消にも効果が!

f:id:m-danjyo:20170729130905j:plain

下半身って、なかなか痩せられないですよね。

その理由として考えられるのは、股関節や太ももの筋肉が硬くなっていること。

 

そこで「開脚ストレッチ」をすることで、下半身痩せができると言うんです。

しかも体重が、4~5キロも痩せる人が多いんだとか。

 

「でも体硬いからできない」と言っている人が、たった4週間で床に体をベターっとつけることができるそうなんです。スゴイですね。

年齢とともに体が硬くなると言われていますが、60~70代の人でもできるようになるんだとか。

 

開脚ストレッチは下半身が痩せるだけでなく、健康にもメリットがたくさんありそうです。では、ご紹介していきましょう。

 

開脚ストレッチとは?

開脚ストレッチとは、体を柔らかくすることで全身の血行が良くなり、代謝がアップして痩せられるというダイエット方法です。

 

ヨガ講師である泉栄子さんの著書「どんなに体がかたい人でもベタッと開脚できるようになるすごい方法」という本は、なんと100万部も売上げたベストセラーになっているそうです。多くのテレビ番組でも紹介されました。

開脚で痩せることより、売上のほうがスゴイ気がしますが……。

 

この開脚ストレッチが人気を集めた理由は、ハードな運動をしなくても簡単にできるところではないでしょうか。

しかも年齢を問わずできるのも、大きなメリットです。誰にでもできて、しかも効果が期待できるのであれば、やってみないと損ですね。

 

開脚ストレッチのダイエット効果とメリット

開脚ストレッチには、ダイエット効果が期待できます。健康に関するメリットもたくさんありますので、見ていきましょう。

 

下半身のむくみが解消される

開脚ストレッチの効果は、下半身のむくみが解消されることです。股関節が硬いと、下半身への血流がとどこおってしまいます。そのため下半身はむくみやすくなり、結果として脂肪がたまってしまうという現象が。

 

腰痛も解消できる

開脚ストレッチは、腰痛の改善にも効果的です。下半身の血行が良くなることで、腰の血行も良くなるからです。また、もう1つの理由は、開脚ストレッチをすることで姿勢が良くなるから。

 

開脚ストレッチが直接的に姿勢を良くするわけではありませんが、体が柔らかくなることで正しい姿勢を保ちやすくなります。姿勢を良くしていないと、気持ち悪いと感じるようになりますよ。

 

手足の冷え性が改善される

下半身はもともと血行が悪くなりやすい場所です。本来は心臓に戻るべき血液が、重力に負けて心臓まで上って行きにくいんです。そのため手足などの心臓から遠い場所の「末端」と呼ばれる部分は、冷えやすいのです。

 

開脚ストレッチの効果は、血行が悪くなりやすい下半身の柔軟性を高めて、血行を良くすることです。下半身の血行が良くなれば、全身の冷え性まで改善されることが期待できるでしょう。

 

疲れがたまりにくく回復しやすい

疲れやすいのは、血行が悪いことが原因です。血液中に疲労物質が発生するのですが、血行が悪いと老廃物が排出されません。そのため疲れがたまりやすくなってしまうんです。そこで開脚ストレッチをすると、疲れがたまりにくくなり、しかも疲労回復しやすくなるという効果も期待できるでしょう。

 

そして体が柔らかくなることのメリットが、もう1つあります。それは体を動かしやすくなるということ。体を楽に動かせるようになると、疲れにくくなるのは容易に想像がつきますよね。

 

生理痛の緩和や経血が出やすくなる

以前何かの雑誌で見たのですが、股関節を柔らかくすると生理痛が緩和されると書いてありました。生理痛は、経血が出にくい(子宮内膜が剥がれにくい)時に痛みを感じます。そのため経血を出やすくすることで、生理痛を緩和できるんです。

 

つまり子宮の血流を良くしてあげれば良いんです。股関節のストレッチをすることで、子宮の血行を促進することができるでしょう。これは生理の時だけでなく、普段から継続的にやることで効果を感じられます。

 

開脚ストレッチのやり方

では開脚ストレッチのやり方をご紹介しましょう。

ユーチューブで見たことがある人も多いでしょう。この方が著者の泉栄子さんです。開脚の女王とも呼ばれているようですね。

 

www.youtube.com

 

著書では、毎日3種類の開脚ストレッチをするようです。

そのうちの1つは、週替わりで変わるそう。4週間経つ頃には、顔が床につくようになっているんだとか。しかも体重も減っているという、おどろきの方法です。

 

基本のストレッチ

4週間、毎日やる基本のストレッチは2種類です。

 

タオルストレッチ

f:id:m-danjyo:20170729130510j:plain

  1. 仰向けに寝て、片足を上に上げます。
  2. 足の裏にタオルを引っかけて、タオルの両端を持ちます。
  3. 膝は伸ばした状態で、つま先はなるべく下に向けます。
  4. 足を前後に揺らします。片足につき30秒間おこないましょう。

 

シコストレッチ(上の動画に収録されています)
  1. 足を広く開き、腰を落とします。膝は90℃になるくらいを目指します。
  2. 両手を両膝に当てて、肘は伸ばします。辛ければ肘を曲げてもOK。
  3. 右肩を内側に入れて、腰を上下に20回揺らします。左肩も同様。

 

では次に、週替わりストレッチをご紹介します。

1週間ごとにメニューを変えて、最終的にはベターッとできるようになるでしょう。

 

【開脚ストレッチ1週間目】内ももストレッチ(動画アリ)

  1. 立った状態から足を開き、両手を床につきます。
  2. 片足の膝を曲げて、伸びている足のつま先は上に向けます。
  3. 曲げた足のつま先と膝が、体よりも前に来ないようにします。辛い人はかかとを上げてOK。
  4. 上下に30秒間揺らします。反対の足も同様に。

 

【開脚ストレッチ2週間目】壁ストレッチ

  1. 壁の前で仰向けに横になり、両足を上げて、足とお尻を壁につけます。
  2. そのまま足を開脚して、1~2分間揺らしましょう。

 

【開脚ストレッチ3週間目】椅子ストレッチ

  1. 背もたれのある椅子を用意して、背もたれに向かってまたぐように座ります。
  2. 足を背もたれと同列あたりに置いて、つま先立ちします。
  3. 背もたれを持って肘を伸ばし、上体を後ろに倒します。胸を張るようにして、背中はあまり反らない。
  4. 上体を左右に揺らしながら30秒間。

 

【開脚ストレッチ4週間目】ドアストレッチ(動画アリ)

ここまで来れば、かなり体は柔らかくなっているはずです。あと一息がんばりましょう。

 

  1. お家で、壁と入り口が並んでいる場所を探す。
  2. 足を壁に引っかけるように開脚した状態で、入り口の前に座ります。
  3. 壁があることで、つま先が前に倒れずに固定することができます。
  4. そのまま前屈をしましょう。30秒間、左右に揺らします。

 

毎日やると少しずつ柔らかくなっていくので、お尻の位置をどんどん前にしていくと、股関節がより柔らかくなります。股関節だけでなく、内ももが伸びているのも感じましょう。

 

これであなたも開脚の女王になれる

f:id:m-danjyo:20170729130748j:plain

サッと読んだだけでは、自分ができるようになるとは思えないかもしれません。でも毎日ちゃんと継続すれば、ほとんどの人が「開脚前屈」ができるようになるそうです。

それができるようになる頃には、体重も減少しているはずです。

 

しかも疲れにくくなったり、腰痛が改善されたり、体の調子が良くなっているはずですよ。

年齢を選ばず挑戦できる開脚ストレッチで、あなたも開脚の女王を目指しましょう。