みちの道

人生を変えるヒントがココにある

Michi no michi

毎日がちょっとハッピーになる情報

男の丸顔を小顔にする顔痩せ方法!男らしい細い顔でモテ男に

f:id:m-danjyo:20170803121552j:plain

テレビをつければ、洗練されたカッコイイ小顔の俳優ばかり出ていますよね。

それをあなたは、指をくわえて見ているだけですか?

 

男性だって顔痩せしたいはず。

そんなあなたのお悩みを解決していきましょう。

 

顔痩せ方法を実践すれば、同時に美肌にもなれるというオマケ付きですよ。

しかも仕事にも集中でき、モテ男にもなれちゃう。

そんな美味しい話は、他にありませんね。

 

ビジネスに役立つ「顔が広い」は面積じゃない

すみません、ちょっとふざけました。でも顔が大きいメリットもあります。

顔が大きいメリットは、貫禄があり、リーダーシップがあるように見えること。みんなを引っ張っていけるような、パワフルなイメージを持たれることも多いです。

 

でも顔が大きいけど自信のない表情をしていては、ただの自制心がない人に見えてしまいます。横柄な態度をしろというわけではありません。それは最悪です。

つまり、性格は顔にあらわれるということ。どうせデキる男になるなら、細い顔のモテ男になりたいですよね。

 

顔が大きいデメリット

顔が大きいことのデメリットはいくつかありますが、代表的なことを3つご紹介します。

 

  • 老けて見える
  • スタイルが悪く見える
  • オシャレしてもダサく見える

 

顔が大きいだけで、こんなに損しているんです。本当はセンスが良く、オシャレなあなたでも、そうは見えなくなってしまいます。また老けて見られてショックなのは、女性だけではないですよね。

 

さらに顔が大きいと全身のスタイルが、バランス悪く見えてしまいます。最近何を着ても決まらないなぁ、と感じる理由は、顔の大きさが問題なのかもしれません。

 

では顔太りになる原因を見ていきましょう。

 

顔が太る原因とは?

顔が太る原因は、いたって単純なことです。順番に見ていきましょう。

 

パンパンに膨れ上がった「むくみ」

顔が大きく見えるのは、顔がパンパンにむくんでいるからです。ワタシの夫もむくみやすい体質なので、顔がパンパンになっている時があります。でもジムに行って運動すると、別人のようにスッキリした顔になって帰ってきます。

 

でも日常的に自然とむくみが解消されるようにならないと、全身の代謝が悪い状態だということ。その原因はたくさんあります。その中でも一番の原因は「便秘」。

便秘は顔をむくませる最強の原因と言えるでしょう。食生活を改善して、血行を促進することが必要です。できれば顔だけでなく、全身の血行促進が必要です。

 

緊張感のなさが引き起こす「脂肪・たるみ」

食生活が悪かったり、運動不足になると、顔だけではなく全身に脂肪がつきますよね。年齢とともに太りやすくなり、肌のハリもなくなっていきます。そうするとWパンチで今度は顔のたるみまで出てきます。

 

これも血行の悪さが1つの原因です。運動する暇がない人は、家でテレビを観ながらストレッチするだけでもかなり改善できます。ちょっと伸ばしただけでは意味がありませんよ。ドラマが1話終わるくらいの時間は、ストレッチやセルフマッサージをしてみましょう。

 

デクスワークやスマホによる「表情筋のおとろえ」

仕事中はデスクワークで、一日中パソコン作業。昼休みも通勤中もスマホに夢中。

そんな生活をしていると、表情筋はどんどんおとろえてしまいます。最近いつ人と会話して笑いましたか? 笑うことが、いちばん手っ取り早く表情筋を鍛えられます。

 

同僚への「おはよう」という一言でも、笑顔で言うことで表情筋を使います。昼休みに入ったお店で「ありがとう」と言うだけで、相手も笑顔になってくれます。ちょっとした人とのコミュニケーションが、あなたの表情筋をどんどん鍛えてくれますよ。

 

丸顔を小顔にする顔痩せ方法とは?

丸顔から小顔になり、モテ男になるための顔痩せ方法をご紹介しましょう。

 

むくみ解消マッサージで人気者に

顔のむくみを解消するには、マッサージが効果的です。でも顔だけマッサージしてもダメなんです。とくに注目すべきなのは、「下半身」。脚にむくみがあると、顔にもむくみが出てきます。

 

新陳代謝が悪い状態なので、お風呂で半身浴をして、汗をしっかり出しましょう。そしてお風呂上がりにマッサージ開始です。

 

スキンケア&小顔マッサージ

顔のスキンケアは、お風呂上がりにすぐやらないと乾燥が始まります。といっても男性は皮脂の分泌が多いので、そこまで乾燥しないかもしれません。とはいえお風呂上がりは毛穴が広がっていますから、このタイミングでしっかりと化粧水や乳液をつけておきましょう。

 

乳液やクリームを顔につけた状態で、簡単に小顔マッサージをします。

  • 眉毛を指の腹でツボ押しするように押します。
  • 目の下のクマができる場所を、四本指でパタパタと手早く動かします。皮膚が薄いので、軽くでOKです。血行を良くすることで、顔色が良くなります。
  • クリームで滑りを良くして、頬骨の下を中心から耳に向かって流します。
  • 耳から顎を通って、首から鎖骨に流すイメージで指を滑らせます。

 

目元は眼球があるので、強く押さないように注意。

血行が悪くなりがちなので、1分間くらいかけてパタパタしましょう。

男性はメイクで隠せないので、目元の血行が良くなるだけで顔色が良くなりますよ。

 

脚のマッサージもここでじっくりご紹介したいのですが、長くなるのでこちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

小顔エクササイズでモテ男に

小顔エクササイズもたくさんあるのですが、男性は簡単な方法じゃないと面倒くさくなっちゃいますよね。夫に言っても、10秒くらいで飽きちゃいます。だから、いつでも簡単にできる小顔エクササイズをご紹介します。

 

大きな口で「あ・い・う・え・お」

声は出さなくて良いので、可能な限り大きな口を開けて「あ・い・う・え・お」と動かします。

  • 「あ」は口の前後左右をめいっぱい開ける感じ。
  • 「い」はできる限り横に口を引っ張る感じ。
  • 「う」はできるだけ口を小さくすぼめる感じ。
  • 「え」は下唇を下げる感じ。
  • 「お」はできるだけ口を前に出す感じ。

 

顎関節症の人は、顎がカクカクするので無理をしないように。

顔と口の筋肉の収縮を感じながら、伸ばしたり縮めたりしてみましょう。

 

生活習慣の改善でデキる男に

丸顔を小顔にする顔痩せ方法は、生活習慣を改善することです。とくに食生活は、顔太りの大きな原因になります。家に帰ると、テレビを観ながらスナック菓子と炭酸ジュースでは、太るのは当然です。

 

「癒しの時間を取らないで!」という気持ちはわかります。ワタシもテレビ大好きですから。でも食生活は変えられます。不思議なことにジャンクフードを食べなくなると、食べる気がしなくなってくるのです。

 

ジャンクフードは依存性があり、食べるとまた食べたくなる。食べ始めると止まらなくなる性質を持っています。ためしに今日から1ヶ月我慢してみてください。きっとジャンクフードに見向きもしなくなりますよ。

 

顔痩せのためのスペシャルケア

顔痩せしたいけど、自分でやるのは面倒くさいという人は、プロにお任せしても良いでしょう。エステでのフェイシャルマッサージは、本当に癒されますし、眠ってしまうほど気持ちいいです。

一度くらい「頑張っている自分へのご褒美」として、メンズエステ体験してみるのも良いかもしれませんよ。

 

顔痩せマッサージ&エクササイズの注意点

顔痩せマッサージや小顔エクササイズは、注意点もあります。

 

シワやたるみを悪化させないように注意

とくに自己流の顔痩せマッサージは、シワやたるみを悪化させてしまうことがあります。男性は力が強いので、極力やさしい力でやるようにしましょう。力を入れ過ぎると、シワができるかもしれません。

 

あまり即効性はない

顔痩せ方法は、残念ながら即効性はあまりありません。でもエステでのフェイシャルマッサージは、即効性があります。とはいえ一時的ですから、自分でケアしないといけません。

顔痩せ方法は、あまり焦らずにリラックスしながら血行を良くすることをメインに考えましょう。顔の脂肪を親の仇みたいにして扱うと、シワやたるみの原因になります。

 

リラックスすると血行も良くなりますので、楽しみながら顔痩せ方法を実践してみてください。時間はかかりますが、確実に変化はしていきます。それが面白くなってきますよ。

 

最強の顔痩せ方法は「笑顔」

f:id:m-danjyo:20170803121417j:plain

男性のための顔痩せ方法をご紹介しました。

ご紹介した方法は、比較的カンタンなものばかりですから、ぜひ気長に実践してみてください。でも顔痩せできるいちばん簡単な方法は、「笑顔」を増やすこと。

 

笑顔は最強の顔痩せ方法になります。

笑顔になることでコミュニケーションもスムーズになり、仕事も恋愛も家庭もうまくいくことでしょう。

 

また笑顔になることで、自分自身のメンタルが強くなっていきます。笑顔が多い人は、メンタルが強い人が多いんです。なぜなら、こんな生きにくい世の中でも何らかの楽しみを見つけられる精神力を持っている証しだから。

 

あなたも最強の顔痩せ方法である「笑顔」習慣をはじめてみましょう。きっと何か嬉しい発見があるかもしれませんよ。