みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

シミを防いで日焼けする方法|モデルのような小麦肌美人に

 

f:id:m-danjyo:20170809204658j:plain

美白ケアに力を注いでいる人が多い中で、小麦色の肌が目立つモデルもいますよね。

とくに海外のハリウッドセレブやモデルも、小麦色の肌の人が多いです。日本でもモデルの中村アンさんは、小麦色の肌で健康的な印象ですよね。

 

「わたしも焼いてみたいけど、シミになるのが怖い!」

と思っているあなたのために、シミを防いで日焼けする方法をご紹介します。

 

サンオイルにも日焼け止め効果があった!

サンオイルって、良く焼けるためのものだと思っていませんでしたか? ワタシはそう思っていました。でも実は、サンオイルにも日焼け止め効果があったんです。

 

紫外線にはA波とB波があり、A波は肌を黒くして、B波は肌を赤くして炎症を起こします。どちらも皮膚ガンの元にはなりますが、紫外線B波のほうが皮膚ガンになりやすいです。

 

サンオイルは、より危険な紫外線B波だけを防ぎ、A波は防ぎません。そのため肌を黒くする効果が期待できるのですね。ちなみに日焼け止めは、紫外線A波もB波も防ぎます。

 

サンオイルは日焼けしやすくする効果があるというよりは、危険な紫外線B波を防ぎ、肌を黒くする紫外線A波だけを吸収する効果があります。

 

ただし紫外線A波は真皮にまで届き、シミの元になると言われています。でもどちらかというと肌を乾燥させる作用のほうが強く、紫外線B波のほうがシミそばかすをつくりやすくすると言われています。

つまり……

 

  • 紫外線A波もB波も、皮膚ガンの元になるけど、紫外線B波のほうが危険。
  • 紫外線A波もB波も、シミの元になるけど、紫外線B波のほうがシミになりやすい。

 

ということです。サンオイルは、危険なこの紫外線B波だけを防ぐのです。

 

シミを防いで日焼けする方法

では、シミを最大限に防ぎながら日焼けするには、どうすれば良いのでしょうか。

 

SPF効果のあるサンオイルを塗る

サンオイルにも、SPF機能がついているものがあります。シミを防ぎながら小麦色の肌になりたいなら、SPF効果のあるサンオイルを使いましょう。

または、SPFが弱い日焼け止めを使うのも良いそうですよ。

 

ココナッツオイルを塗る

ココナッツオイルには日焼け止め効果があるのですが、程よく紫外線を防いで、きれいに日焼けすることもできます。ココナッツオイルは保湿効果も高いので、美肌になりながら日焼けするにはおすすめ。

少しですが、SPF効果も含まれています。ヴァージンココナッツオイルを使うようにしましょう。

 

10~15時の日焼けは避ける

シミを防ぎながら日焼けをするには、紫外線が強い時間帯は避けましょう。10~15時は紫外線が強いので、短時間でも肌が赤く炎症を起こす可能性があります。

また強すぎる紫外線を浴びると、水ぶくれになったり皮が剥けたりするので、きれいに日焼けすることができなくなります。

 

日焼けは2~3時間以内にする

日焼けするなら、2~3時間以内にすることです。それ以上の長時間日焼けしてしまうと、焼けすぎてキレイな小麦色の肌になることができません。

肌の強さは個人差がありますが、とくに今までしばらく日焼けしなかった人は、急激に長時間焼くのはやめましょう。少しずつ日焼けするのが、キレイな小麦色の肌になるコツです。

 

曇りの日がおすすめ

シミを防ぎながら日焼けする方法は、ギラギラと照りつける太陽の元で焼くのではなく、曇りの日がおすすめです。曇りの日も紫外線は降りそそいでいますが、晴れた日の60~80%の紫外線量になると言われています。

 

でもなかなか曇りの日に狙いを定めて日焼けするのはむずかしいですよね。その場合には午後3時以降に焼くと良いでしょう。また室内でガラス越しに焼くことで、危険な紫外線B波をある程度防ぐことができます。

 

日焼け後のアフターケア

シミを防いで日焼けする方法は、日焼け後のアフターケアがとっても重要です。

 

冷やしながら日焼けする

日焼けをすると、少なからず肌が火傷している状態になります。そのため冷やしながら日焼けをすることで、火傷状態を防ぐことができます。

火傷直後にも氷で冷やすと、水ぶくれ予防になりますよね。でも、そのまま放置すると水ぶくれになってしまいます。それと同じ原理です。

 

日焼け直後に冷やす

日焼け直後にもしっかりと冷やすことが大切です。肌に熱がこもっていると、水ぶくれや皮剥けの原因になります。きれいな小麦色の肌になるには、冷やすのは必要不可欠です。

 

水ぶくれをつぶさない・皮をむかない

もし日焼け後に水ぶくれができてしまったら、絶対につぶさないようにしましょう。水ぶくれをつぶすと、そこから皮が剥けはじめ、まだらな肌になってしまいます。皮が剥けたところだけ白い肌が出てきて、いちばん汚い状態になってしまいます。

そのため皮が剥けてしまった場合にも、なるべく剥かないようにしましょう。

 

保湿をしっかりする

日焼け後のアフターケアは、しっかりと保湿すること。肌を黒くする紫外線A波は、肌の真皮まで届き、肌から水分を奪います。そして肌のハリとうるおいを奪っていくのです。そのため日焼け後の保湿は必須です。

 

ヒリヒリする時の対処法

もし紫外線B波を防ぎきれずに赤くヒリヒリしてしまった場合には、保湿効果のあるクリームで対処しましょう。保湿におすすめのクリームは、以下のものです。

 

  • アロエクリーム
  • 馬油
  • ココナッツオイル

 

 アロエは火傷の治療に使うことが多いですよね。ふつうにアロエを栽培していて、その中のエキスを火傷に塗ると効果的だと言われています。皮膚の炎症をおさえる、家庭用治療薬のような効果が期待できます。

 

また馬油やココナッツオイルは、保湿効果がバツグンです。さらに肌を美しく保つための美肌効果も期待できます。

 

きれいに日焼けして健康的な美肌を目指そう

f:id:m-danjyo:20170809204607j:plain

シミを防いで日焼けする方法をご紹介しました。

モデルのようなナイスバディで日焼けしていると、カッコイイですよね。日焼けしないようにと考えすぎると、精神的にも後ろ向きになるような気分の時があります。でも日焼けするなら、逆に解放感がありますよね。

 

「夏を満喫している自分」を思う存分に楽しむこともできます。日焼けしないようにこだわり過ぎずに、どうせなら健康的な小麦色の美肌を目指すのも良いかもしれませんね。