みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

麦茶ダイエット|健康・むくみにも効果のある成分とは?

f:id:m-danjyo:20170814181905j:plain

健康効果・むくみ解消にも良い「麦茶ダイエット」。

 

「まいにち飲んでるけど、痩せないよ」と思っている人もいるかもしれません。

麦茶の飲み方を変えれば、健康的に痩せる効果が期待できますよ。

 

麦茶の効能は、麦茶に含まれているアノ成分のおかげ。

じつは、ストレス解消にも効果があったんです。

 

ストレスと不眠は、ダイエットの大敵です。

毎日の仕事などでストレスがたまっている人も多いでしょうから、麦茶ダイエットでついでにストレスも解消しちゃいましょう。

 

麦茶の効能はアノ成分のおかげ!

麦茶の効能は、リラックス効果が期待できる成分のおかげです。

この成分は、病気を予防して健康効果を高めてくれます。さらに、むくみを解消したりというダイエット効果も高いことがわかっています。

 

その成分とは、「GABA(ギャバ)」です。

 

聞いたことあるのではないでしょうか。

イライラした時にチョコレートを食べると、ホッとする感じしませんか?

それがまさに「GABA」のおかげなんです。

 

GABAという成分は血行を促進して、健康やダイエットに良い効果が期待できます。

では具体的に、どのような効果が期待できるのでしょうか。

 

麦茶ダイエットの効果とは?

麦茶ダイエットの効果は、ほとんどがGABAによってもたらされる効能です。

 

コレステロールを下げる効果

麦茶に含まれている「GABA」には、コレステロールを下げる効果が期待できます。血行を促進して、中性脂肪もつきにくくする効果が期待できると言われています。

 

生活習慣病が気になって、ダイエットを決意した人にも麦茶はおすすめですよ。麦茶はノンカフェインなので、子どもから大人まで、みんなで飲めるのが嬉しいですね。

 

むくみを解消するデトックス効果

麦茶に含まれている「カリウム」には、塩分や水分を排出する利尿作用があります。そのためむくみを解消して、老廃物を排出するデトックス効果にすぐれています。

 

利尿作用がある飲み物なので、運動後の水分補給には適していません。ダイエットのために運動をしている人もいると思いますが、運動後は別の飲み物を飲みましょう。

 

血行促進で代謝アップ

麦茶に含まれている「GABA」は、血行を良くする効果が期待できます。血行が良くなれば、高血圧予防などの健康効果も期待できますよね。健康的に痩せるなら、代謝もアップが期待できる麦茶ダイエットがおすすめです。

 

脳を活性化して、ストレスと不眠を解消

麦茶に含まれている「GABA(ギャバ)」は、脳を活性化する作用があると言われています。また高ぶった神経をリラックス状態にして、疲労とストレスを解消してくれるそうなんです。

 

また寝る1時間前くらいにGABAを摂取すると、体温を下げて安眠効果を高めると言われています。ストレスや不眠は、ダイエットのさまたげになります。麦茶を飲んで、リラックスダイエットをしましょう。

 

麦茶ダイエットの飲み方とは?

麦茶ダイエットの飲み方は、それほどむずかしくありません。ちょっとだけ意識すればOKです。

 

常温・温かい麦茶を飲む

温かい飲み物は、代謝アップの効果が期待できますよね。でも麦茶の場合には、夏の飲み物だけあって、体を冷やす効果があると言われています。

そのため常温の麦茶を飲むのがベストです。温かい麦茶でもOKですよ。

 

1日に1.5リットルの麦茶を飲む

麦茶ダイエットの飲み方は、1日に1.5リットルくらい飲むのが良いでしょう。かなりの量だと感じるかもしれませんが、普段からこれくらいの飲み物を飲むのが本当は普通なんです。

 

最近は飲み物の量が減っていると言われています。意識的に小まめに飲むことで、1.5リットルを無理なく飲むことができます。

水分補給をすることもダイエットには重要です。ダイエット効果の高い麦茶なら、どんどん飲みたいですね。

 

できれば煮出した麦茶を飲む

麦茶ダイエットの効果を高める飲み方は、煮出した麦茶を飲むことです。ペットボトルでも良いのですが、自分で茶葉から煮出したほうが濃い麦茶が飲めます。

ミネラルウォーターを使うと、よりダイエット効果がアップしますね。もちろん水道水でもOKですよ。

 

麦茶ダイエットの注意点

やり方は簡単な麦茶ダイエットですが、いくつか注意点もあります。

 

作った麦茶は腐りやすい

麦茶は夏の飲み物の定番ですが、自分で作った麦茶って腐りやすいんです。といっても、1~2日で飲み切ればOK。煮出した麦茶ならまだ良いのですが、水だし麦茶はとくに危険です。できれば1日で飲み切りましょう。

 

常温で飲んだほうがダイエット効果は高いのですが、冷蔵庫に入れないで出しっぱなしにしていると、それだけ腐りやすくなることは頭に入れておいてください。

 

容器の内側が、ヌルヌルするんです。うっかり3日以上経つと、けっこう異臭がします。市販のミネラルウォーターを使って煮出せば、ちょっとは長持ちするかもしれません。あくまでも予想ですが。

 

食事中と食後は大量に飲まない

麦茶は1日を通して、小まめに飲むことが大切です。でも、食事中と食後は大量に飲まないようにしましょう。食事中は胃の中で消化活動がおこなわれています。その時に麦茶を大量に飲むと、胃酸がうすまって消化不良を起こすおそれがあります。

食前と食後に、コップ1杯ずつくらいならOKでしょう。

 

麦茶ダイエットは1年中できる

麦茶ダイエットの効果と飲み方をご紹介しました。

麦茶は夏の風物詩ですが、健康効果も高いので、1年中飲むと良いですよ。しかも麦茶は安いのがメリット。茶葉の中でも、ウーロン茶より安かったりしますよね。

 

経済的で健康効果も高くて、ダイエット効果もあるのですから、もう麦茶を飲まない理由が見つかりません。しかもノンカフェインなので、いつでも飲めるのが嬉しいですね。