みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

1週間ダイエット!脂肪燃焼スープダイエットの作り方とやり方

f:id:m-danjyo:20170814003038j:plain

たった1週間で4~5キロ痩せた人もいるという「脂肪燃焼スープダイエット」。

これはもともと、手術前の患者用に考えられた体質改善スープです。

 

1週間、決められたメニューを食べることで、確実に体重が減ると言われています。

しかも健康になるというメリット付。

 

では脂肪燃焼スープダイエットの効果と正しいやり方をご紹介します。

やり方を間違えると、効果が半減してしまいます。忠実に再現してみてくださいね。

 

脂肪燃焼スープダイエットの1週間メニュー

脂肪燃焼スープダイエットの1週間メニューをご紹介します。この通りの方法で、しっかりと忠実に再現してみましょう。正しい方法でおこなえば、ほぼ確実に減量できるはずです。

 

1日目|果物・脂肪燃焼スープ

食べて良いのは、バナナ以外の果物です。

脂肪燃焼スープは、好きなだけ食べてOK。お腹いっぱいになるまで、食べると良いそうですよ。本当かなぁ? でも1食3杯くらいまでで止めておいたほうが良さそうな気もします。ある程度までは、満足するまで食べたほうが良いですよ。

 

2日目|野菜・脂肪燃焼スープ

野菜は豆類・スイートコーンはNG。それ以外の糖質が少なめの野菜なら、いくらでも食べてOKです。油はNGなので、ドレッシングには注意です。

脂肪燃焼スープは、好きなだけ食べてOK。

夜にベイクドボテトを食べてもOK。(ベイクドボテトは、この日だけ)

 

3日目|果物・野菜・脂肪燃焼スープ

果物は、バナナ以外。野菜はベイクドボテト以外。糖質が少なめな野菜。

脂肪燃焼スープは好きなだけ食べてOK。

 

4日目|バナナ・スキムミルク・脂肪燃焼スープ

バナナは3本、スキムミルクは500ml(低脂肪乳でもOK)。

脂肪燃焼スープは、好きなだけ食べてOK。

この日は、水を多めに飲みましょう。

 

5日目|肉or魚・トマト・脂肪燃焼スープ

トマトはいくらでも食べてOKと書いてあるものと、6個までOKという資料がありました。念のため、6個までをおすすめします。

肉は牛・豚・鶏なんでもOKですが、鶏皮はNG。肉の代わりに魚を食べてもOKです。

脂肪燃焼スープは好きなだけ食べてOK。スープを食べないのはNGです。もう食べたくないですけどね。でも1杯は食べましょう。

 

6日目|牛肉・野菜・脂肪燃焼スープ

ベイクドボテトはNG。糖質が少なめの野菜と、牛肉はいくらでも食べてOK。

脂肪燃焼スープも、最低1杯は食べましょう。

 

7日目|玄米・野菜・フルーツジュース・脂肪燃焼スープ

フルーツジュースは100%の糖分の入っていない物。

糖質の少ない野菜と、玄米を食べます。脂肪燃焼スープはいくらでも食べてOK。

 

脂肪燃焼スープダイエットの注意点

脂肪燃焼スープダイエットの注意点をご紹介します。やってはいけないことが2つあります。

 

1週間以上は続けない

脂肪燃焼スープダイエットの注意点は、絶対に1週間以上は続けないことです。糖質を制限しているので、1週間以上やると危険です。また油もひかえているので、栄養バランスが崩れて肌がカサカサになるおそれがあります。

1週間やり切ったら、いったん終了して、またしばらく経ってから再度チャレンジしてみましょう。

 

頭痛が起きることが多い

脂肪燃焼スープダイエットをやっていると、頭痛が起きることが多いです。これは「ケトーシス状態」になっている可能性が高いです。ケトーシスとは、糖質が足りなくなり、脂肪をエネルギー源として消費している状態です。

 

つまり痩せやすい状態ということです。この状態をケトーシスと言い、ケトーシスになると、頭痛が起こりやすいと言われています。頭痛薬を飲んでも、効かないそうですよ。

 

その頭痛の治し方は、水分をたくさん摂って、入浴や運動をすること。汗をかくことで、改善されると言われています。

 

生理前後にはやらない

生理前後には、脂肪燃焼スープダイエットはやらないようにしましょう。生理前後は痩せにくい時期なので、脂肪燃焼スープダイエットをしても効果が感じられません。

また生理前後はホルモンバランスが崩れるので、体調を崩しやすい時期ですよね。そのため過酷な脂肪燃焼スープダイエットはおすすめできません。

 

24時間前からお酒を飲まない

脂肪燃焼スープダイエットをはじめる24時間前から、お酒は禁止です。もしお酒を飲んでしまったら、スタートを24時間引き延ばしましょう。つまり1週間の脂肪燃焼スープダイエット中も、お酒は禁止です。

アルコールを飲むと、脂肪が燃焼するメカニズムが狂ってしまうんです。そのため充分な効果を感じられなくなります。それでは、困りますよね。

 

脂肪燃焼スープの作り方

脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。材料もしっかりと守りましょうね。代用できる野菜もありますが、ここでは基本の作り方をご紹介します。

 

脂肪燃焼スープに使う野菜

  • 玉ねぎ 大3個
  • キャベツ 半玉
  • セロリ 1本
  • にんじん 1本
  • ピーマンorパプリカ 大1個
  • トマト 大3個

 

トマトはトマト缶でもOKですが、できればフレッシュトマトを使ってください。

これ以外の材料は、水2~3リットルと固形コンソメ1~2個です。

 

脂肪燃焼スープの作り方

  1. 材料を食べやすく切ります。野菜が苦手なら細かくするのもアリです。逆に大きめに切って、食べごたえを残しても良いですね。
  2. ひたひたになるくらいの水を入れて(だいたい2~3リットル)、火にかけます。温かくなったらコンソメも入れましょう。
  3. 野菜が柔らかくなったら、塩コショウで味を整えて完成です。

 

脂肪燃焼スープの味変アレンジ

脂肪燃焼スープダイエットは、毎日同じ味のスープを飲み続けるのが苦痛です。ぼやけた味の脂肪燃焼スープは飽きるので、挫折しやすいんです。

そんな時は、味変でアレンジしてみましょう。

 

  • カレー粉
  • キムチ
  • 味噌
  • 醤油
  • 豆乳
  • 生姜

 

ワタシのおすすめは、絶対にカレー粉です。

ワタシだけかもしれませんが、カレー粉入れると何でも美味しくなります。単なるカレー好きかも。

ぼやけた味でも、カレー風味にすることで食べられる代物になります。そして飽きません。しかも塩分などをひかえるのにも重宝しますので、高血圧の人にもオススメ。

 

脂肪燃焼スープダイエットを長期的にやるなら……

 

脂肪燃焼スープダイエットのやり方と注意点をご紹介しました。

脂肪燃焼スープダイエットは、絶対に長期的にはやらないことです。

 

もし長期的にやる場合には、2つ条件があります。

  • 1食を脂肪燃焼スープに置き換えダイエットとしてやる。
  • 食事の前に脂肪燃焼スープを飲むという方法にする。

 

長期的にやる場合には、この2つの方法をおすすめします。

できれば後者がおすすめ。置き換えダイエットは、リバウンドしやすいので注意しましょう。