みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

部下に好かれる上司になる方法|リーダーに求められる条件とは?

f:id:m-danjyo:20170818174104j:plain

リーダーに求められる条件。

それは、部下に媚びて好かれることではありません。

部下に「この人になら、ついて行きたい」と思わせることです。

 

でも、決して簡単なことではありませんよね。

とはいえあなたにも部下だった経験がありますから、部下の気持ちがわかるはずです。

 

お互いに人間ですから、良く考えれば、それほど難しくはないでしょう。

では、部下に好かれる上司になる方法をご紹介します。

 

部下に嫌われる上司の特徴

部下に嫌われる上司の特徴は、だいたい決まっています。あなたも部下だった経験があるのですから、良くわかっていますよね。

 

自分の身を守ることばかり考えている

部下に嫌われる上司の特徴は、自分の身を守ることばかり考えていることです。自分の立場が悪くならないように、時には部下に汚れ役を押しつけることもあるでしょう。そんな上司では、部下に嫌われて当然です。人間としての価値がゼロ、いやマイナスでしょう。

 

部下を見下している

部下は上司の奴隷ではありません。仮にあなたが部下だった時に、上司から理不尽な扱いを受けたとしましょう。その仕返しをするかのように、部下に八つ当たりしてはいけません。部下に罪はないのですから。あなたなら、痛いほどわかるはず。

 

仕事ができない上司ほど、部下をいじめて自己顕示欲を満たそうとします。器がちっちゃい証拠です。自分よりも弱い立場の人をいじめるのは、自分がそれ以下の人間であることを証明しているようなものです。

 

面倒な仕事を押しつける

部下に嫌われる上司の特徴は、面倒な仕事を部下に押しつけることです。部下には何をしても許されると思っているのでしょう。上司の役割は、部下を都合よく使うことではありません。部下が仕事をしやすい環境を整えることです。

 

部下に嫌われる上司は、どこか勘違いしている人が多いですよね。むしろ上司は、部下以上に仕事をしなければいけません。それをわかっていないのです。

 

部下に好かれる上司になる方法

部下に好かれる上司になる方法は、よく考えればわかることです。仕事ができるとか、性格的に魅力的である必要はありません。相手の気持ちを考える能力があれば、部下に好かれるのは簡単です。

 

プライベートを充実させる

仕事とプライベートは関係ないと思うかもしれませんが、大ありです。プライベートがうまくいっていない上司は、部下にそのうっぷんをぶつけることが多いんです。いわゆる八つ当たりですね。自分のストレスを部下で発散しているのです。

 

そうならないためには、あなたのプライベートを充実させましょう。妻とのいざこざがあるなら、あなたから歩み寄って話し合いましょう。親とうまくいっていないなら、あなたの言い分をハッキリ伝えましょう。子どもと信頼関係を築けていないなら、誠実な対応を心がけましょう。

 

あなたの人生が、仕事に反映されるのです。あなたが幸せにならなければ、いい仕事はできません。そしてあなたの心に抱えているものが、部下にも伝わってしまうのです。

 

手を止め、目を見て部下の話を聞く

部下に好かれる上司になる方法は、部下に話しかけられた時に、しっかりと話を聞いてあげることです。あなたが話をしっかりと聞くことで、部下は「自分のことをちゃんと考えてくれている」「自分のことをしっかり見てくれている」と感じるのです。

 

くれぐれも「忙しいから後にしてくれ」とか、顔も見ないで「はいはい」と適当に受け答えをするのはやめましょう。たとえ忙しくても、作業の手を止めて、部下の目を見て話を聞きましょう。簡単なことです。

 

嫌がらせ残業をさせない

上司になると、そう簡単には定時で帰れませんよね。そんな時に、涼しい顔をして定時で帰ろうとする部下がいると「なんで自分ばっかり働いているんだ」と思ってしまうことがあるかもしれません。

 

そんな時に、部下への嫌がらせとして、残業させることはやめましょう。無駄に部下を疲れさせると、仕事のパフォーマンスが落ちて、結果的にあなたにシワ寄せが来ます。あなたの部署の成績を上げるためにも、部下を休ませて、しっかりと業務時間中に働かせることです。

 

カリスマでもなく、友達でもない関係を築く

部下に好かれる上司になるために、あなたは一生懸命カリスマ的存在になろうと頑張っているかもしれません。でも部下に好かれるためには、カリスマになる必要はありません。

 

また部下に好かれるために、部下と友達のようにフレンドリーな関係を築こうとしているかもしれません。それでは部下にナメられて、あなたの言うことを聞いてくれなくなります。

 

ではどうすれば良いのか。部下のことを本気で考えれば良いのです。部下の仕事の責任はあなたにあります。あなたのミスの責任をかぶるためにいるのではありません。部下の気持ちを本気で考え、時にはあなたが部下を守ることも必要になることでしょう。

 

そのためには、部下にも本気で仕事をしてもらわないといけません。部下を本気にさせるためにも、あなたも本気で部下と接しなければいけないのです。これは骨の折れる作業ですが、必ず成果となってあなたに返ってくることでしょう。

 

尊敬される上司は、狙ってできるものではない

部下に嫌われる上司の特徴と、部下に好かれる上司になる方法をご紹介しました。

あなたは部下に尊敬されたいと思っているかもしれません。でも尊敬される上司というのは、狙ってできるものではありません。

 

あなたが本気で部下のことを考えることで、自然と部下が尊敬してくれるようになるのです。大変なこともストレスも多いと思いますが、ぜひ部下に好かれる上司になってくださいね。そのほうが仕事がしやすくなるのは、間違いありませんから。