みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

【美人を作る】寝る前にちょっとするだけで美容効果のある習慣とは?

f:id:m-danjyo:20170821202426j:plain

あなたは夜の時間をどのように過ごしていますか?

夜は贅沢なリラックスタイムを過ごしましょう。

 

そんな至福のリラックスタイムを送ることで、美人は作られます。

5分もかからないちょっとしたことをするだけで、美容効果が得られます。

ぜひ今日から実践してみてくださいね。

 

美人を作る寝る前の習慣とは?

美人を作る寝る前の習慣は、どんなことをすれば良いのでしょうか。どれも簡単で時間もかからないことなので、ぜひお試しくださいね。安眠効果もアップして、美容効果も高まりますよ。

 

豆乳や白湯を1杯飲む

寝る前にはあまり水分を多く摂ってはいけませんが、豆乳や白湯をカップ1杯程度飲むと良いでしょう。豆乳を寝る前に飲むと、女性ホルモンを活性化してくれます。ホルモンバランスの乱れを直し、美肌効果も得られるでしょう。

 

またぬるめの白湯を飲むことで、体が一旦温まります。そして体温が下がっていく時に、眠気を誘ってくれるのです。眠っている間にコップ1杯程度の汗をかくと言われていますので、水分補給のためにも1杯の白湯はおすすめです。

 

寝る直前にハチミツを1杯なめる

寝る直前にハチミツをスプーン1杯程度なめると、代謝がアップしてダイエット効果があると言われています。またストレスを緩和して、睡眠の質を高めてくれる効果も期待できます。

 

ハーブティーで優雅な癒しのひとときを

ハーブティーにはリラックス効果がありますので、寝る前の癒しのひとときを優雅に彩ってくれることでしょう。また先ほどの「ハチミツ」を入れることで、甘みによるリラックス効果と、ハチミツの安眠効果なども得られます。

 

寝る前におすすめのハーブティーはコチラです。

  • カモミール
  • ローズ
  • ラベンダー

 

カモミールは安眠効果があることで有名なハーブティーですし、ラベンダーはリラックス効果があることで有名です。

 

またローズは、飲んだことある人はあまりいないかもしれません。ローズヒップはドリンクバーなどでも良く見かけますが、ローズは全然ちがいます。

ローズの芳醇な香りを楽しめるので、優雅な気分になれます。酸味はなく、ローズの花の甘い香りをそのまま楽しめます。

 

体の中から外からビタミンCの摂取

ビタミンCを朝摂ると、日焼けしやすくなりますので、夜に補給するのがおすすめです。また眠っている間に肌の修復をおこなうため、ビタミンCを摂っておくとコラーゲンの生成を助けてくれます。

 

体の中からビタミンCを補給するのも良いですし、ビタミンC誘導体が配合されている美容液をつけるのもおすすめ。眠っている間の美肌効果を高めてくれます。余計な皮脂の分泌もおさえてくれますよ。

 

ホットアイマスクで目の疲れ解消

デスクワークの人は多いと思いますが、帰宅後にもスマホなどを見ている人は多いですよね。一日中スマホやパソコンを使っていることで、目が思っている以上に疲れています。目の疲れを回復するために、免疫力を使って、体の疲労も抜けなくなる可能性があります。

それに目の疲れがあると、顔が老けて見えるんです。

 

一日が終わったら、ホットアイマスクなどで目の疲れを解消しておくと良いでしょう。血行が悪くなっている時は温めるほうが良いですが、疲れで炎症を起こしている時は、冷やしたほうが良いでしょう。

 

クレンジング&保湿ケアを念入りに

夜はクレンジングと保湿ケアは、普通にやっていると思います。でも朝よりも時間に余裕があり、リラックスしているのでスキンケアの最適な時間なのです。また眠っている間に肌の修復がおこなわれるため、寝る前のスキンケアは重要です。

 

とくに保湿ケアを念入りにしておくことをおすすめします。フェイスパックをするのも良いですね。リラックスしている時に、ついでにパックしてみてください。

保湿成分をしっかりと浸透させるためには、クレンジングをしっかりやらないといけません。毛穴の汚れをスッキリ落としてから、保湿しましょう。

 

好きな人に抱きしめてもらう

好きな人に抱きしめてもらうと、1日にたまったストレスの3分の1が解消されると言われています。たった30秒間ギュッとしてもらうだけで、そんなにストレス解消できちゃうんです。いわゆる「ハグ」ですね。まぁ、一緒に住んでいるか、すごく近くに住んでいないと無理ですね。

 

欧米人は普段からハグをする習慣があるから、人とのコミュニケーションが円滑なのかもしれません。それに人のことを思いやった行動が取れるのも、ハグのお陰なのかもしれません。あなたも大好きな人に、ハグしてもらいましょう。それが美人になる習慣です。美人はみんな幸せそうですよね。逆に幸せそうな人は、キレイに見えます。

 

香りづけでリラックス

香りは自律神経の乱れを整えてくれる作用があります。そのためストレスの緩和や安眠効果も期待できます。アロマをわざわざ買わなくても、好きな香りの香水を枕につけておくのも良いでしょう。

 

またドライハーブを布で包んだサシェを手作りしても良いですね。枕元に置いておくだけでも、癒してくれるはずですよ。自分が良い香りだと感じる香りにしてくださいね。

 

美人を作る習慣のために必要なこと

美人になる寝る前の習慣をご紹介しましたが、習慣を実行するに当たって必要なことをご紹介します。

 

美肌のために枕カバーを毎日洗う

枕カバーを毎日洗うのは面倒かもしれませんが、せめて2日に1回は洗濯することをおすすめします。枕には陰の気が入りやすいので、風水的にも枕カバーを毎日洗ったほうが良いと言われています。

 

また枕カバーが汚れていると、顔が触れているためニキビなどの原因にもなります。美肌効果を期待するなら、枕カバーを毎日洗うことをおすすめします。

 

できる限り早めに寝る

美人になる習慣を実践するならば、寝る時間にも気を付けたほうが良いですね。美肌のためのゴールデンタイムは、成長ホルモンの分泌が活発になる22~2時の間です。

この時間に眠っていると、ターンオーバーが活発になり、美肌効果がアップすると言われています。

 

残業などで帰りが遅くなることもあると思いますが、なるべくこの時間には眠っていたいですね。ゲームやテレビで時間を使うなら、その分はあきらめて眠ったほうが美人に近づけます。ゲームやテレビの時間がほしいなら、朝のほうが夜よりはおすすめです。

 

ある程度の睡眠時間は必要ですが、なるべく早起きして、一日の始まりをゆったりとした気分で過ごしましょう。せかせかしていたら、美人には程遠いですからね。

 

食べない

ダイエットでは良く言われていることですが、寝る前は食べないことです。でも、夕食はしっかり食べて大丈夫です。眠っている間は栄養が入って来ないので、夕食を抜いてしまうと筋肉が分解してしまいます。すると筋肉が減って代謝も下がり、太りやすくなってしまうのです。

 

ですから、食べ過ぎもダメですが、夕食は食べることをおすすめします。そして寝る直前は、絶対に食べないこと。これが美人になる習慣です。

 

水分を摂りすぎない(アルコールも)

寝る前は、あまり水分を摂り過ぎてはいけません。睡眠中は排泄機能が低下しますので、体にたまった水分がむくみとなって現れてしまうことがあるからです。

またアルコールも適量なら良いですが、飲み過ぎは禁物。安眠のさまたげになるだけでなく、むくみと脱水症状を起こす危険があります。

 

アルコールを飲んだ時は、なるべく飲んだアルコールと同じ量だけ水を飲みましょう。でも、水を飲み過ぎても胃で吸収しきれないので良くありません。つまり、あまりアルコールは飲み過ぎないようにすることが大切だということですね。

 

夜の過ごし方で美人は作れる

f:id:m-danjyo:20170821202446j:plain

寝る前にちょっとするだけで美人になる習慣をご紹介しました。

夜の過ごし方をどうするかによって、美人は作れます。リラックスすることが一番大事なので、それをメインに考えましょう。

 

やる気を起こし過ぎたり、興奮するような行動はなるべく避けることをおすすめします。仕事のことは忘れて、自分だけのリラックスタイムを満喫しましょう。