みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

肌がべたつく原因は季節のせい?肌のべたつきを防ぐ対処法とスキンケア

f:id:m-danjyo:20170827150713j:plain

何となく肌がべたついて、気持ち悪い時ってありますよね。

季節的なこともあるけれど、できれば1年中サラサラ肌をキープしたいものです。

 

では、そもそも肌がべたつく原因とは何なのでしょうか。

原因がわかれば、対処法も見つかることでしょう。

 

肌がべたつく原因とは?

肌がべたつく原因は、そもそも肌が乾燥していることが考えられます。肌が乾燥すると皮脂の分泌が多くなるんですね。その理由は、乾燥を皮脂で補おうとするからです。体の機能は賢くできていて、乾燥を自らおぎなう作用があるんですね。

 

保湿成分が浸透していない

肌がべたつく原因は、保湿成分がしっかりと肌に浸透していないことが考えられます。保湿成分は肌に浸透しやすいものと、浸透しにくいものがあります。肌に浸透しやすい物をつけないと、肌がべたついてしまう原因になりますね。

 

保湿成分が肌に浸透しない原因は、毛穴の汚れがしっかりと取れていない可能性があります。毛穴の汚れを放置すると、炎症を起こしてニキビの原因にもなります。皮脂とニキビはセットなので、毛穴の汚れを落とすことで保湿成分が浸透し、皮脂の分泌も減ると考えられます。そうすればニキビも減ることでしょう。

 

乳液をつけ過ぎている

肌がべたつく原因は、乳液をつけ過ぎている可能性があります。化粧水で肌を整えた後に乳液をつけると思いますが、量が多いのかもしれません。または乳液の種類が合っていないこともあるでしょう。

 

乳液は基本的に肌がべたつきやすい化粧品です。もし苦手だと感じるなら、別の化粧品に変える方法もあります。それは、後ほどご紹介しますね。

 

洗顔をしすぎないこと

洗顔をしすぎると、間違いなく肌は乾燥します。洗顔した直後はサッパリとして気持ちいいのですが、それは恐らく皮脂を取りすぎてしまっている状態なのです。皮脂が足りなくなると、当然皮脂を補おうとしますよね。

 

すると、肌のべたつきの原因になるということです。洗顔で毛穴の汚れをキレイにすることは大切ですが、皮脂を取りすぎると皮脂が増える原因になると覚えておきましょう。洗顔は1日2回まで、クレンジングは1日1回までにしておきましょう。

水洗いならOKですが、こすらないように注意。でも水洗いだけでは、皮脂のべたつきは落ちないですよね。タオルでゴシゴシ拭かないように気をつけてくださいね。

 

肌のべたつきを防ぐ方法とは?

肌のべたつきを防ぐ方法は、どんなことがあるのでしょうか。

 

肌に浸透しやすい保湿成分を使う

肌のべたつきを防ぐ方法は、肌に浸透しやすい保湿成分を使うことが大前提ですよね。では、保湿成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ビタミンC
  • セラミド

 

どれも聞いたことのある名前だと思います。

ヒアルロン酸とコラーゲンは、そもそも分子の大きさが大きすぎて、肌の奥である真皮にまでは届かないと言われています。そのため肌の表面のほうにある角質層に作用すれば良いという考えで、化粧品に配合されているのだとか。

 

肌の奥である真皮にまで浸透させたい成分は、ビタミンCとセラミドです。ビタミンCはもともと水溶性なのですが、脂溶性にしてからでないと肌に浸透しにくいと言われています。そのように肌に浸透しやすくした保湿成分が「ビタミンC誘導体」なのです。

 

ビタミンC誘導体は、毛穴の引き締めにも効果が期待できます。毛穴のたるみや開いた毛穴も、べたつく肌の原因である場合が多いのです。

 

乳液を美容液にチェンジする

肌のべたつきが気になる場合には、乳液ではなく、美容液にチェンジすると良いかもしれません。乳液は肌に浸透しにくいものですが、美容液はスゥっと浸透する感覚を味わえるはずです。(もちろん商品によって差はありますが)

 

美容液は、化粧水の前につけると良いでしょう。また美容液は細かい部分の保湿にも効果的です。たとえば年齢とともに、乾燥やシワが目立ちやすくなる目元の保湿に効果的です。

 

ストレスや食生活などにも気をつける

肌のべたつきを防ぐためには、スキンケアだけが重要なわけではありません。ストレスがたまっていれば解消し、食生活の乱れも改善する必要があります。食生活は栄養バランスの良い食事がベストですが、せめてジャンクフードをやめるだけでも変わることでしょう。

 

また皮脂の分泌が多いのは、男性ホルモンが優位になっている証拠と言えます。つまり女性ホルモンのバランスがくずれている証拠だと考えられます。ホルモンバランスを整えるためにも、生活習慣の見直しをしてみましょう。

 

ストレスを軽減するためには、アロマも良い方法ですね。香りを嗅ぐだけでホルモンバランスを整えることも可能です。ポイントは「気持ちいい」「いい香り」「癒される」と、あなた自身が感じるアロマを選ぶことです。

 

効能で選んでも良いですが、あなたが良いと感じる香りが、今あなたに必要なアロマです。できれば合成オイルではなく、天然オイルを選びましょう。効果がまったく違います。

 

肌のべたつき防止はスキンケアだけじゃない

肌がべたつく原因と対処法をご紹介しました。

肌のべたつきを防ぐ方法は、スキンケアだけじゃありませんでした。生活習慣も大切です。肌のべたつきをおさえて、一年中サラサラ肌を目指しましょう。

 

アロマ以外にも、ゆるい運動をするという方法もあります。血行を良くして、リラックス効果もあることが効果的なんです。美容は外側からのはたらきかけで、すべてが改善できるわけではありません。内側からの美容も、多大な影響を与えています。

皮脂量をコントロールして、きれいな肌を保ちましょうね。