みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

胸が硬い女性必見!マシュマロのような柔らかいバストをつくる方法

f:id:m-danjyo:20170901165945j:plain

胸が硬いって、イヤですよね。

なぜ硬いのでしょうか。胸が大きい人は、柔らかいような気がします。

 

ハリがあるのと硬いのは違いますから、マシュマロのような柔らかいバストを目指しましょう。

胸が硬くなる原因と、柔らかいバストをつくる方法をご紹介します。

 

硬い胸の基準ってなに?

そもそも他人の胸をほとんど触ったことがないでしょうから、どれくらいが硬い胸なのかわからないですよね。そこで、だいたいの基準をご紹介します。

硬い胸のままだと、バージスラインができなくなってしまいます。バージスラインとは、いわゆる「下乳」のこと。胸の下のラインが湾曲してクッキリしていると、美しいバストだと言われています。

 

セクシーで美しいバストを手に入れるためには、バージスラインは条件の1つになります。それをつくるためにも、硬い胸の基準から見ていきましょう。

 

二の腕よりも硬い

もし胸が二の腕のプニプニよりも硬いなら、硬い胸である可能性が高いです。二の腕が柔らかいなら、胸も柔らかくなれると考えられます。原因をチェックしてから、柔らかバストをつくる方法を実践してみてくださいね。

 

バストが上下左右に動かない

もちろん全く動かないはずはありませんが、あまり自由自在に動かない人は、バストが硬い可能性が高いです。

胸がよく動くと、女性ホルモンも活性化しやすいという特徴があります。マッサージを継続することで、改善は可能です。

 

胸が冷たい

間接的な基準ですが、胸が冷たい人は胸が硬い可能性が高いです。胸が冷たいということは、血行が悪いということ。血行が悪いと、胸に老廃物がたまりやすく、硬くなる可能性があります。

 

体全体も冷えている可能性もあります。冷え性は改善しておかないと、バストだけでなく、さまざまな不調があらわれてくることでしょう。お気を付けください。女性にとって冷えは大敵です。

 

胸が硬くなる原因って?

胸が硬くなる原因って、どんなことが考えられるのでしょうか。胸が硬い人と柔らかい人は、どんな違いがあるのか気になりますね。

 

肩がこっている

肩や首がこっていると、胸が硬くなることが多いです。とくに肩甲骨が固まっていると、胸が小さくなったり、胸が硬くなると考えられます。肩こりがあるということは、肩周辺の血行が悪くなっている証拠。すると胸の血行も悪くなっているということです。

 

血行やリンパの流れが悪い

胸の血行やリンパの流れが悪いと、胸が硬くなる原因になります。胸の血行やリンパの流れが悪いということは、全身の血行やリンパの流れも悪くなっている可能性があります。

 

疲れがなかなか抜けなかったり、代謝が悪かったり、便秘気味の人は、胸が硬いかもしれません。健康を保つためにも、血行やリンパの流れを良くする必要があります。

 

女性ホルモンのバランスが乱れている

女性ホルモンのバランスが乱れている状態だと、胸が硬くなりやすいです。その理由は、乳腺があまり発達しないからです。乳腺が発達していると、乳腺を守るために脂肪がたくさんつきやすくなるそうです。

 

そのため柔らかいバストになるんだとか。でも女性ホルモンのバランスが乱れていると、乳腺が発達しにくいのです。バストと女性ホルモンは、切っても切れない関係にあると言えますね。当然ですけど。

 

脂肪ではなく筋肉が多い

胸が硬くなる原因は、胸に脂肪よりも筋肉のほうが多くついている可能性があります。腕を使うスポーツをしていたり、大胸筋をきたえすぎると、胸の筋肉が発達すると考えられます。

 

胸が垂れないように、バストアップのために大胸筋をきたえすぎた場合も、胸に筋肉がつき過ぎてしまうことがあります。基本的には胸には筋肉がつきにくいので、筋肉だと思っていても、脂肪が硬くなっている可能性もあるでしょう。

 

しばらく胸に触れていない

彼氏がいる時と、彼氏がいない時って、胸の硬さがちがうと感じたことはありませんか? もちろん彼氏がいない時のほうが、胸が硬いことが多いんです。これはまさしく「バストマッサージ」をしていないからではないでしょうか。

 

ほとんど胸に触ることがないので、硬くなってしまうんです。バストマッサージって、本当に効果的だとわかりますね。だから彼氏がいない時は、自分でバストマッサージをしましょう。筋肉も脂肪も、マッサージしてほぐすことが柔らかくなるコツです。

 

マシュマロのような柔らかいバストをつくる方法

マシュマロのような柔らかいバストは、憧れですよね。そんな柔らかいバストは、マッサージでつくれる可能性があります。

 

血行やリンパの流れを良くする

胸の血行やリンパの流れを良くする方法は、おもに「バストマッサージ」と「水分補給」です。バストマッサージの方法は、後ほどご紹介します。血行やリンパの流れを良くするためには、水分補給をしっかりすることが大切です。

 

体を冷やさないようにお風呂に浸かる

お風呂にゆっくり浸かって、体を冷やさないように気をつけるようにしましょう。女性は体が冷えると、悪い影響がたくさん出てきます。ふだんの服装でも、なるべく体を冷やさないような工夫が必要です。

 

またお風呂の中で、バストマッサージすると良いでしょう。バスト全体を包み込むようにして、やさしくモミモミしてみてください。

柔らかさを感じたらOKです。

 

肩こりを解消して、肩甲骨をほぐす

柔らかいバストをつくる方法は、肩甲骨をほぐすことです。肩甲骨をほぐすことによって、肩こりも解消できます。肩甲骨は、日常生活ではあまり動かさない場所なので、意識的にほぐす必要があります。

 

 

柔らかい胸をつくるバストマッサージ

柔らかい胸をつくるには、バストマッサージをするのが最も効果的です。柔らかく、良く動く胸はマシュマロバストの条件です。

 

  1. 左胸を右手で、左脇から寄せるようにして包み込みます。
  2. そのまま上下に揺らしてみましょう。
  3. 反対側も同じようにします。
  4. それぞれ30秒くらいずつ揺らすと良いでしょう。

 

あまり激しく揺らさないように気をつけましょう。クーパー靭帯を損傷するおそれがあります。

適度に揺らせば女性ホルモンを活性化して、バストアップ効果も期待できます。

 

あとは、バスト全体のマッサージです。

左胸は右手で、右胸は左手で包み込み、やさしく揉みほぐしましょう。

そのままモミモミするだけで、柔らかいバストをつくることが可能です。

 

硬い胸から柔らかい胸へ変身❤

マシュマロのような柔らかいバストをつくる方法をご紹介しました。

硬い胸から柔らかい胸に変身しちゃいましょう。

 

硬い胸が柔らかくなると、胸が大きくなりやすくなります。乳腺に脂肪がつきやすくなるでしょう。柔らかい胸になると、谷間もつくりやすくなります。服の着こなしも、しやすくなりますね。