みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

水泳ダイエットの効果を最大限に高めるメニューと注意点

f:id:m-danjyo:20170903140335j:plain

ダイエットを効率的に成功させたい!

というあなたには、水泳ダイエットがおすすめです。

 

水泳は、有酸素運動の中でも消費カロリーが多い運動の1つです。

そのため効率的に脂肪を燃焼させ、代謝をアップして痩せやすい体質をつくることができると考えられます。

 

では水泳ダイエットの効果とやり方、注意点をご紹介していきます。

ぜひ水泳ダイエットを成功させてくださいね。

 

水泳ダイエットが効果的な理由

水泳ダイエットが効果的な理由とは、いったい何なのでしょうか。

 

他の有酸素運動よりも消費カロリーが多いかも

水泳ダイエットが効果的な理由は、他の有酸素運動よりも消費カロリーが多いと言われています。水の抵抗がある分、筋肉をより使い、エネルギーを必要とするということなのでしょう。

 

ただし強度によって消費カロリーは変わりますので、一概に水泳のほうが消費カロリーが多いとは言い切れません。運動を普段あまりやっていなくて、ダイエットをはじめたばかりの人には、ランニングよりも水泳のほうが消費カロリーが比較的多くなりやすいと考えられます。

 

水の抵抗で筋力がアップする

陸地で運動をするよりも、水泳のほうが筋力がアップすると考えられます。水の抵抗を常に感じながら運動するわけですから、力を使いますよね。また水圧があるので、マッサージ効果もあると言われています。これも水泳ダイエットが効果的な理由ですね。

 

体が冷えることで代謝がアップする

水泳がダイエットに効果的な理由は、体が冷えることで代謝がアップするからです。

「えっ、体を温めたほうが代謝がアップするんじゃないの?」と思いますよね。それもあるのですが、じつは体が一時的に冷えると脂肪が燃焼しやすくなると言われています。

 

なぜなら体が冷えることで、体は体温を元に戻そうと作用するのです。その時に代謝が上がり、痩せやすくなるというわけです。でも冷えすぎると、やはり代謝は低下しますのでご注意を。

 

水泳ダイエットのやり方

f:id:m-danjyo:20170903140601j:plain

水泳ダイエットのやり方をご紹介します。ただ泳ぐだけではなく、効果的に痩せる方法も後ほどご紹介します。

 

水泳前にかるく筋トレする

水泳ダイエットのやり方は、水泳前に筋トレを推奨しています。その理由は、代謝をより高めるためです。筋トレはジムでマシンを使っても良いですし、スクワットをするだけでもOKです。

 

水泳の場所行く前に、15分くらいやっておきましょう。足やお腹の筋トレがおすすめです。腕は水泳で使うので、水泳をするだけで軽い筋トレ効果が得られます。

 

1回30分以上、週2~3回おこなう

水泳ダイエットのやり方は、1回につき最低でも30分は続けるようにしましょう。水泳は有酸素運動ですから、20分以上続けることが大前提です。

といっても、初めからいきなり30分間泳ぎ続けるのはキツイです。そのため途中で疲れたら「水中ウォーキング」をして、疲れが癒えてきたらまた泳ぎ出すというスタンスで大丈夫ですよ。

 

初めは途中で休んでも大丈夫です。無理しないでください。無理しすぎるとプールの水を飲んだり、危うく溺れそうになります。

 

水泳ダイエットは、週2~3回おこないましょう。水泳は全身運動で、しかも水の抵抗があるので思っている以上に疲れます。つまり筋肉を使っているということ。体が慣れていないのに毎日やってしまうと、疲労が抜けなくなりますのでご注意ください。

 

2~3ヶ月は続けよう

水泳ダイエットで成功するためには、2~3ヶ月は続けないといけません。1ヶ月でも効果はあらわれてきますが、リバウンドを防ぎ、やせ体質をキープするためには、ある程度は継続しないとダメなんですね。

 

そのためにも2~3ヶ月は続けるつもりで始めましょう。毎日ではないので、何とか続けられるはずですよ。曜日を決めないで、泳ぎたい時に泳ぐようにしましょう。ストレスがたまった日などは、おすすめですよ。

 

水泳ダイエットの注意点とは?

水泳ダイエットの注意点は、あるのでしょうか。意外とやりがちなので、注意しましょうね。

 

水泳後はお腹が空く!食べ過ぎ注意

水泳後って、すごくお腹が空くんです。その空腹感と言ったら、牛丼メガ盛りが食べられるんじゃないかってくらいに。水泳は全身運動で、しかも水の抵抗があるから想像以上に体力を消耗しているんです。

 

だから消費カロリーが多くて、ダイエット効果があるんですけどね。だけど食べ過ぎたらダイエットになりません。でも食べなくてもダメなんです。栄養バランスの良い食事を腹八分目で食べましょう。とくにタンパク質の摂取は忘れずに。

 

水泳中でも水分補給は忘れずに

水の中にいるとわかりにくいのですが、水泳中も意外と汗ってかいてるんです。そのため水泳中にも水分補給を忘れないようにしましょう。1時間ぶっ通しで泳ぐのではなく、30分くらいで休憩をとり水分補給をしてください。

 

水泳後も水分補給を忘れずに。当たり前ですが、お酒は水分補給になりませんよ。ジムの後って、なぜかビールがめちゃくちゃ美味しいんですが、一生懸命に泳いだ努力が半減してしまいます。

 

水泳後はお風呂などで体を温める

水泳ダイエットは、体が冷えるのがデメリットの1つです。体が冷えることで代謝がアップすると言いましたが、冷えすぎると今度は代謝が下がるのです。

水温が温かめのプールのほうが体は冷えませんが、汗をかいてくると体力を消耗しやすいので疲れます。温かすぎるプールは、暑い日に運動しているような感じですから。

 

1時間も泳いでいると、それなりに体は冷えます。そのため水泳後にはお風呂などで体を温めると良いでしょう。

 

水泳ダイエットの効果を最大限に高める方法

水泳ダイエットの効果を最大限に高める方法をご紹介します。

 

水泳ダイエットのメニュー構成

水泳ダイエットの効果的なメニュー構成をご紹介します。あくまでも一例ですので、必ずこの通りにする必要はありません。自分のペースで行ってください。

ただし、できるだけ長く続けて泳ぐことも大切ですから、ゆっくりでOKなので20分間続けられるようになっていきましょう。初めは短くて大丈夫です。

 

  1. 筋トレ15分
  2. 柔軟体操・関節ストレッチ
  3. 水中ウォーキング15分
  4. クロール10分
  5. 5分休憩(ゆっくり水中ウォーキングでもOK)
  6. 平泳ぎ15~20分
  7. クロール5~10分

 

ストレッチまではプールに来る前にやれば大丈夫です。スポーツジムならやるスペースは色々ありますよね。水に入る直前に、手首足首や屈伸しんきゃくなどをすれば良いでしょう。

 

とくに久しぶりの水泳の場合は、50m泳ぐのがめちゃくちゃ疲れます。それはペースが速くなっているのもあるかもしれません。意識的にゆっくり泳ぎ、有酸素運動を意識しましょう。ある程度は「ハァハァ」するくらいでOKですが、息が切れすぎると無酸素運動になってしまいます。

 

正しい泳ぎ方をする

水泳ダイエットの効果を高める方法は、正しい泳ぎ方をすることです。適当に水をかいて進めば良いわけではないんですね。正しい泳ぎ方をすれば、代謝がアップして痩せやすくなります。

 

クロールの泳ぎ方は、バタ足が水中に下がらないように気をつけること。水面で足が水をバシャバシャしていることを意識してください。つまり体が水面と真っすぐ平行になっているという意味です。

 

平泳ぎの泳ぎ方は、水を蹴る時に、必ず足裏で水を蹴ること。平泳ぎは下半身痩せに効果的なので、水の蹴り方が重要です。適当に蹴っても、脚やせ効果は得られません。

 

泳げない人は無理せずビート板を使う

水泳ダイエットは、絶対にクロールや平泳ぎをしなければいけないわけではありません。水中で運動することが大前提ですから、別に泳げなくても良いんです。その場合はビート板を使ってバタ足をしましょう。

 

クロールもそうですが、バタ足は膝から曲げるのではなく、足の付け根から動かしましょう。そうすることで代謝もアップしますし、進みも速くなります。

 

水泳ダイエットは泳ぎに慣れることが大事

水泳ダイエットの効果とやり方、注意点をご紹介しました。

水泳ダイエットは時間や消費カロリーよりも、まずは泳ぎに慣れることが大事です。スムーズに泳げるようにならないと、水泳ダイエットの効果はあまり期待できません。

 

また自宅から近いとか、職場と自宅の中間にあるとか、通いやすいプールを選ぶことが大切です。水泳ダイエットは続けることが大切ですから、通いやすい場所にプールがないとダメなんです。継続して、痩せやすい体質に改善しましょうね。