みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ダイエット中のおつまみは何がいい?ダイエットに失敗しないためのお酒の飲み方

f:id:m-danjyo:20170904145817j:plain

ダイエット中でも、飲み会に顔を出さなければいけない時ってありますよね。

そんな時に「ダイエット中だから」と言って参加しないわけにはいきません。

 

また参加しても、食べない・飲まないでは場が盛り下がりますよね。

そこで「ダイエット中でも食べられるおつまみ」をご紹介します。

 

またお酒は太ると言われていますが、ダイエットに失敗しないためのお酒の飲み方も、併せてご紹介しますね。

 

お酒を飲んで太る理由とは?

「お酒を飲むと太る」と言われていますが、それはお酒そのもののカロリーが原因ではありません。その理由は後ほどご説明しますが、お酒を飲むと太る理由からご紹介しましょう。

 

カロリーの高いおつまみが食べたくなる

お酒を飲むと、なぜかカロリーが高いおつまみが食べたくなるんですよね。それが太る理由です。唐揚げや串揚げなどの油っこい食事は、高カロリーですからね。

またおつまみは、たいてい塩分が多く含まれています。塩辛いものは、お酒と良く合うんですよね。塩分摂りすぎは体がむくみやすくなるので、太りやすくなります。

 

アルコールを飲むと食欲が1~2割増し

お酒を飲むと太る理由は、アルコールを摂取すると食欲が増すからです。アルコールを飲むと、食欲を司る脳の神経細胞が活性化されるそうです。そのため普段よりも1~2割増しで食欲が湧いてくるんだとか。

 

これはマウスによる実験で明らかになっているそうです。(参考:朝日新聞デジタル)ちょっと恐ろしい事実ですね。脳が制御できなくなるなら、意識的に自制しないといけないということです。そんなに意志が強くないから、自信ないなぁ~。

 

アルコールの分解中は食べ物のカロリー消費STOP

お酒を飲むと、アルコールのカロリーを優先的に分解しようと体が作用します。すると、おつまみのカロリー消費がストップしてしまうんです。そのためお酒を飲んでいる時に食べたカロリーは、脂肪になりやすいということなんです。

 

「じゃぁ、お酒を飲む時は食べなきゃいいのね」と思った人は多いでしょう。確かに食べないで飲むと、翌日は体重が減っていることが多い。でも、これは要注意!

おつまみを食べないでお酒を飲むと、肝機能が弱って太りやすくなります。それだけではなく、酔いが回りやすいので悪酔いや二日酔いの原因にもなりますね。

 

ダイエットに失敗しないためのお酒の飲み方

ダイエット中だって、美味しくお酒が飲みたい!と思いますよね。そこでダイエットで失敗しないためのお酒の飲み方をご紹介します。

 

お酒のカロリーは脂肪になりにくい「エンプティカロリー」

お酒を飲むと、アルコールの分解を優先的にするとお話しましたよね。これは「エンプティカロリー」と呼ばれていて、お酒のカロリーは太りにくい性質があるんです。

だからお酒を飲むと太るというイメージは、お酒そのものが太るのではなく、お酒と一緒に食べたカロリーが蓄積されやすいということなんです。

 

お酒を長時間たくさん飲めば太りやすくなる

じゃぁ、お酒はどれだけ飲んでも太らないかと言われれば、太ります。なぜなら、お酒が体内に残っている間は、食べ物のカロリーを消費できないからです。つまりお酒を長時間飲んだり、たくさん飲めばアルコール分解に忙しくて、おつまみのカロリー消費ができなくなるということです。

 

甘いお酒は、やっぱり太ります

「お酒のカロリーはエンプティカロリーだから太らない♪」と言っても、アルコール以外のものは普通に太ります。アルコールを甘い飲み物で割って飲めば、それはジュースを飲んでいるのと同じことですね。

 

糖質が多いお酒は太ります。また甘いお酒は美味しくてグビグビ飲めちゃうので、結果的に悪酔いしてしまう恐れがあります。翌日は頭ガンガンで、一日中グダグダになることは避けられませんね。

 

ダイエット中でも太らないおつまみとは?

f:id:m-danjyo:20170904150059j:plain

ではズバリ、ダイエット中でも太らないおつまみを一気に挙げてみましょう。だいたい想像はつくと思いますが、ダイエット中にオススメのおつまみをご紹介します。

 

  • もろきゅう・梅きゅう
  • 板わさ・たこわさ
  • 焼き鳥(塩)
  • 枝豆
  • キムチ
  • 刺身
  • アサリの酒蒸し
  • 冷奴・湯豆腐
  • 野菜スティック・サラダ
  • キノコ料理
  • 酢の物・ぬか漬け
  • おひたし
  • ししゃも・焼き魚
  • するめ(食べ過ぎは塩分注意)
  • ナッツ類
  • チーズ(適量)
  • ローストビーフ・サラダチキン

 

カロリーが少なくても、塩分の多いものばかり選ぶと、塩分の摂り過ぎになりますのでご注意ください。またタンパク質やビタミンBを摂ると、アルコールの分解を助けるので良いと言われています。

 

また適度な脂質を摂ると、満足感が得られるため逆に太りにくくなるとも言われています。適度な脂質というところがポイントですよ。チーズやナッツ類がおすすめです。

 

ダイエット中に「絶対にNGなおつまみ」は何?

では逆に、ダイエット中に絶対にNGなおつまみは何でしょうか。これも想像はつくと思いますが、ギリギリセーフのおつまみもご紹介しておきますね。

 

  • フライドポテト
  • ラーメン
  • うどん
  • 甘辛な煮物

 

煮物は意外ですが、糖分や塩分が大量に入っているのでNGです。

また揚げ物の中でも、鶏のから揚げやタコの唐揚げはギリギリセーフです。タコは低カロリーなタンパク源です。食べる時にはレモン汁をかけて食べましょう。脂肪が吸収しにくくなります。

 

また締めのラーメンが食べたくなったら、雑炊で我慢しておいてください。炭水化物の中では、雑炊がいちばんマシです。雑炊で使っている米の量は、意外と少ないからです。水分を含んでいるので、お腹もいっぱいになります。

 

ダイエット中だってお酒を楽しもう

ダイエット中のおつまみの選び方と、お酒の飲み方をご紹介しました。

ダイエット中は、お酒もおつまみも我慢している人が多いですよね。でもお酒が好きなのに、長期間我慢ばかりしているとストレスがたまってしまいます。

 

そのストレスが原因で、ドカ食いに走ってしまうよりは、適度にお酒を楽しんだほうが良いでしょう。上手におつまみを選びながら、楽しくお酒を飲みましょうね。