みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

わさびダイエットの効果とは?美肌やアンチエイジング効果もバツグン!

f:id:m-danjyo:20170906150834j:plain

鼻にツーンとくる、あの感じ。

ワタシはけっこう好きで、涙を浮かべながらお刺身を食べることもしばしば。

 

そこでクィっと冷酒を飲むと、美味しいですよね~。

じつは、わさびにもダイエット効果があるようなんです。

 

ダイエット以外にも、美容や健康にも良い効果がある「わさび」について見ていきましょう。

 

わさびダイエットの効果とは?

わさびダイエットは、どのような痩せる効果が期待できるのでしょうか。

 

むくみ解消・冷え性改善

わさびは血行を促進する効果が期待できます。血液がドロドロになるのを防ぎ、むくみや冷え性を改善してくれると考えられます。

むくみは放置すると脂肪になってしまいますし、冷え性はダイエットの大敵ですよね。そのためわさびにはダイエット効果が期待できるというわけです。

 

代謝アップで痩せやすい体質に

わさびが血行促進に効果が期待できるということは、代謝をアップして痩せやすい体質にしてくれるということになりますね。ダイエットには血行促進が絶対条件ですから、わさびを食べるだけでOKなら簡単です。

一時的に血行を促進してもあまり意味がないので、毎日続けることが大切です。

 

デトックス効果

わさびには「6-MITC」という成分が含まれています。これは「6メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート」と呼ばれていて、解毒作用にすぐれています。呼び方はむずかしいですが、わさびには解毒作用があるとだけ覚えておいてください。

 

この作用は、体内にたまっていく有害物質を体外へ排出しようとするはたらきが強いのです。そのためデトックス効果が期待できます。さらに放射能や紫外線による、細胞の突然変異を防ぐはたらきもあると言われています。何だかスゴイですね。イメージ的には「ガン予防」ができそうです。

 

わさびの美容・健康効果とは?

わさびには、ダイエット以外にも美容や健康に良い効果が期待できます。

 

シミ予防で美白効果

わさびには、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCはメラニンの生成をおさえて、シミやそばかすを防ぐはたらきが期待できます。そのため美白効果も期待できるんですね。

ビタミンCは日に当たる前よりも、日焼け後の美白対策として使用するほうが効果的です。

 

脳疾患・心疾患を予防

わさびには、血液がかたまるのを防ぐはたらきがあると言われています。つまり血行を促進するということです。そのため血栓や動脈硬化の予防にもなると考えられます。

人間にとって血行はとても大事で、血行が悪くなるとさまざまな不調を引き起こします。美容にも健康にも、血行促進は大事なんですね。

 

抗菌作用で食中毒予防

わさびは、すりおろす時に辛み成分である「アリルイソチオシアネート」が発生します。この辛み成分には抗菌作用があり、大腸菌やO-157などを殺菌し、食中毒を予防してくれるのです。

 

お刺身は生ものですから、食中毒予防のためにわさびをつけて食べる習慣があったんですね。奈良時代には、薬として使用されていたそうです。人間の知恵はスゴイですね。

 

ガン予防・アンチエイジング効果

わさびに含まれる「スルフィニル」という成分は、抗酸化作用が非常に高いと言われています。抗酸化作用と言えば、ポリフェノールが有名ですよね。赤ワインやチョコレート、ココアやコーヒーなどにも含まれています。

 

しかしわさびに含まれるスルフィニルは、ポリフェノールよりも高い抗酸化作用が期待できるそうなんです。

そのため老化防止のアンチエイジング効果や、免疫力をアップしてガン予防にも効果が期待できます。わさびを食べるだけで、ここまでの効果があるとは驚きですね。

 

どんなわさびでもOKなの?

ダイエット・美容・健康に効果が期待できるわさびですが、どんなわさびでもOKなんでしょうか。

 

わさびの種類

わさびには種類があります。

  • 本わさび
  • 西洋わさび

一般的には、この2種類ですね。本わさびは、日本で栽培されている普通のワタシたちが知っているわさびのことです。

西洋わさびとは、「ホースラディッシュ」と呼ばれています。ローストビーフを食べる時についているアレです。

 

わさびダイエットの効果を期待するのであれば、「本わさび」を選ぶことです。

また、わさびにも色々なタイプがありますよね。

  • 粉わさび
  • チューブわさび
  • 生わさび

 

粉わさびやチューブわさびは、西洋わさびが含まれていることが多いです。でもチューブタイプについては、選び方を後ほどご紹介します。

あとは本物の生わさびですね。自分ですりおろして食べるのも、もちろんOKです。というより、いちばん効果的ですね。

 

本わさびを食べる

ダイエット効果や病気予防の効果が期待できる「6-MITC」は、本わさびにしか含まれていません。そのためダイエット効果を期待するなら、本わさびを食べるようにしましょう。

 

また観光地などで、わさびを刻んだものが瓶詰で売っているのを見たことがあるかもしれませんね。食中毒予防に効果が期待できる「アリルイソチオシアネート」は、すりおろしたわさびでないと発生しませんのでご注意を。

でも、わさびの栄養は摂れますよね。ふつうの辛いわさびとは一味ちがいますが、新鮮ですし、美味しいのでワタシは好きです。ご飯にかけて食べたりね。

 

チューブわさびは成分を確認して

手軽に買えるチューブわさびですが、添加物が含まれていたり、西洋わさびを使用していたりします。そのため配合されている成分をしっかりとチェックして購入すれば大丈夫です。

 

最近は消費者も本物志向になっていますから、チューブわさびでも「本わさび」が増えています。選ぶときには、「本わさび100%」「天然わさび100%」と書かれている物を選ぶようにしましょう。

 

もし「本わさび使用」となっている場合には、本わさびの量が少ない(50%くらい)ということなので、いつもより多めに摂れば大丈夫でしょう。ただし「本わさび入り」と表示されている物は、本わさびの含有量が少ないので避けましょう。

 

わさびダイエットのやり方と注意点

わさびダイエットのやり方をご紹介します。注意点も併せて見ていきましょう。

 

1日3gのわさびを摂る

わさびダイエットのやり方は、とっても簡単です。1日に3gのわさびを食べるだけ。3gというと、ティースプーンに軽く一杯程度です。お刺身の端っこに盛ってあるわさびくらいでOKです。それよりも気持ち多いくらいですね。

 

でもスーパーの刺身やお寿司などは、粉わさびを使っている場合が多いです。ある程度高級なレストラン以外は、お刺身定食などについてくるわさびも、粉わさびの可能性が高いです。だから家で食べたほうが無難です。

 

でも毎日食べるとなると、お刺身以外ではどうやって食べれば良いか迷いますよね。

おすすめは手作りの「わさびドレッシング」や、煮物にちょっとつけても良いですね。サンドイッチは普通からしを塗りますが、それをわさびに替えても意外と美味しいと思いますよ。

納豆のからしもわさびに替えたり、野菜炒めに入れても美味しいでしょう。やったことないですが、ヨーグルトにわさびを入れても意外と美味しいかも。

 

食べ過ぎると胃痛や下痢になる

わさびダイエットの注意点は、食べ過ぎると下痢になる可能性があります。わさびは胃腸のはたらきを活発にして、消化を促進する効果があります。でも食べ過ぎると、胃に刺激を与えすぎてしまうので注意が必要です。

 

刺激物を摂りすぎると味覚障害になる

以前テレビで、コショウや唐辛子を何にでも大量にかけて食べる人を特集していました。これはズバリ「味覚障害」です。香辛料などの刺激物を大量に摂りすぎると、味覚障害になると言われています。

 

味覚障害を治すには、亜鉛を摂ると良いと言われています。亜鉛が含まれている食品は、牡蠣やパルメザンチーズ、うなぎやゴマなどです。ただでさえ現代人は、味覚障害気味だと言われていますので、くれぐれも摂りすぎには注意しましょう。

 

わさびアレルギーになる可能性も

1つの食品を継続的に、しかも大量に摂るとアレルギーになる可能性があります。わさびアレルギーの人は、かなり少数派らしいのですが、もしかしたら継続的に食べることで、わさびアレルギーが出てくるかもしれません。

 

何か異変を感じたら、すぐに食べるのをやめて医師に相談してみてください。アレルギー検査をすると良いかもしれませんね。

 

わさびダイエットで若返りダイエット

わさびダイエットの効果とやり方をご紹介しました。

美容や健康にも良いわさびですが、食べ過ぎには注意が必要です。わさびという地味な食材ですが、意外にもスゴイ効果がありましたね。

 

とくに抗酸化作用が高いということで、若返り効果が期待できます。病気予防にも効果的なので、わさびダイエットを是非ためしてみてくださいね。