みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

お金持ちになる習慣|貯金ではなく、お金を生み出す人になろう!

f:id:m-danjyo:20170906222603j:plain

あなたは、お金持ちになりたいですか?

そりゃ、なりたいですよね。

 

「普通の生活ができるくらいあれば良い」と言う人もいると思いますが、今の時代は一生懸命はたらいても経済的に苦しい人はたくさんいます。もはや「普通の生活ができるくらい」は、普通ではないのです。お金持ちとまではいかなくても、裕福であることは確かです。

 

でも今回お話するのは、もっとお金持ちの人の習慣のことです。お金持ちの人たちは、どんな習慣があるのでしょうか。

 

そもそも、どんな人をお金持ちと呼ぶの?

お金持ちになる習慣をご紹介する前に、まずはお金持ちとはどんな人のことなのか、見ていきましょう。

 

貯金額ではなく、収入額が多い人

貯金がいくらあっても、本当のお金持ちではないと考えます。お金持ちとは、収入を生み出し続ける人のことだと思います。つまり「稼げる人」ということですね。それが本当のお金持ちです。

 

資産家の家に生まれ、お金に困ったことがない人や、一獲千金を当てた人ではもちろんありません。また、お金持ちになるためにはサラリーマンではなかなかむずかしいです。お金持ちになるには、自分で事業などを興すことが条件の1つでもあります。

 

サラリーマンでもお金持ちになれる可能性はありますが、一生勤められるとは限りません。また報酬ではなく給料だと引かれる金額が多く、支出についても経費として認められることはありません。

 

生きたお金を持っている人

お金持ちとは、生きたお金を持っている人のことです。生きたお金とは、動いているお金のこと。つまり使ったり、入ってきたりというふうに、お金が動いているということです。貯金を貯めこんで、一切使わないお金は、死んだお金の典型ですね。

 

生きたお金を持っている人の元には、不思議とお金が集まってきます。もちろん収入以上に無理して使えというわけではありません。それでは破産してしまいます。貯めこむばかりではなく、使ったほうがむしろ入って来ることが多いということです。

 

お金持ちになる習慣とは?

では、お金持ちになる習慣とは具体的にどんなことなんでしょうか。

 

言葉づかいが丁寧で、人に対して親切

お金持ちになる習慣は、言葉づかいを丁寧にすることです。汚い言葉をつかうと、汚い心が宿ります。するとお金に嫌われてしまうでしょう。統計的に見ても、お金持ちは言葉づかいが丁寧だと言われているそうです。

 

言葉づかいを丁寧にするということは、人に対しても丁寧に接している証拠です。つまりお金持ちの人は、人に対して親切であると考えられます。お金に余裕があるから、気分的にも余裕があるのかもしれません。

 

でも、おそらくお金を持つ前から、人に対して親切だった人が多いと思います。そうでないと、人から信頼してもらえません。信頼してもらえないと、仕事をもらえませんからね。

 

運動や食生活など健康に気をつかっている

お金持ちになる習慣は、健康に気をつかっていることです。お金持ちはみんな、運動や食生活に気をつかっていますよね。お金と時間に余裕があるから、運動や食生活に気をつかえる余裕があるとも考えられます。

 

でも精力的に仕事に取り組まなければ、お金持ちになることはできません。ということは、健康でないと仕事をバリバリこなすことはできませんよね。お金を稼ぐために、健康に気をつかうというのが常識なのかもしれません。

 

つねにアンテナを張り、情報や人の意見を聞く

これはお金持ちというよりも、仕事がデキる人に多い習慣です。仕事がデキるということは、お金持ちになれる素質があるということなので、ここに入れました。

お金持ちになる習慣は、つねにアンテナを張り、いろいろな情報を吸収することです。また人の意見に素直に耳を傾けること。それは自分よりも格下だと思う人の意見も、素直に聞くということです。

 

そこには、あなたがまだ知らない情報が隠れているかもしれません。自分の意見を押し通すだけだと、新しい見解を知ることはできません。でも人の意見を聞くことで、もっと効率の良い仕事の進め方がわかるかもしれないのです。お金持ちになる人は、そのチャンスを絶対に逃しません。

 

お金と時間を大切にする

お金持ちは、お金を湯水のごとく使っているようなイメージかもしれませんね。でも実は、本当のお金持ちほど無駄なお金は使いません。でもケチなわけでもありません。費用対効果を考えて、使うべき時には惜しみなく使うという信条なのでしょう。

 

ホリエモンも良く「電車よりタクシーを使え」と言いますよね。ワタシはあまりホリエモンは好きではないのですが、これに関しては正しいと思います。何が言いたいかというと、時間とお金の比重を考えるのです。

 

「この時間をお金で買えるなら、その時間で他のことができる」というふうに。たとえば目を通さなければいけない資料がある時、駅まで歩いて電車の中でちょっと見て、また歩いて会社へ戻るよりも、タクシーの中で一気に目を通してしまったほうが有益な時間の使い方ができます。

 

その時間をお金で買えるなら、会社に戻ったらすぐに作業に取りかかれます。お金持ちになる習慣は、無駄なお金を使わない以上に、無駄な時間を使わないようにすることです。

ただしお金がないのに無理にタクシーに乗る必要はありません。タクシー代を払っても、元が取れると思えるくらいのメリットがある場合のことです。

 

お金持ちになることを認めよう

お金持ちになる習慣をご紹介しました。

でも日本人はとくに、お金持ちになることを悪だと思っている人が多いように感じます。お金はコツコツはたらいて稼ぐのが、むかしから美徳とされています。お金持ちだって、コツコツ人知れず努力してお金持ちになったのです。楽してズルしてお金持ちになったわけではありません。

 

そろそろ、お金は汚いものという固定観念を捨てましょう。そうしないと、あなたはお金持ちになることは一生できません。自分がお金持ちになることを、まずは認めてあげましょうね。