みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

秋の肌荒れの原因と対策|夏のダメージは秋にあらわれる!

f:id:m-danjyo:20170912222952j:plain

秋になると、肌荒れすると感じたことはありませんか?

それは気のせいではありません。秋などの季節の変わり目には、肌荒れが起きやすいんです。その原因をこれからご紹介していきます。

 

大きな原因は、夏の肌ダメージによる肌荒れです。それが秋になって一気に出てくることがあるんですね。そんな肌荒れを治す対策をみていきましょう。

夏のダメージを秋に残さないように、予防法もご紹介します。

 

秋の肌荒れの原因とは?

秋になると、なぜ肌荒れが起きるのでしょうか。秋の肌荒れの原因をご紹介します。

 

夏の紫外線ダメージによる乾燥

秋の肌荒れの原因は、夏に紫外線ダメージを受けすぎたからです。紫外線は肌を乾燥させ、ターンオーバーを遅らせることがあります。それが夏のうちに蓄積されてしまうと、秋になって肌荒れが起きやすくなるんですね。

 

できれば夏のうちから保湿ケアすることが大切です。夏のスキンケア次第では、秋の肌荒れを予防することもできるんです。紫外線は一年中ふり注いでいますから、秋の紫外線対策も手を抜かないようにしましょうね。

 

毛穴づまりによる大人ニキビ

夏の間は汗をたくさんかくので、皮脂の分泌が多くなりやすいですよね。そのため毛穴に皮脂がつまりやすくなります。するとターンオーバーが乱れてしまいます。

夏の肌ダメージによって、秋になると肌荒れが起きやすくなるのです。とくに多いのが、大人ニキビです。秋になるとニキビができやすいというのは、大人ニキビの特徴なんですね。

 

花粉による、かゆみや炎症

秋になると肌荒れが起きる原因は、秋の花粉のせいかもしれません。秋に飛ぶ花粉と言えば、「イネ科」の植物が多いですね。イネ科の植物で代表的なのは……

 

  • カモガヤ
  • ススキ
  • ハルガヤ

 

などです。これらの秋の花粉は、肌にかゆみや炎症を起こすことがあります。もちろん目や鼻の症状もあるのですが、「肌がかゆくて荒れてるな」と思ったら、もしかしたら秋の花粉が原因かもしれませんね。

 

寒暖差がはげしく、ホルモンバランスを崩しやすい

夏の暑さが落ちついて、やっと涼しく過ごしやすくなる秋。でも、昼間と夜の気温が全然ちがうことって多いですよね。昼間は夏の名残のように暑くてムシムシしているのに、夜になると足の先が冷たくなるくらいです。

 

そんな昼と夜の寒暖差、または日によって暑い日と寒い日の寒暖差によって、自律神経が乱れてしまうことが多いんです。自律神経は体温調節などの機能に関係しています。自律神経が乱れると、ホルモンバランスも崩しやすくなるんです。ホルモンバランスが崩れると、肌が荒れることが多いですよね。

 

秋の肌荒れ対策は?

秋の肌荒れ対策は、どうすれば良いのでしょうか。

 

角質ケアでターンオーバーを正常にする

夏の紫外線ダメージによって肌は乾燥し、皮脂による毛穴づまりで、ターンオーバーが乱れやすいです。夏のスキンケアをちょっと怠けてしまった人は、秋になってから肌荒れになりやすいんです。

 

乱れたターンオーバーを正常にするためには、角質ケアをして、古い角質を取りのぞくことが必要です。肌をリセットして、これからの乾燥する季節に備える必要があります。そのためにも角質ケアの後は、しっかりとスキンケアをしておきましょうね。

 

カフェインやインスタント食品をひかえる

秋の肌荒れ対策をするには、カフェインなどの刺激物や、添加物の多いインスタント食品などをひかえるようにしましょう。これらの食品は肌に良くないのは、ご存知の人も多いと思います。健康にも悪いですよね。

 

秋の肌荒れ対策をするなら、1日3食を規則正しく摂り、栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。月並みな対策ですが、結局これがいちばん良い肌荒れ対策になります。美肌は、体の中からつくられますからね。

 

保湿ケアをしっかりと

夏の紫外線ダメージの影響は、乾燥という形でやって来ることが多いです。夏の間は皮脂の分泌が多いので、保湿ケアを怠ってしまう人もいるかもしれません。本当は夏こそ保湿ケアが必要なんですが、ベタベタしたら気持ち悪いですよね。

 

そんな人は、涼しくなってきた今こそ、いち早く保湿ケアをする必要があります。せめて秋のうちに保湿ケアをしっかりしておかないと、冬になって空気が乾燥すると、肌の乾燥は驚くほど進んでしまいます。

 

お風呂で温まってリラックス

秋の肌荒れ対策は、お風呂で温まることが大切です。リラックスすることで乱れた自律神経が整いますので、ホルモンバランスも整えることができます。

またお風呂で温まると血行が良くなり、新陳代謝が良くなります。それに便乗するように、肌の新陳代謝である「ターンオーバー」も正常に戻すことが可能です。

 

睡眠をしっかりとることも大切

美肌のために睡眠をとることは大切ですよね。とくに秋の肌荒れ対策としては、睡眠が重要です。夏の間にたまった疲れが、秋になると出てくることも多いです。風邪をひきやすくなりますし、疲れが取れないことも多いと思います。

 

そのため良質な睡眠をしっかりとって、早めに疲労を回復させておくことで、肌荒れを防ぐことができます。ワタシも秋になると、ほぼ毎年風邪をひいてしまいます。秋の風邪って、長引くことが多いんですよね。

 

せっかく涼しくて過ごしやすいのに、体調不良で活動的になれないことも。秋は楽しいことや美味しいものが多いので、睡眠をしっかりとって体調をくずさないようにしたいですね。

 

白い食材が肌荒れに効く

秋の肌荒れの症状である「乾燥」は、肺と関係しているようです。肺は呼吸の機能だけでなく、血行とも関わっているそうです。血行が悪くなるとターンオーバーが乱れ、肌荒れを起こしやすくなります。

 

そんな秋の肌荒れには、白い食材が効くそうですよ。白い食材とは……

  • 山芋
  • イカ
  • レンコン
  • ぶどう

 

などです。白い食材を摂ると、肺の機能が回復して、肌のうるおいを改善することができるそうです。秋は積極的に白い食材を食べてみてくださいね。

 

秋の肌荒れを予防するには?

秋の肌荒れを予防するには、夏のスキンケアをしっかりするしかありません。とくに夏だからと言って油断しがちな「保湿」を怠らないことです。夏の乾燥は意外と手ごわいので、しっかりと保湿しましょう。

 

夏は汗をかくので、皮脂の分泌が多くなりますよね。だから乾燥していないと錯覚しやすいんです。でも紫外線ダメージによって、意外と夏の肌は乾燥しています。日焼けでデリケートな状態になっていることもあるので、丁寧にスキンケアする必要がありますね。

 

夏のスキンケアは厄介ですが、秋の肌荒れのほうが、もっと厄介です。そうなる前に、しっかりと対策をしておきましょうね。それでも肌荒れになってしまったら、先にご紹介した対策を試してみてください。

 

夏のダメージを秋に残さないことが大事

秋の肌荒れの原因と対策をご紹介しました。

大切なのは、夏のダメージを秋に残さないことが大事です。夏は毛穴がつまりやすいので、しっかりスキンケアしたつもりでも残っていることが多いんですよね。

 

紫外線は肌を乾燥させますので、夏こそ保湿ケアが必要です。でも毛穴のつまりを取らないと保湿できないので、洗顔も大事です。スキンケアは、どれか1つだけやってもダメなんです。全部つながっていますから、手抜きせずにスキンケアをするようにしましょう。