みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

目の下のクマを取る方法|クマの種類にあわせたメイクと解消法

f:id:m-danjyo:20170914204602j:plain

目の下にクマができて気になっていませんか?

クマの原因は、クマの種類によって変わってきます。それぞれに合った解消法をご紹介しましょう。

 

また一時的でも、化粧でかくす方法もあります。知っておくと便利ですよ。そして一番怖いのが、病気の可能性です。目の下にクマができると、病気の可能性も否定できません。

 

どんな病気が考えられるのか。またクマの予防法についてもご紹介していきます。

 

あなたはどのタイプ?クマの種類

目の下のクマは、色によって種類がちがいます。あなたが気になるクマは、どのタイプですか?

 

青クマ

さいきん疲れ気味で、睡眠不足なら青クマができやすいです。目尻を引っ張ると色が薄くなるなら「青クマ」の可能性が高いです。冷え性や貧血気味なら、目の下の血行が悪くなっている可能性があります。

 

茶クマ

紫外線対策をあまりしていなかった人は、「茶クマ」の可能性が高いです。肌がくすんで見えて、目尻を引っ張っても色が変わらない場合は茶クマだと考えられます。

またメイクをしっかり落とせていなかったり、目をこするクセのある人は茶クマになりやすいです。

 

黒クマ

目の下がふくらんでいて、そのふくらみによって影ができるようなら「黒クマ」の可能性が高いです。黒クマの場合は、目尻を引っ張ったり、上を向いたりすると色が消えます。なぜならそれは影だからです。

 

加齢により目の下の皮膚がたるんできたと感じているなら、黒クマになりやすいと考えられます。

 

目の下にクマができる原因とは?

目の下にクマができる原因とは何でしょうか?

それぞれのクマの種類別に見ていきましょう。

 

青クマができる原因は血行不良

目の下に青クマができる原因は、おもに血行不良が考えられます。疲れがたまっていたり、睡眠不足が続くと青クマができることが多いです。また目の下は皮膚が薄いので、血管が透きとおって見えているのかもしれません。

 

茶クマができる原因は紫外線などによる色素沈着

目の下に茶クマができる原因は、紫外線のダメージでメラニン色素が沈着している可能性があります。またメイクをしっかり落とさないことが多いと、肌に残ったメイクによって色素沈着する場合もあります。

 

黒クマができる原因は加齢や肌のたるみ

目の下に黒クマができる原因は、加齢による肌の「たるみ」や「むくみ」の可能性があります。加齢により筋力が低下して、肌の弾力がなくなってしまうんですね。また目の下がむくんで、ふくらんでしまうこともあります。

 

逆に目の下の脂肪が少なすぎて、くぼんでしまうことも影をつくる原因になります。「ふくらみ」や「くぼみ」によって、目の下に影ができて黒く見えるんです。

 

目の下のクマを取る方法とは?

目の下のクマを取る方法を、クマの種類別に見ていきましょう。クマの種類によって、改善方法が変わってきます。

 

青クマを取る方法は血行を良くする

目の下の青クマを取る方法は、血行を良くすることが大切です。ツボ押しやフェイシャルマッサージによって、目の下の血行を促進しましょう。肩こりによって顔の血行が悪くなる場合もあるので、肩こりを解消することも必要です。

 

また目の下を温めて、血行を良くする方法もあります。お風呂にゆっくりと浸かって、全身の血行を良くすることも効果的ですよ。さらに頭皮の血行を良くすることで、目の下の血行が改善される場合もあります。

 

茶クマを取る方法は美白ケア

目の下の茶クマを取る方法は、紫外線ダメージなどによる色素沈着を消すことが大切です。そのためには、美白ケアをすると良いでしょう。メイクはしっかりと落としてから、ビタミンC配合の「目元専用美容液」などをつけると効果的です。

 

メイクをしっかり落とすと言っても、ゴシゴシこすってはいけません。こするとクマが悪化しますので、ご注意くださいね。

 

黒クマを取る方法は「むくみ」と「たるみ」の解消

目の下の黒クマを取る方法は、新陳代謝を良くして「むくみ」を解消することが大切です。顔のリンパマッサージをしたり、ツボ押しなども効果的です。

 

また目の下の「たるみ」を解消するためには、筋力を鍛えることが効果的です。目の周りのストレッチやエクササイズで、適度に動かす必要があります。

さらにコラーゲンを補給して、肌にハリと弾力をとり戻すことも大切ですね。

 

目の周りのストレッチやエクササイズ方法は、表情筋を鍛える体操が効果的です。

 

目の下のクマを化粧でかくす方法

目の下にできたクマは、すぐに改善できない場合もありますよね。そんな時は、化粧でかくすのがオススメです。一時的な対処法ですが、知っておくと便利ですよ。

 

青クマをかくす化粧はオレンジ系コンシーラー

目の下の青クマをかくす化粧は、オレンジ系のコンシーラーをつけることです。血色が悪い「青クマ」には、暖色系の色をのせることで目元が明るく見えます。青クマは顔色が悪く見えて、病的な印象になってしまいます。

明るい色で、心も明るくいきましょう。

 

茶クマをかくす化粧は黄色系コンシーラー

目の下の茶クマをかくす化粧は、黄色系のコンシーラーをつけることです。茶クマは肌がくすんで見えるので、同色系で明るい黄色をのせると肌が明るく見えます。肌のくすみが消えて、茶クマが目立たなくなりますよ。

 

黒クマをかくす化粧はチークやアイシャドウを濃くする

目の下の黒クマをかくす化粧は、視線をべつの場所に引きつける方法が良いでしょう。角度によって見えたり見えなかったりする黒クマは、あまり目の下を見られないようにすることです。

 

そのためには、チークやアイシャドウを濃いめにして、視線を頬やまぶたに引きつけましょう。また目の下のクマがどうしても気になるなら、パール系のコンシーラーやフェイスパウダーをつけると良いでしょう。影で暗くなっている部分を物理的に光らせるのです。

 

クマは病気が原因の場合もある

目の下にクマができる原因は、もしかしたら病気のサインかもしれません。その場合は早めに病院を受診しましょう。

 

青クマは貧血の可能性がある

目の下に青クマができる場合には、貧血気味の可能性があります。疲労がたまり過ぎて、体調を崩しているのかもしれません。睡眠だけでなく、ちょっと休息をとるようにしたほうが良いでしょう。

または腎臓や肝臓の病気、糖尿病の可能性もあります。心当たりがあるなら、早めに病院を受診しましょう。

 

茶クマは皮膚炎の可能性がある

目の下に茶クマができる場合には、皮膚炎をおこしている可能性があります。もともと紫外線のダメージによって茶クマができている可能性が高いので、それが原因で皮膚炎を起こしているのかもしれません。

もしくは、花粉症や摩擦による炎症かもしれません。

 

黒クマは甲状腺の病気の可能性がある

目の下に黒クマができる場合には、目の下が膨らんでいるかを確認してみてください。膨らんでいるのは、単なるむくみではないかもしれません。甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、目の周りが腫れてしまうことがあります。

 

症状としては、心拍数が多くなる「頻脈」や手の震えなどが考えられます。甲状腺ホルモンが異常をきたすと、汗をかきやすくなるという症状もあります。

 

目の下のクマを予防するケア方法

目の下のクマを予防するには、どんなケアをしておけば良いのでしょうか。どのタイプのクマになるかわからないので、トータル的な予防法をご紹介します。

 

ビタミンCを中心に栄養バランスの良い食生活をする

目の下のクマを予防する方法は、栄養バランスの良い食生活を心がけることです。とくにビタミンCを中心に摂ることで、コラーゲンの生成をたすけて肌に弾力が戻ってきます。またビタミンCには美白効果もあるので、クマ予防に効果的です。

 

睡眠をしっかりとる

目の下のクマを予防する方法は、睡眠不足をまずは解消しましょう。体の疲労を回復させるためにも、睡眠は大切です。

睡眠不足になると、うつ病などのメンタルの異常も出てくる可能性があります。心も体もトータルでケアしていきましょうね。

 

目の下はこすらないようにする

目の下のクマを予防する方法は、極力こすらないようにすることです。目がかゆい場合には、こする前に目薬をさすなど他の対処法を考えてみてください。

 

また眠くなったり、目にゴミが入った時なども、なるべく目をこすらないようにしましょうね。スマホやパソコンを長時間つかっている人は、目を温めたり冷やしたりしてケアするのも良いですよ。

 

ツボ押しやマッサージで血行を良くしておく

目の下のクマを予防する方法は、ツボ押しやマッサージをして血行を良くすることです。すべてのクマの種類に共通しているのは、血行不良と考えられます。

青クマはそのまま血行不良が原因ですし、茶クマは血行不良によるターンオーバーの乱れ、黒クマは血行不良によるむくみと考えられます。

 

保湿ケアをしっかりとする

目の下のクマを予防する方法は、保湿ケアをしっかりすることです。目の下の皮膚は薄く、肌の弾力が少ないので乾燥しやすいです。そのため加齢とともに「シワ」や「たるみ」ができやすい場所なんですね。

 

予防法としては、保湿ケアがいちばん効果的です。ビタミンCなどの美容液とともに、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿ケアも怠らないようにしましょうね。

 

目の下のクマを消して若々しい表情に自信を持とう

目の下のクマの原因と解消法をご紹介しました。目の下のクマには種類があり、それぞれにケア方法が違いましたね。また病気の可能性も否定できないので、用心に越したことはありません。

 

目の下にクマがあると老けて見えてしまいますし、印象が暗くなりがちです。目の下のクマを消して若々しさをとり戻し、明るい表情で自信を持てるようにしましょうね。