みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

ホットヨガダイエットの効果|美ボディになるまでの頻度と期間

f:id:m-danjyo:20170927155144j:plain

ホットヨガのダイエット効果はスタイルが良くなる

 

ホットヨガでダイエットをしても、痩せないと思っていませんか?

ホットヨガで痩せないと勘違いするのは、体重に変化が見られないからです。

 

体重だけを減らすことが目的なら、効果は感じられないかもしれません。

でもホットヨガの最大のメリットは、スタイル美人になれること。

 

あなたが理想とする美ボディになるためには、ホットヨガがぴったりなんですよ。

ホットヨガはゆっくりとポーズをするので、運動が苦手でもOK。

 

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてくださいね。

30~40代の女性が多いようですよ。

 

ホットヨガダイエットの効果

もしあなたが体を引き締めたいなら、ホットヨガがおすすめです。ホットヨガの効果について見ていきましょう。

 

筋肉が柔らかくなってケガをしにくい

ホットヨガダイエットの効果は、ケガをしにくくなることです。

体が温まると、筋肉が柔らかくなります。筋肉が柔らかくなると、体が動かしやすくなります。そのためケガをしにくくなるんですね。

 

発汗作用でデトックス効果

ホットヨガダイエットの効果は、デトックス効果があることです。

温かい(暑い)室内でヨガをするわけですから、ものすごい量の汗をかきます。この発汗作用によって体内の毒素が排出されやすくなります。

また毛穴の汚れなども取れやすくなり、美肌効果も期待できるでしょう。

 

温かい部屋でおこなうので代謝アップ

ホットヨガダイエットの効果は、温かい部屋でおこなうので代謝がアップすることです。体温が上がると血行が良くなり、代謝がアップするんです。血行が良くなることで、冷え性も改善されますね。

 

筋肉がつくので体重より体型が変わる

ヨガは激しい運動ではありませんが、意外と筋肉を使う運動です。そのためホットヨガをすることで、筋肉量が増えると考えられます。筋肉量が増えると代謝がアップして、痩せやすい体質になります。

 

でも筋肉って脂肪よりも重いんですよね。そのため体重は変わらなかったり、むしろ増えてしまうこともあるんです。ただ体重は増えても、体型は引き締まっていきます。体重を減らすよりも、欲しい結果ですよね。

 

ホットヨガダイエットのやり方

ホットヨガは、なぜわざわざ暑くしてやるのでしょうか。痩せるためのホットヨガのやり方をご紹介しましょう。

 

室温38~40℃で湿度55~65%

ヨガ発祥の地「インド」の気候は、高温多湿です。それと似たような環境をつくってヨガをすることを「ホットヨガ」と言います。日本でも真夏は、これくらいになる日もありますよね。割と厳しい環境なので、水分補給を忘れずに。

 

ただ自宅でこの環境をつくるのは大変ですから、ホットヨガスタジオに通う必要があります。また、自宅でのホットヨガには危険があります。

それは、過酷な環境で運動をするので、体調の変化が起きる可能性があること。とくに冷え性で代謝が悪い人は、汗が出ない場合があります。すると熱が体内にこもって、熱中症になる危険があります。

 

このような症状から突然たおれたり、意識を失ってしまった場合に自宅では危険なんです。そのためホットヨガスタジオで、人と一緒にやることをおすすめします。ヨガは一人で自宅でやっている人も多いと思いますが、ホットヨガはヨガスタジオでやりましょうね。

 

頻度は週2~3回が理想|週1回でも継続が大切

ホットヨガダイエットで痩せるためには、週2~3回の頻度で通うのが理想です。

ダイエット目的の場合は、頻度が多いほど痩せやすくなります。ただし疲労が抜けていないのに、毎日やる必要はありません。自分が継続できる頻度でおこなうことが大切ですよ。

 

たとえば週1回でも、継続することのほうが大切ということです。さすがに週1回の頻度でホットヨガをやっても、痩せられるのは数年後かもしれませんけどね。

 

期間は最低でも3ヶ月は続けましょう

ホットヨガダイエットで痩せるためには、期間は最低でも3ヶ月は続ける必要があります。1~2ヶ月ホットヨガを続けたのに、痩せなかったからダイエット失敗だと思っている人が多いようです。

 

でもホットヨガダイエットは体質改善が目的ですから、最低でも3ヶ月は必要です。できれば1年くらいはホットヨガを続けることが理想です。それくらいの長期スパンで考えるため、頻度が重要なのです。自分が続けられる頻度にしましょうね。

 

ホットヨガダイエットで痩せない理由

ホットヨガダイエットをしたのに痩せない理由は何なのでしょうか。痩せてないと勘違いしている場合もあります。

 

2~3時間以内に食べると吸収率アップ

ホットヨガダイエットで痩せない理由は、2~3時間以内に食べると吸収率がアップしているので太りやすくなることです。

ホットヨガダイエットをした後の2~3時間は、水を飲むようにしましょう。お茶は利尿作用がありますので、水分補給したい場合には避けたほうが良いでしょう。スポーツドリンクも糖分が多いので、なるべくホットヨガの後は水を飲むことをオススメします。

 

水分の入れ替えなので、体重に変化はない

ホットヨガダイエットでは汗をたくさんかきますが、これで痩せられると思っている人がいるようです。そのため「ホットヨガに一週間通ったけど、全然痩せない」と言っている人もいます。もっとひどいと、1回やっただけで痩せると思っている人もいます。

 

ホットヨガダイエットは、継続することが大切でしたよね。そして発汗作用が高いホットヨガですが、基本的には体内の水分が入れ替わっているだけです。ホットヨガ中は大量の水分補給をしますから、体の中にあった水分が排出されて、新しい水分が入っただけのこと。体重に変化はありません。

 

筋肉が増えたら体重が増えた

ホットヨガダイエットは、意外と筋肉が鍛えられます。そのため筋肉量が増えて、体重が増えることがあるんです。体重を減らすことがダイエット成功だと思い込んでいる人は、体重が増えたことで「痩せない」と早合点してしまうことがあるんですね。

 

でも今はまだ、ホットヨガダイエットの効果があらわれる途中だと考えられます。筋肉量が増えることで代謝がアップしますから、このまま継続すればどんどん痩せていく可能性があります。

 

ホットヨガダイエットの注意点

ホットヨガは自宅でもできないことはありません。しかし、それなりに過酷な環境の中で運動をするため、何が起こるかわかりません。そのため、ホットヨガスタジオに行くことをおすすめします。暑さで朦朧としても、助けてくれる人がいれば安心です。

 

ホットヨガの最中は水分補給をたっぷりと

ホットヨガダイエットをする上で注意することは、水分補給をしっかりとすることです。1リットルくらいを目安にしましょう。発汗量に合わせて飲む量を調整しても良いでしょう。

 

体重を減らしたいからと言って、水分をひかえめにするのは危険です。今日の体重計の針のことを考えるより、数ヶ月後の引き締まった美ボディのことを考えましょう。

水分がないと痩せられません。

 

正しい動きが大切|でも無理にやるとケガをする

ホットヨガダイエットで注意することは、正しい動きをすることです。そうしないとダイエット効果が半減してしまうことがあります。ホットヨガは体が温まりやすいため、普段よりも体が柔らかくなったように感じます。

 

そのため意外に動く自分の体に驚くかもしれません。しかし、これも危険。つい無理に伸ばしてしまい、ケガをする場合もあるからです。無理せず、ゆっくりポーズをとりましょう。

 

ホットヨガの前に食事すると消化不良になることも

ホットヨガダイエットの注意点は、終わってから2~3時間以内に食べると太ると言いましたね。じつは、ホットヨガの前に食事をするのも良くないんです。もちろん空腹すぎるのも良くありません。

 

ホットヨガの前に食事をすると、せっかくのホットヨガ中の代謝がダウンしてしまいます。また消化不良を起こして、腹痛になることも考えられます。どうしても空腹の場合には、ゼリー飲料を飲むようにすると良いでしょう。

 

ストレス解消にはヒーリング効果のヨガもオススメ

ホットヨガにかぎらず、ヨガには「エクササイズ目的」の比較的アクティブなクラスと、ヒーリング効果もある初心者向けクラスがあります。もちろんヒーリング目的のクラスは初心者だけのものではありませんが、リラックス効果が高いです。ボディーヒーリングも、こんな感じですね。

 

ホットヨガは痩せることが目的でやる人が多いですが、健康効果も高いため、心身ともに元気になっちゃいましょう。おまけにデトックスで美肌効果もあるなんて、何だかお得ですね。