みちの道

新しい自分を見つけに行こう

Love Your Life

明日が今日よりハッピーになる情報|美容・ダイエット・恋愛・人生

チューブトレーニングダイエットの効果とやり方|代謝アップと部分痩せも可能

f:id:m-danjyo:20170928204039j:plain

チューブトレーニングダイエットは、引き締め効果が高い

 

チューブトレーニングでダイエットすると、体を効率よく引き締めることができます。部分痩せは、なかなかむずかしいと言われていますが、チューブトレーニングは比較的部分痩せに向いています。

 

トレーニング方法は、どこを鍛えたいかによって様々な種類のやり方があります。またゴムチューブにもいくつかの種類があり、どのような使い方をするかによって選びましょう。

 

ゴムチューブの種類

チューブトレーニングに使うゴムチューブには、いくつかの種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

ひも状のゴムチューブは自由自在にアレンジ可能

自由に切ることができる「ひも状のゴムチューブ」は、どんなトレーニングに対応可能です。ただし手で持つ場合には手にグルグルと巻きつける必要があります。

また足に引っかける場合には、しっかり結ばないと自分に跳ね返ってくる危険があります。どこかに結びつけてトレーニングする場合には、ほどけてケガをしないように注意しましょう。

 

グリップ付きゴムチューブは持ちやすさ重視

初心者でも使いやすいのが「グリップ付きのゴムチューブ」です。結ばなくてもグリップを持ったり、足に引っかけたりすることでチューブトレーニングが可能です。

ただし「持ちやすさ」を重視しないと、トレーニングに支障があるでしょう。また足に引っかける場合にも、引っかけやすい素材やグリップの硬さなどを厳選しましょう。

 

平らなゴムチューブは、ほどきやすいのが特徴

「平らなゴムチューブ」は、結んでもほどきやすいのが特徴です。逆に考えると、固定するのが多少むずかしいかもしれません。ただ引っかけた場所に負担はかかりにくいと考えられます。

 

輪っか状のゴムチューブは体幹トレーニングに最適

平らなゴムチューブを輪っか状にしてあるゴムチューブもあります。これは体幹トレーニングでよく使われるようです。輪っかになっているので結ぶ必要はありませんが、短めのタイプが多いです。

 

長さを調節することができないので、限定的なチューブトレーニングになるでしょう。膝のあたりにゴムチューブを通すことで、座ったままでも脚やせトレーニングが可能です。

 

ゴムチューブは強度によって色が違う

ほとんどのゴムチューブは、強度によって色分けされていることが多いです。そのため好きな色という観点で買ってしまうと、強度が合わないこともあるのでご注意ください。

 

そもそも強度別に分かれていることを知らずに買って、失敗してしまう人もいるようです。ゴムチューブは、それぞれ強度がちがいます。ご購入の際には、お気を付けください。

 

チューブトレーニングのダイエット効果とは?

チューブトレーニングは、どのようなダイエット効果があるのでしょうか。

 

インナーマッスルが鍛えられて代謝がアップする

チューブトレーニングのダイエット効果は、インナーマッスルが鍛えられて代謝がアップすることです。チューブトレーニングは、マシンやダンベルなどを使った筋トレとちがって、体の内側にある筋肉を鍛えることができます。

 

体の内側にある、骨の近くの筋肉をインナーマッスルと呼びます。インナーマッスルを鍛えると動きがスムーズになり、しなやかな動きができるようになります。その理由は、インナーマッスルに関節を補強する効果が期待できるからです。

運動によるケガも少なくなることでしょう。

 

猫背や骨盤の歪みが改善される

チューブトレーニングのダイエット効果は、猫背や骨盤の歪みが改善されることです。猫背になるのは筋力不足と考えられますので、インナーマッスルを鍛えることで姿勢が良くなると考えられます。

 

また骨盤の歪みなど、体の歪みを改善し、血行を促進する効果も期待できます。体の機能が正常になると考えられるのです。チューブトレーニングは、単なるダイエット効果にとどまらず、体を矯正することができるんですね。

 

筋力がアップして、引き締まった体になる

チューブトレーニングでダイエットをすると、筋力がアップすることで引き締まった体をつくることができます。部分痩せはなかなかむずかしいダイエットですが、チューブトレーニングなら、部分痩せができる可能性もあります。

 

ピンポイントで狙った筋肉を強化することが可能なので、好きな部分だけの筋力アップもできるというわけです。ゴムチューブの使い方によって、腕・足などをそれぞれ鍛えることができます。

 

チューブダイエットのトレーニング方法とは?

チューブダイエットのトレーニング方法をご紹介しましょう。強度によっては「無酸素運動」になったり、「有酸素運動」にちかい効果があったり調整も可能です。

体を引き締めたい場合には、そこまでハードにやるのではなく、ゆっくりと動かすことが必要になります。

 

足・二の腕・お腹の引き締め効果のあるチューブトレーニング

www.youtube.com

 

足・二の腕・お腹の引き締め効果のあるチューブトレーニング方法をご紹介します。動画では割とハードにやっていますが、動かすスピードをゆっくりにすることで、より「インナーマッスル」にはたらきかけることが可能です。

 

この動画に合わせてチューブトレーニングをすることで、さまざまな部位の強化ができますよ。グリップ付きのゴムチューブを使うことで、足に引っかけやすくなります。どんな使い方をする予定なのかを考えて、ゴムチューブの種類を選ぶと良いでしょう。

 

 

チューブトレーニングダイエットなら好きな時にエクササイズ

チューブトレーニングダイエットの効果ややり方をご紹介しました。

チューブトレーニングは自宅で好きな時にエクササイズができるのが嬉しいポイントです。ジムに行かなくても、気軽にトレーニングができます。

 

またゆっくりと伸び縮みさせることで、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えるメリットは多いので、ゴムチューブが1つあると便利ですね。

あなたの欲しい効果によって、トレーニング方法を変えてみましょう。またゴムチューブを購入する際には、強度の確認を忘れないようにしてくださいね。